WordPressのサーバ移行を行う3つの方法とメリットデメリット

サーバ移転3つの方法

WordPressを運用しているレンタルサーバを引っ越さないといけなくなった!

止むに止まれぬ事情で移行作業を行う必要に迫られた場合、
WordPressをサーバ移行させるには3つの方法があります。

  1. WordPressの標準ツールでエクスポート/インポートを行う
  2. 移行用のプラグインを使う
  3. ファイルとデータベースを直接操作して移行する

それぞれメリットデメリットがありますので、ご自身に合った方法で進めましょう。

1・WordPressの標準ツールでエクスポート/インポートを行う

WPtool-menu

WordPressに標準で備わっているツール「エクスポート/インポート」を使う事で、

すべての投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグ、ナビゲーションメニュー、カスタム投稿

を移行させることが出来ます。

メリットは、標準機能なので簡単確実に移行作業を行うことが出来る点です。難しいことは一切なく、ワンクリックで作業が完了します。

デメリットは、テーマやプラグインが移行されない。という点です。
テーマやプラグインは後で自分で改めて設定し直す必要があります。

シンプルにほとんど標準機能のみでWordPressを使っている方にはおすすめの移行方法です。

手順を簡単に書き出すと

  1. 旧サーバのWordPressでエクスポート実施
  2. 新サーバでWordPressを新規インストール
  3. 新サーバの新規WordPressでインポート実施。移行完了
  4. テーマやプラグインをインストールし直す

となります。

WPtool-export

ツール「エクスポート」で「すべてのコンテンツ」を選択して「エクスポート~」をクリックするだけでエクスポートが出来ます。

WPtool-import

ツール「インポート」でWordPressの「今すぐインストール」でエクスポートファイルをアップロードすると移行が完了します。

2・移行用のプラグインを使う

All-in-One WP Migration-01-インストール

移転作業を行うためのプラグインを使うことで、ほとんどの作業を自動化してワンクリックで移行を完了させることが出来ます。

代表的なプラグインといえば「All-in-One WP Migration」が有名です。

このプラグインを使えば、本当にワンクリックで全ての移行作業が完了してしまいます。
前述した標準のエクスポート/インポートツールと違い、テーマやプラグインも全て丸移しの完全移行です。

ワンクリックで完全移行完了。というメリットが非常に魅力的ですが、
反面デメリットとして
移行データが512MBを超えたら有料
という制限があります。

WordPress本体から記事の画像、プラグインやテーマ等全てコミコミで512MB以内であれば無料で移行できます。

エクスポートを開始すると容量を計算して通知が出ます。

容量無制限の有料版は69ドルです。日本円でおよそ8000円ほどです。

もう一つ、バックアッププラグインとして有名な
「UpdraftPlus」
も有料(UpdraftPremium・70ドル)で移行処理が出来るようになります。

他にも移行プラグインはいくつも出ていますが、簡単に移行できる反面
・容量に制限アリ

・有料
・うまく移行できない事例もちらほら
というデメリットもあります。

「All-in-One WP Migration」を例に、手順を簡単に書き出すと

  1. 旧サーバのWordPressに移行プラグインをインストール
  2. プラグインで移行ファイルを生成ダウンロード
  3. 新サーバでWordPressを新規インストール
  4. 新サーバの新規WordPressに移行プラグインをインストール
  5. 移行ファイルをインポート。移行完了

となります。

All-in-One WP Migration-02-エクスポート

エクスポート先を選んでファイルを保存するだけでエクスポートが完了します。

3・ファイルとデータベースを直接操作して移行する

filezilla-icon

自らサーバにアクセスしてWordPressのファイルとデータベースをダウンロード、アップロードして移行させる。という方法です。

前述のツールやプラグインを使う方法に比べて手間も時間もかかりますし、はじめての人には失敗しないか緊張するような操作もあるのがデメリットといえばデメリットです。

しかしその反面、メリットとして
完全に丸写しで移行することができます。
容量などの制限は一切ありません。
当然費用もかかりません。無料で行えます。
万が一のトラブルも対策を講じることができます。

一番確実に移行を行えるのが、この手動で行う方法です。
実際、WEB担当者などプロはこの方法で移行作業を行っていることが多いです。

・容量オーバー等で移行プラグインを使えない。
・プラグインを設定し直すのが大変過ぎるっていうかムリ。
といった人でもこの方法ならば移行できます。

手順を簡単に書き出すと

  1. 旧サーバからFTPで関連ファイルを全てダウンロード
  2. 旧サーバからphpMyAdminでデータベースをエクスポート
  3. 「wp-config.php」を新サーバ用に書き替える
  4. 新サーバにFTPで関連ファイルを全てアップロード
  5. 新サーバにphpMyAdminでデータベースをインポート

となります。

前述の標準ツールやプラグインを使う方法と決定的に違うポイントは、
新サーバでWordPressを新規インストールしない。という点です。
WordPressそのものも含めて丸々移し替えるんですね。

WordPressサーバ移行方法三択チャート

最後のまとめとして、3つの移行方法どの方法で行うのがいいのか「YES・NOチャート」を作りました。参考になれば幸いです。

サーバ移転方法3択チャート

ちなみに僕の場合、
・プラグインを改めてインストール、設定し直すのはムリ
・容量もぶっちぎりでオーバーしているからプラグインも使えない
と消去法で手動での移行をせざるを得ませんでした。
(WordPressを手動で移行させる全手順を別記事でまとめました)

結果、時間はかかりましたが無事移行作業を終える事も出来、また手動で行ったことで色々勉強になる事も多かったので、まあよかったかな。と思っています。