お彼岸でお供えする金額の相場は?忘れがちなマナーも覚えている?

お彼岸のお参り

お彼岸になり、親戚の家や結婚相手の実家に行くことに!
その時にお供えする金額ってどのくらいなの?
そもそもマナーなんて覚えてない~!

焦って気持ちが落ち着かないと、ご先祖様の供養も心から出来なくなってしまいますよ。
金額の相場から不祝儀袋のことまで調べてみました。

お彼岸時のお供えする金額相場は?

お彼岸の時に果物やお菓子のほかに現金をお供えする場合があります。
親戚の家などに行く時です。

金額の相場としては
【3000円~5000円程】
とされています。

あくまで「気持ちとして現金を包む」という部分が大きいので、相場より高くても低くても大丈夫です。

しかし、あまりにも極端だと相手方も困ってしまいます。

1000円のように低すぎる金額を包んだ場合は、あなたが周りと比較され非常識のレッテルを貼られてしまう可能性もあります。

50000円のように高すぎる金額を包んだ場合は、相手方が困ったり・気を使ってしまい負担になるので辞めておくのがいいでしょう。

現金だけだとちょっと…という時は、果物やお菓子と一緒に持っていくことも大丈夫です。
その場合も合計金額が5000円程に収まればいいと思います。

【現金・3000円 + お菓子・2000円】
というような分け方でもいいです。

相場内の金額を包んで、お供えするのが一般的だといえます。
それ以上に包みたい場合は相手方に気を使わせない程度の金額を包みましょう。

金額が決まってお供えする時のマナー

お供えする金額が決まったら次は香典袋に入れる際のマナーです。
分かっているようで、いざその時が来ると意外とアタフタしてしまいます。
再度確認するつもりで見てください。

基本的マナーは4つ!

  1. お供えする金額が【4=死・9=苦】とならないようにする
  2. 新札は使わない
  3. 不祝儀袋に入れて持っていく
  4. 中袋に入れる時にお札の向きに注意する

1は金額を決める際に意識して、しっかり決めれば大丈夫です。

2は祝い事ではないので旧札を使います。
ただし、汚れ・破れ・シワがあまりにも酷いと失礼になるので違うお札を使いましょう。
新札しか手元にない時は折り目を付けて対応しましょう。

3は茶封筒などで持って行かないことです。
黒白か双銀の結び切りの不祝儀袋を使います。

4は中袋にお札を入れる時に、お札の表面を裏返してお札に書かれている人物の顔が見えないようにします。

不祝儀袋について、さらに細かく説明します。

不祝儀袋の表書きは宗教で変わってきます。
訪問する家の宗教を調べたりすることが必要になります。

仏教・仏式…御霊前
キリスト教…御花料
新教…御神前
※相手方の宗教が分からない時は【御霊前】でもマナー違反にはなりません。

【御霊前】と書いた下には名前を記入します。
基本は縦書きです。
自分だけの時…名字+名前
夫婦の時…夫の名字+名前 その隣に妻の名前(名字はいりません)

中袋にお札を入れる手順です。

  • お札をそろえる
  • 表面(人物が描いてる面)を裏返す
  • 人物は袋の下側にきているか確認する
  • 中袋の表に金額 + 裏に住所と名前を記入する

※裏に金額を記入できる箇所があればそこに記入
※旧漢字で金額は記入する

【中袋】の記入が出来たら不祝儀袋に入れます。
最後まで気を抜かず確認しながらやりましょう。
不祝儀袋の上下の折り返しは、わかりますか?

【下側の折り返し→上側の折り返しが見えるようにする】
悲しい時は頭が垂れ、嬉しい時は顔を上げる と覚えておくと分かりやすいです。

あとは、お供えすればバッチリです。

親戚の家や結婚して相手の実家に行く場合もあると思います。
その時にある程度の常識やマナーがあれば、恥をかくこともないです。
さらに、お彼岸以外にもお通夜や葬儀など弔事でのマナーにも通じます。
一番は気持ちを込めてご先祖様を供養することですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする