「お彼岸」とは?いつ?どんな行事の日?どんな意味があるの?

お彼岸のお墓参り

夏にお盆があるのに、春と秋にもお彼岸でお墓参り?なんで?
そんな疑問ありませんか?
私は正直ありました。

お彼岸といえば、
お墓まいり?
お線香のCM?
彼岸花?
正直お盆に比べてあまり印象がなかったです。

お彼岸とは、いつ?本当はどんな日?どんな行事なんでしょうか。

春と秋にあった印象があるけど…お彼岸はいつ?

【お彼岸】は春と秋の2回あります。

3月にある祝日「春分の日」と前後3日間を合わせた合計7日間
9月にある祝日「秋分の日」の前後3日間を合わせた合計7日間
この春秋それぞれ一週間が【お彼岸】になります。

春分の日、秋分の日は毎年変わるので、その日に合わせてお彼岸の日にちも変わります。

初めの日を「彼岸の入り」
終わりの日を「彼岸明け」
春分の日と秋分の日の祝日とされている日が「中日」
と言います。

この彼岸の入りから彼岸明けの間にお墓参りを行います。

お彼岸の意味ってなに?お盆とどう違うの?

「お彼岸」とは、いくつか簡単に説明すると、

  • 仏様がいる世界が「彼岸」→よく“あちらの世界”と言われている
  • 私たちがいる世界が「此岸」→“現実の世界”と言ったほうが分かりやすい
  • 三途の川を挟んで彼岸と此岸がある
  • 「彼岸」は煩悩や悩みを越えて悟りの境地
  • 「此岸」は煩悩や悩みが溢れている
  • 仏道修行として祈り捧げていた

【彼岸】はもともと仏教の言葉で、煩悩や悩みを越えてたどり着くことの出来る境地のことを言うそうです。

逆に私たちがいる世界は『此岸』といって、煩悩や悩みが溢れている世界ということです。

この『此岸』と『彼岸』は三途の川を挟んだ世界とされていて、私たちがいる此岸の人たちは6つの修行をすることで彼岸に行くことが出来ると言われています。

  1. 分け与えること
  2. 規律を守ること
  3. 怒りをすてること
  4. 努力すること
  5. 心を安定させる
  6. 智慧をあらわすこと

ですから「お彼岸」は悟りを啓けるように仏進修行をする期間。
という意味もあるそうです。

また、「彼岸」は西にあり「此岸」は東にあると考えられているため、太陽が真東から真西へと昇って沈む春分の日と秋分の日は「彼岸と此岸がとても通じやすい日」と考えられているそうです。

この「彼岸と此岸がとても通じやすい日」という考えから、この時期(春分の日と秋分の日)に先祖供養としてお墓参りをするようになったと言われています。

「彼岸と此岸がとても通じやすい日」ということから、普段は6つの修行をしない人達もお彼岸の間は西の太陽に祈りを捧げて煩悩や悩みを払っていたそうです。

まとめ

「お盆」はご先祖さま達がこちら側(此岸)に戻ってくる日ですが、「お彼岸」はあちら(彼岸)とこちらが通じやすい日だからお墓参りをするんですね。

お盆のように決まった飾り付けや行事といったことはないですが、どちらも「ご先祖様を供養する」というのは同じですね。

お墓参りもお盆だからお彼岸だからということはなく、どちらも同様にお墓を洗ったり周りに生えている草を抜いたりとキレイにするのは一緒です。

【お彼岸】が来たら、お墓参りでご先祖様に感謝して日頃に自分の行動を見直し「心を安定させる努力」を今一度がんばってみようかな…と考えさせられますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする