鷲と鷹って強いのはどっちなの?そもそも違う種類なの?

鷲 鷹 強い イメージ

鷲ワシと鷹タカってちょっと怖いイメージじゃないですか?
大きくて爪があって・・・公園でとかでお弁当食べていたらバサッ!って一瞬で取って行っちゃったりしますよね!
小学校の遠足で、唐揚げを取られてから鳥が怖くなってしまってトラウマです!

そんなことを思い出していたら、ふと疑問に思ったのですが、鷲と鷹ってどっちが強いとかあるのでしょうか?

戦わせたらこっちが圧倒的に強い!とかあるのか謎ですよね。
どちらも良く似ていますが、そもそも違いって何なのでしょうか。
遠くから見ていたらほぼ一緒に見えますよね。

そこで今回は、鷲と鷹は強いのはどっちなのか調べてみました。

鷲と鷹の違いは大きさ!

鷲ワシと鷹タカは、どちらも同じタカ目タカ科ということで大きな違いはほとんどありません。

ですが、鷲と鷹を区別している方法としては大きさが一番にあるようです。
基本的には鷲の方が大きく、鷹の方が小さいとなっています。

例えば、

「オオワシ」という種類の鷲であれば、
雌は大きいもので全長100cm、雄は約88cm、
翼を広げた長さは約200~250cmくらいとなっています。
雌の方が大きいんですね!

「オオタカ」という種類の鷹は、
雌は全長約60cm、雄は約50cm、
翼を広げた長さは約100~130cmとなっており、
こちらも雌の方が少し大きいです。

比べてみると分かるように、鷲の方が全体的に大きくて鷹の方が小さいです。

大きさで区別する!だけど例外があった!

大きさだけで見分けられるなら簡単!と思ったのですが、そこまで単純なわけではなく、例外もいくつかありました。

その例外というのが、「カンムリワシ」という種類なのですが、体長約55cmということで先ほどご紹介したオオタカの雌よりも小さいですよね。

ではなぜオオタカよりも小さいにも関わらずカンムリワシは鷲とされたのかが疑問になってきますね。

カンムリワシの生息している地域は石垣島や西表島、与那国島など、八重山列島です。
この地域では、カンムリワシより大きな猛禽類(もうきんるい)がいなかった。
つまり一番大きかったので鷲になったのだそうです。

この地域では一番大きかった。というだけで鷲だと判断されるということなので、大きいか小さいがという判断基準は、その地域の人から見た「大きい」「小さい」で決まるということなのですね!

ですがそうなってしまうと、例外がたくさんある状況となってしまい結局区別の仕方が良く分からない!となってしまいませんか?
なので、見分け方としておさえておくポイントをいくつかご紹介します。

ワシとタカを見分ける3つのポイント

ワシとタカを見分けるポイントは大きさ以外にも3つあります。

・尾の形
鷲の尾の形:直線状で外側には広がっていない。
鷹の尾の形:扇状に広がっているものがほとんど。

・模様
鷹には「鷹斑(たかふ)」という模様がある。
鷲にはない。

・飛び方
鷲は羽ばたいて飛ぶ。
鷹はほとんど羽ばたかず、風に乗って飛ぶ。

この三つが大きさ意外での鷲と鷹の見分けるポイントです。

鷲と鷹、強いのは・・・

さて、この記事の一番はじめの疑問である
「鷲と鷹って強いのはどっち?」
に関してお伝えします。

結論から言うと、残念ながら決められません!

でも、鷲は「鷹の中の大型種」という認識が基本なので、大きい方の鷲が強いと思われますね。

ただし、どっちが強いかという記録は残っていないことと、種類によっては例外として鷹の方が大きいものもいるということで、絶対とは言い切れません。

なので
「種類にもよるのでどちらが強いか決められない。しかし、基本的には鷲の方が大きいので強いて言うならば、強いと思われるのは鷲である。」
というのが答えです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする