鴨とアヒルの違いは何?英語だとどっちも同じ?

鴨とアヒルの違い

鴨とアヒルの違いって何だと思いますか?
あまり考えたことはなかったのですが、私は見た目の違いで
「茶色いのが鴨で、白いのがアヒルかな?」
と思っていたのですがどうなのでしょうか。

それほど大きな違いはなさそうに思えますが、1度疑問に思うと気になりますよね。

そこで今回は、鴨とアヒルの違いについて調べてみました。

鴨とアヒルは同じカモ科

鴨とアヒルは同じカモ科に属している水鳥です。
だからよく似ているのですね。
それでは鴨とアヒルのそれぞれの特徴、違いについて見ていきましょう。

鴨について

日本においては「カルガモ」や「オシドリ」という種類の鴨が1年中季節を問わずに見られます。

「マガモ」や「コガモ」そして「オオガモ」という種類の鴨は冬鳥ということで冬の間によく見られる種類の鴨です。

鴨は日本では古代から食用として扱われてきました。
ある時期から庶民の食べ物という認識が一般的になり、貴族などは鶴や雉などを好んで食べていたそうです。

しかし現在ではどちらかというと高級料理のイメージですよね。

「マガモ」という種類は、繁殖時期の雄は頭の部分だけ綺麗な緑色になります。
繁殖時期以外は雄も雌も同じ茶色っぽい色をしています。
また体長は60cmほどで、翼を広げた際の長さは80~100cmほどだと言われています。

鴨の卵は白く、平均10個ほど生むそうです。

アヒルについて

アヒルは、鴨が家畜化されたものだそうです。

生物学的には「マガモ」とアヒルはほぼ同じだと言われています。
鴨を家畜化し、羽根や食肉、卵などを更にたくさんとれるように改良されたのがアヒルだということです。

体長は60cmほど、4~5kgくらいです。

ヨーロッパや中国で家畜として飼育され始めたのがきっかけです。
ですが日本では「アヒル」という名前で料理に出されることはほとんどないですし、アヒルに関しては食用という認識は一般的にされていないですよね。

ですので業者用語でアヒルを「合鴨」と呼んだりするそうです。
「合鴨」と料理名には書かれていても、アヒルを使っている場合もあるそうです。

アヒルの卵は薄緑色をしており、年間100~200個も生むそうです。

「合鴨」=アヒル?

アヒルは「マガモ」と生物学的には同じだと先ほどお伝えしました。
料理として使われている鴨と言えば「合鴨」が日本では一般的かと思われます。

その「合鴨」は、アヒルと「マガモ」を交配したものだと言われています。
またその他にも「マガモ」が家畜化されたものが「合鴨」だと言われている説もあり、これと定まっていません。

「合鴨」といわれているものも、アヒルを使っていたりするとのことなので、味も同じようなものですし、ほぼ同じものと言えますね。

鴨とアヒルは英語にするとどちらもDuck

アヒルは鴨を家畜化したもの。
ということで少し違いがありました。

ですが「合鴨」と言いつつアヒルを使っていたりする場合もあるとのことで、味もほとんど一緒なので基本的に大きな違いない。ということになります。

ヨーロッパなどでは鴨とアヒルを特に区別することはなく、どちらも英語でDuckと言います。

逆に、日本語だと一緒の呼び方で区別していないけど英語にするといくつか呼び方があったりするものもあるのでこれが珍しいというわけでもないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする