「ざるそば」と「もりそば」の違いは海苔の有無だけ?

ざるそばともりそばの違い

お蕎麦屋さんのメニューをみて、「ざるそば」と「もりそば」はなぜ値段が違うの?と疑問に思ったことないですか?
だいたい「ざるそば」が高いですよね。

「ざるそば」と「もりそば」何が違うんでしょう。

同じそばなのにどうして?
海苔が高級なのか?
器が“ざる”だからなのか?

天ぷらなど付けば値段の違いに納得はしますが、海苔がついているか・ついていないかの違いだけで?!
なんて考えて「もりそば」を頼んでしまうこともあったりします。

「ざるそば」と「もりそば」の違いは何でしょうか。

「ざるそば」と「もりそば」の違いは
海苔のアリナシだけ?

お蕎麦屋さんに行くと
「ざるそば」「もりそば」
両方メニューにある場合が多いですよね。

一般的に言われているのが
海苔がかかっているのが「ざるそば」
海苔がかかっていないのが「もりそば」

海苔が上にのっているか、いないかでメニュー名が変わるだけで、同じなのか?
と悩んだあげく、その時の気分で選んだりしがちです。

今の「ざるそば」「もりそば」の違いは『海苔のありなし』だけと言われています。
“今”ということは“昔は海苔以外の違いがあった”ということです。

そばの歴史

昔は「ざるそば・もりそば」と名前を分けた食べ物はなく、『そば切り』と呼ばれる食べ物でした。
そば切りが出来る前は、そばの実を砕き、お湯でこねたり蒸したりして団子にしていたものを『そばがき』と呼んでいました。

その『そばがき』が江戸時代あたりになると、団子から細長い麺状になり茹でてから、つけ汁につけて食べるようになりました。
それを『そば切り』を呼ぶようになりました。

そば切りが主流になりましたが、つけ汁につけるのを面倒と思いはじめる男の人の中に、そばに直接“つゆ”をかけて食べはじめたのが『ぶっかけそば』でした。

もともとは『そば切り』のみだったのを、直接“つゆ”をかける食べ方のそばが出てきたので区別するために、もともとの食べ方だった「つけ汁につける食べ方のそば」を『もりそば』と呼ぶようになったと言われています。

他にも、「そば切り」を「ぶっかけそば」と区別をするのに「お皿やお椀、せいろ」に盛って出されていたので『もりそば』とも呼ばれるようになったとも言われています。

同じそばだけど食べ方の違う「もりそば」と「ぶっかけそば」ができたということです。

そのあと江戸時代中期になると、【伊勢屋】というお蕎麦屋さんが「もりそば」をさらに差別化をするために竹ザルにそばを盛ったものを『ざるそば』というようになりました。

ここで、「もりそば」「ぶっかけそば」「ざるそば」の3つができました。
ぶっかけそば以外の2つは同じ食べ方だったので、違いをわかるようにしていました。

  • もりそば…お皿やお椀、せいろなどを使う
  • ざるそば…竹ザルを使う

当時は使う器の違いだけだったそうです。

「もりそば」「ざるそば」の区別は明治時代から

明治時代になり、「もりそば」と「ざるそば」にさらに違いがでてきました。
「ざるそば」はそれなりに値段がする!
「もりそば」は値段がお手頃!という分け方になっていきました。

使うそば粉やつけ汁(つゆ)にも変化があったそうです。

【ざるそばの場合】

  • 高価なそば粉を使う(そばの実の中心)
  • 当時高級だった“みりん”をつゆに加えた
  • 一番だしを使っていた
  • 薬味や海苔を一緒に出すようにした
  • 器が「ざる」

【もりそば】

  • お手頃なそば粉を使う
  • 二番だしを使っていた
  • 器が「せいろ」

使う材料や薬味・海苔のありなしで、値段の差がうまれたというわけです。

そして現在。区別は海苔のアリナシだけ。

しかし、現在はここまでハッキリした区別はありません。

数は多くないですが、一部のお蕎麦屋さんが当時のように、「もりそば」「ざるそば」と材料を分けているところもあるそうですが、ほぼ同じ材料で作り『海苔のありなし』で区別しているそうです。

「もりそば・ざるそば」の区別はなくなってしまいましたが、お蕎麦屋さんのこだわりの“つゆ”や茹で方、薬味など楽しみ方はまだまだあるので、お気に入りのお蕎麦屋さんを探してみるのもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする