知っていて当然?寺と神社の違いは何なのかについて!

寺と神社の違い

寺と神社って正直似ていますよね。
私は、子供のころはどちらも一緒でしょ?なんて思っていました。
そして恥ずかしながら、大人になった今でも、鳥居がある方が神社かな?くらいの知識で、具体的な違いは説明出来ませんでした・・・。

今更聞けないし、もしかして知っていて当然なのでは?と不安に思ったのと、日本人として知っておきたいなと思ったので、この機会に寺と神社の違いについて調べてみました!

お墓や仏像のあるのがお寺、鳥居のあるのが神社

まず見た目の違いですが、
お墓があって仏像があればお寺で、
鳥居があれば神社です。

見た目に関してはそれだけなので、鳥居があれば「ここは神社!」などとすぐに判断できますね!

ちなみに、仏像とは、仏様を偶像化したものの事だそうです。

神社に鳥居がある理由は、神様と人が住む世界を区別して、お互いがお互いを分かち合って、きちんと住み分ける為だそうです。
よって鳥居は神域への入り口とされているようです。

お寺は仏教・神社は神道

見た目についての違いはわかりましたが、さらに他の具体的な違いについて説明していきます。
一言で言うと
「寺は仏教」
「神社は神道」
と、それぞれ宗教の違いがあります。

仏教は中国やインドなど外国から伝わってきたものです。
お寺は、仏様を祀ったり、仏像を据えたり、僧が仏法をおさめるための場所とされています。

ちなみに、仏教は今では日本で有名な宗教ですよね。
元々、外国では宗教ではなく哲理だったのですが、日本に伝わってから日本でどんどん変化していき、宗教となったそうです。(哲理とは、人生の本質に関わってくる深い道理、哲学上の道理のことです。)
仏教と神道が異なる部分はというと、「教義」「経典」「戒律」があることですね。
どういうことかというと、きちんとした書物で、仏教のきまりがあるということです。

次に神道についてですが、こちらは日本が起源となっている宗教です。
誰かが開いた宗教というわけではなくて、生活している中で自然に生まれた考えなのです。
そのため仏教とは違い、明確な決まりがあるわけではないというのが特徴です。

自然から祖先など、色々なものに神が宿ると考えられていることから「八百万の神」という言葉もできました。
よって、神道は多くの神様を信仰しているので、たくさんの神社が建てられていて、多くの神様が祀られているのです。

ちなみに神社の名前に「神宮」という称号がついているところは、神社の中でも特別な格式の高い神社とされています。
たとえば明治神宮や伊勢神宮ですね。
また「大社」とついているところも特に大規模な神社につけられています。

仏教も神道も日本人であれば聞いたことはあると思いますし、お葬式では仏教の方式で行い、年が明ければ神社へお参りに行くなど二つの宗教どちらとも関わることがあるのではないかと思います。
宗教にとらわれずにどちらの神様にも関係なくお祈りするというのは、日本独特の文化ですね。

寺と神社の違いを簡単に!

宗教に関係するので、どうしても難しい話に感じてしまう方もいるかもしれません。
なので、寺と神社の違いについてシンプルにまとめてみました。

「寺は、お墓や仏像があり、お坊さんや尼さんなど、仏教を信仰している人が住んでいるところ。」

「神社は、神域への入り口である鳥居があって、神道のたくさんの神様が住んでいるところ。」

このようにまとめられるかと思います。

次、お寺や神社に訪れることがあったら、今回ご紹介した事を意識してみてみると、より神聖な気持ちになり、新たな発見があるのではないかと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする