「スパゲッティ」と「パスタ」の違いとは?!

スパゲッティとパスタの違い

ランチやディナーで「パスタ」食べに行こう!
お家で子供と「スパゲッティ」食べよう!
と同じ食べ物なのに、言い方を使い分けていませんか?

では、「スパゲッティ」と「パスタ」の違い説明できますか?
おしゃれなお店は「パスタ」でコンビニとか家で食べるのが「スパゲッティ」というわけではないのです。

実は私はそう思っていました。
周りの友人も知らなかったので、「スパゲッティとパスタの違い」を調べてみました。

スパゲッティはパスタの一種

小麦粉などの穀類を粉にして練って、麺や生地などにしたものを『パスタ』と言います。
なので、スパゲッティやマカロニも小麦粉から作られているので『パスタ』なのです。

長くても短くても『パスタ』
太くても長くても『パスタ』
穴が開いていても板状でも『パスタ』
なのです。

小麦粉を練って作ったものはすべて『パスタ』なのです!

「パスタ」は形の違いによって呼び方が変わります。

  1. ロングパスタ(スパゲッティなど)
  2. ショートパスタ(マカロニなど)
  3. その他のパスタ(板状のラザニアなど)

食べ物としての違いはなく、すべてをまとめて呼ぶのか・まとめた中にさらに呼び名があるかの違いでしたね。

例えてみると親会社「パスタ」があり、その子会社が「スパゲッティ」や「マカロニ」という感じでしょうか。

つまり!「スパゲッティはパスタの種類の一つ」です。

麺なら全部スパゲッティ?パスタの種類は太さで分ける

ロングパスタやショートパスタというように、分けることができる「パスタ」ですが、麺状なら全部スパゲッティと呼ぶのでしょうか?

スパゲッティはイタリア語で『紐』を意味しています。
確かに、まっすぐで茹でると紐のようになりますよね。

このスパゲッティは麺状のパスタの呼び方の中の一種です。
太さによって呼び方が色々分かれます。

カッペリーニ
太さ約0.9mm
極細な麺でスープの具として楽しめます。

フェデリーニ
太さ約1.4mm
ジェノベーゼペーストがおすすめ。

スパゲッティーニ
太さ約1.6mm
シンプルなトマトソースによく合います。

スパゲッティ
太さ約1.9mm
魚貝のソースに合わせるのがおすすめ。

リングイーネ
リングイーネ ピッコレ
太さ約0.9mm
麺が楕円形なのでソースがうまくのります。

日清製粉「小麦粉百科:パスタの基礎知識」より引用

かなり細かく分けられているんですね。
0.1~2mmの違いなんて見て分かるの?と思いましたが、実際スーパーで見比べてみたら結構違うのが分かりました。

麺の太さで合う料理法も変わってくるんですね。

本場イタリアでは650種以上のパスタがあるらしい・・・

パスタの本場イタリアではパスタの種類が650種類以上あるらしいです。
地域ごとの違いなどもあるのでしょうが、ものすごい種類ですね・・・

日本ではそれほど細かい分け方はされていませんが、こだわった食材店やイタリア料理のお店だったら色々選べそうです。

かなり奥の深い世界ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする