友人のお通夜、告別式はどちらに出るべきなの?マナー的には両方?

友人 通夜 告別 式 どちら
最近会えていなかった友人の突然の訃報。
なんとしてでも都合を付けてお通夜、告別式に出席したいところです。

ですが、どうしても抜けられない仕事もあり、
都合が付くのはお通夜か告別式のどちらかだけ。

友人を偲ぶ気持ちもありますし、大人としてのマナーも気になりますね。

どちらかしか参加できない場合はどちらを優先させるべきなのか?
それとも
やっぱり無理やりにでも両方参列するべきなのか。

友人のお通夜、告別式はどちらに出席するのが良いのかまとめました。

お通夜・告別式、出られる方に出席すればOK

お通夜・告別式、どちらかしか参列できない場合はどちらを優先すべきか?

一般論としては
自分の都合に合わせてOK
とされています。

ですが、
「どちらかだけ参加するならばお通夜の方だけ」
という方が割合としては多いようです。

なぜお通夜かというと、
お通夜は夜に行われますので、昼間が仕事でも参加しやすい。
という理由だそうです。

つまり自分の都合の付けやすい時間帯で参加を決める方が実際多い。ということです。
ですので、夜ではなく日中の方が逆に都合が良いということでしたら、葬儀・告別式だけ参加でも全然問題ありません。

そもそもお通夜と告別式の違いは?

そもそも
お通夜とは何なのか?
告別式とは何なのか?
について説明します。

お通夜は元々身内だけの儀式だった

お通夜とは元々、家族やごく親しい友人だけで夜通し故人をしのぶ。という儀式でした。
なので、その他の方たちは次の日に行われる葬儀、告別式にだけ参加していたそうです。

ですがそれも昔の話。
今ではお仕事関係の人、ご近所のお知り合いの方など、どなたでも参加出来るようになりました。

焼香の後「故人との最後の食事」ということで通夜振る舞いを用意し、夜のうちに解散。という形の「半通夜」が今では一般的となってきています。

告別式は故人と関係のあった方皆とのお別れの儀式

告別式はお通夜の次の日に行われます。
告別式と葬儀式が同じ日に行われることがほとんどです。

告別式とは、親族だけでなく友人やご近所の知り合いお仕事関係の人たちなど、故人と関係のあった方々とのお別れの為の儀式となっています。

一方の葬儀式とは、家族や親族など身内が故人の冥福を祈って見送る為の宗教的な儀式となっています。

一応意味合いに違いはありますが、同じ日に行われるということで一緒に流れで行われることが多く、特に区別もされず「葬儀告別式」とする事が一般的となっています。

両方出なければいけないことはない

参列は自分の都合で良い。と言っても、
やはり両方参列するべきだよね?
どちらかだけって実はマナー違反なんじゃないの?
と心配される方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

マナー的にも、絶対お通夜と告別式両方に出るべきだ。
という風にはなっていません。

もちろん気持ち的には「両方出たい」と思われることでしょうから、可能であれば両方出席しても、もちろん大丈夫です。

どちらにも出られない場合は弔電を送る

どちらも参列が難しい場合であれば、弔電を送りましょう。

弔電は、理想はお通夜までに送りたいですが、遅くても告別式までには間に合わせるのがマナーです。

インターネットの電報サービスやNTTの電報サービスは当日配達も可能なことがあるので便利です。

もし弔電が間に合わない場合は手紙にするか、または後日直接訪れて弔意を伝えることでもかまいません。

大事なのは、故人を偲ぶ気持ちです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする