戒名の付け方とは?戒名って必要なの?付けなくても大丈夫?

戒名の付け方

小さい頃に祖父のお葬式で、祖母が
「位牌に書いてあるこの名前がおじいちゃんの新しい名前」
と言っていたのを何となく記憶しています。

「戒名」というものですね。
おじいちゃんの名前の漢字が一つ入っている。
とも聞いたような。

その戒名ですが、そもそもどういったもので、どのようにして決まるのでしょうか。

戒名とは

本来、戒名とは
「仏門に入り、戒律を受け入れた者に授けられる名前」
の事。

なぜ亡くなった方に付けられる名前が「戒(める)名」なのか疑問に感じていましたが、元々の意味を知れば納得です。

ちなみに
日蓮宗では「法号」
浄土真宗では「法名」
と呼ぶそうです。

最近は「自分は無宗教だ」という方が増えていたり、仏門に入ること自体、少なくとも私の周囲ではありません。

しかしお葬式はお寺で、仏教の方法で執り行う事が多いもの。
亡くなって仏の世界に往くのに、生前の名前、俗名のまま行くことはできない。
ということで、故人に戒名を付けるようになったようです。

そのため現在では、戒名とは
「故人が仏の世界に往くために、菩提寺の住職から故人に授けられる名前」
の事も指すようになり、むしろこちらの方が有名になっています。

戒名の付け方

では、戒名はどのようにして付けられるのでしょうか。

位牌に記された文字を思い起こすと、漢字がずらりと並んでいるイメージがあります。
しかし本来戒名は二文字だそうで

  1. 「院号」
  2. 「道号」
  3. 「戒名」
  4. 「位号」

の順番で位牌に書かれます。

「戒名」の二文字のうち片方は、俗名から取る事が多いそうです。

近年は全てをまとめて戒名と呼ぶ事も多いようですね。
聞き慣れない言葉が多いので、一つずつ見ていきます。

「院号」は限られた人のみに付く名前

院号とは、寺院の建立など寺院に対して大きな貢献をした人や、社会的に大変貢献した人など、限られた人にのみ付けられるものだそうです。
戒名の最初に「○○院」等と書かれていたら、この部分が院号です。

「道号」は元々は仏道を習得した人の名前

道号とは、本来の戒名二文字のすぐ上に付けられるもう一つの名前の事だそう。
元々は、仏道を修得した特別な人への呼び方で、これが日本に伝わってから今の形になったようです。

「位号」とは仏教徒としてのランク

位号とは、戒名の最後に記される仏教徒としての位を表すものです。
性別や年齢によって付けられる位号が違うそう。

位の高い方から順に並べると、
大人の男性なら、大居士、居士、禅定門、清信士、信士
大人の女性なら、清大姉、大姉、禅定尼、清信女、信女
となります。

男の子なら、童子、孩子、嬰子
女の子なら、童女、孩女、嬰女
となります。

子どもの位号に関しては、位の高低ではなく年齢によって決まるようです。

戒名のお値段は?相場はあってないようなもの?

現実的な話をすると、戒名を付けてもらうのにもお金がかかります。

一般的には、お葬式の時にお渡しするお布施と合わせて10万円~30万円というのが相場で、戒名のみの代金としては3万円~5万円と言われているようです。

しかし、位が高くなり院号が付いたりすると戒名の文字数が増えます。
そうなると戒名料も高くなり、100万円を越える場合も出てくるようですよ。

実際のところ、地域や宗派、お寺によっても戒名料の相場はあってないようなもの。
とも言われています。

いざ戒名をつけてもらう時には、無用なトラブルを避けるためにも事前にしっかり料金を聞きましょう。

そもそも戒名は必要?

それなりにお金のかかる戒名ですが、必ず付けてもらわなくてはならないのでしょうか。

戒名を付けてもらわない、という選択肢もあるにはあるようですが「戒名はいらない」と言うと、お寺の方にはあまりいい顔はされないかもしれません。

一応、戒名をもらわない場合の例を上げておきますと

  • 故人や家族が無宗教であったり、特定の寺院の檀家ではない、という場合。
  • 寺院との付き合いが元々なく、供養の方法も、散骨したり永代供養をする場合。
  • 故人の意思で「戒名はいらない」という場合。
  • シンプルに懐具合と相談した結果。といったケース。

があるようです。

ちなみに、戒名はいらないけれど位牌は必要。という場合は、俗名に霊位や位を付けたものを位牌に記してもらうことで、戒名と同等の扱いになるようです。

このように、寺院と特に付き合いがなかったり、故人の供養の方法も多様化しているので、戒名をもらわない、という選択肢もあります。

しかし気を付けておきたいのは、寺院に墓地を所有している場合。
この場合は、戒名がないと納骨できないこともあるようなので、確認しておく必要がありそうです。

おわりに

故人に付ける名前のことを戒名と呼ぶ。という事は知っていましたが、元は仏門に入って戒律を受け入れた人に付けられる名前なのですね。

位牌に漢字が多数並ぶわけですが、本来戒名は二文字、というのも驚きです。
ご先祖様のお墓や位牌に書かれた戒名に、院号が付いていたり、大居士や清大姉と付いていたりしたら、実はとても寺院や社会に貢献した方、という事になるわけですね。

先にも述べた通り、近年は供養の方法も多様化していますし、寺院との関係も希薄になりつつあります。

戒名をもらわない。というのも一つの選択肢です。
戒名が必要なのか、必要ないのか、しっかり話し合っておくのも大切かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする