「怖い」「恐い」漢字の違いで意味はどう変わる?使い方は?

怖い 恐い 漢字

「怖い」と「恐い」
この2つの違いや、正しい使い方きちんと理解して使っていますか?

どちらも「こわい」ですよね。
漢字の違いで意味はどのように変わるのでしょう。

なんとなくこっちの「こわい」だと思う!
みたいな曖昧な判断で使い分けていませんか?

意味もほとんど同じように使われますし、大きな違いはなさそうですが、実際どうなのでしょうか。

「怖い」と「恐い」の違い。
それぞれの意味。
そして使い方などについてまとめました。

「怖い」と「恐い」の意味に違いはほとんどない?!

この2つ、実際大きな違いはないようです。

  • お化けや虫などを恐れる気持ち。
  • 何か良くない事が起こるのでは?などと目に見えないものを避ける気持ち。
  • 暗闇で不審者に襲われないかびくびくしながら歩く気持ち。
  • 苦手なジェットコースターに無理やり乗せられる時の気持ち。

など、これらすべて「怖い」と「恐い」で表現できます。
どちらも間違いではないです。
どちらもほとんど同じ意味として使われているということです。

辞書で調べてみてもどちらも
「悪いことが起こりそうで不安。」
などといった同じ意味が載っています。

あえて言うなら使用頻度の違い

ほとんど同じ意味として使われるということでしたが、それでも漢字に違いがあるのだから何か違いはあるでしょう?!と思い調べてみると、2つの違いがあることが分かりました。

その1つが「使用頻度」の違いでした。

皆さん「こわい」という言葉を新聞やテレビ、本など様々なところで目にすることがあるかと思いますが、「怖い」と「恐い」のどちらが良く使われているかどうかを気にしたことはありますか?

「怖い」の方が良く使われている。
つまり「怖い」が常用漢字で、「恐い」はそうではないということなのです。
一般的に使う漢字の目安となる項目のことを「常用漢字」といいます。

なので、意識して見てみると「恐い」よりも「怖い」を使われていることが多いということが分かります。

使い分け方はある?どちらでも良いの?

「使われている頻度が高いのが「怖い」の方だけど、どちらの「こわい」でも間違いではないという認識で良いのか!簡単!」と思ったのですが、厳密にいうとそういうわけでもありませんでした・・・。

確かに大きな違いは「怖い」の方が良く使われる常用漢字で、一般的に使用される漢字ということなので、迷ったら「怖い」を使うのが良いかと思います。

しかし、違いはもう1つありました。

その2つ目の「怖い」と「恐い」の違いは、
主観的であるか、それとも客観的であるか
ということでした。

「怖い」という感情は、主観的な恐怖の感情を指しています。
それに対して「恐い」は客観的な恐怖の感情をいいます。

ジェットコースターが「怖い」や暗闇が「怖い」という風に、その人から見て、その人だけが感じる恐怖のことを「怖い」といいます。

一方の「恐い」は「恐ろしい」とも言い換えられます。
「恐ろしい」は客観的に危険性を表現する際に使うのが正しいです。

客観的な恐怖というのは、現在自分自身に危険があるわけではなく、冷静に恐怖を語る時などが当てはまるかと思います。
過去の恐怖体験。
人から聞いた危険な話。
など、冷静に判断することが出来る状況です。
そのような客観的な恐怖の時に「恐い」といいます。

「こわい」って言う時って、ほとんどが主観的ではないですか?
そのことから「怖い」が常用漢字とされたのではないかとも考えられますね。

「怖い」と「恐い」の使い方

それぞれの違いは、常用漢字であるか、そうでないかということと、主観的であるか客観的であるかということでした。

では最後にイメージしやすいように具体的な使い方をご紹介します。

しかし使い分け方は同じ文章でもその状況によって変わってくると思います。
なので、それぞれの漢字を使う場合の状況についても説明します。

例題「犬がこわい」

例えば「犬がこわい。」ということを言いたい場合です。

「犬が怖い。」でも「犬が恐い。」でもどちらでも間違いではありません。
これが主体的であるか、客観的であるかどうかで使い分け方が変わる為です。

あなたが犬に吠えられてびっくりしている時であれば「犬が怖い!」ですよね。

しかし、少し離れた場所で人が犬に大きな声で吠えられているのを見て「あの犬、恐いな。」という風にいうと思います。

1つ目の「犬が怖い!」はあなたが吠えられていて、あなたに危険がある状態なので主観的の「怖い」です。
2つ目の「あの犬、恐いな。」はあなたに危険が及ぶことはなく、だけど激しく吠えられているのを見て客観的に「こわい」と思っているので「恐い」ですよね。

例題「台風がこわい」

最後にもう1つ例をご紹介します。「台風がこわい。」ということを言いたい場合です。

これも、「台風が怖い。」「台風が恐い。」どちらでも間違いではありません。

今あなたがいるところには台風が直撃していて、窓ガラスが割れてしまいそうなくらい風でガタガタ揺れている状況にいる為「台風が怖い!」と言っています。

「台風が恐い。」という風に言う場合は、ニュースなどで遠くに台風が直撃し、悲惨な状況を目にした時に「台風って恐い!」と言っていると思います。

1つ目は自分が台風の危険な状況を体験しているので、主観的の「怖い」です。
2つ目の状況は、自分自身は危険ではなく、遠くで起こっている台風の被害を目にしての客観的にみて感じた「恐い」です。

このように、使い分けには主観的か客観的かという状況が重要になってきます。
「怖い」と「恐い」をきちんと使い分けをしたい方は是非参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする