「十八番」の読み方は“おはこ”と“じゅうはちばん”どちらが正しいの?

十八番 読み方
カラオケなどに行くと
「この曲は“おはこ”です!」
と言うことを聞いたりします。

この「おはこ」ですが、漢字で書くと「十八番」ですよね。

だいたいの人は「十八番」と書いて『おはこ』と読むと思います。
ですが、たまに『じゅうはちばん』という人もいませんか?

実は私『じゅうはちばん』と言ってしまいます。

この「十八番」の読み方は一体どちらが正しいのでしょうか?
それとも二つとも正しいのでしょうか?

「十八番」の読み方は、おはこ?じゅうはちばん?

「十八番」と書いて「おはこ」と読んだり「じゅうはちばん」と読んだりしますね。

主に「おはこ」と言われることの方が多いと思います。
ネットなどでも「十八番」と書いて「おはこ」と説明したりしています。
スマホでも「おはこ」と打ち込み変換すると「十八番」と変換されますよね。

しかし、「じゅうはちばん」と読んだからといって間違いではありません。

どちらも間違いではなく、また意味も同じ。
【得意とすることや、得意な芸などのこと】
を指します。

ただ、会話の中で「おはこ」を「十八番」の漢字を使うことを知らない人に
『カラオケの曲で私の“じゅうはちばん”は~』
と言うと「は?」という反応になる可能性もあります。

なぜ「十八番=おはこ」という読み方に?
その由来は歌舞伎から

そもそも、なぜ「十八番=おはこ」と読まれるようになったのでしょうか。

その由来は江戸時代の歌舞伎にありました。

江戸歌舞伎の七代目“市川団十郎”が得意とする荒事(勇士や鬼神などを主役にした狂言)を十八種類選び、それが当たり狂言となりました。
その十八種類を『歌舞伎十八番』といい、お家芸としました。

歌舞伎十八番の台本はとても大切な物なので箱に入れて保管していたことから、得意なことなどを「十八番=御箱=おはこ」と読むようになりました。

ちなみに、歌舞伎十八番は「かぶきおはこ」ではなく、そのまま「かぶきじゅうはちばん」と読みます。
そのことから、「十八番」を「じゅうはちばん」と読んでも間違いでなく、同じ「得意なこと」を指す意味で問題ないとされています。

読み方の由来を簡単にまとめると・・・

市川家でのお家芸が「歌舞伎十八番」ということ。

それが当たり狂言の代名詞となり「十八番」と言わるようになりました。

また、その歌舞伎十八番の大切な台本を箱に入れ保管していたことから、転じて
得意なこと=十八番=御箱(おはこ)=おはこ
と読むようになった。

という感じでしょうか。

ちなみに、
演目が18種類で1公演となるので、「十八番」を「おはこ」と読む以外に“十七番”や“十九番”を特別な読みをすることはありません。