どちらも食べ放題?ビュッフェとバイキングの違いとは?

ビュッフェとバイキングの違い

ホテルやレストランなどによくある「ビュッフェ」や「バイキング」。
色とりどりのお料理がたくさん並び、好きなものを選んで食べられるなんて幸せ!
「せっかくの食べ放題だから、お腹いっぱい食べちゃおう!」
なんて思って恥をかいたことありませんか?

「え?どちらも食べ放題でしょ?何が違うの?」
なんて思っている方いらっしゃいませんか?

「ビュッフェ」と「バイキング」には、実はとってもわかりやすい大きな違いがあるんです!
今回は「ビュッフェ」と「バイキング」の違い、加えて語源やマナーについてまとめてみました。

ビュッフェとバイキングの違いは明確!

ビュッフェは必ずしも食べ放題というわけではありません。

そもそもビュッフェという言葉には
「セルフ方式の食事」
という意味があり、食べ放題という意味はありません。
好きなものを取って食べ、食べた分の代金を払うのが本来のビュッフェスタイルです。

ただ日本では、ビュッフェ=食べ放題を意味しているお店も多いので、
わからないときは「おかわりは自由ですか?」と確認した方がいいかもしれませんね。

一方、バイキングはまさに食べ放題という意味で間違いありません。

ただ「バイキング」は和製英語なので通用するのは日本だけです。
最近では日本でもバイキングと呼ぶことが減ってきているようで、並んでいる料理の中から、好きなものを選んで食べるスタイルを統一して「ビュッフェ」といい、「バイキング」は、わかりやすく「食べ放題」と表現することが増えてきているそうです。

言葉の語源や由来は?

ビュッフェはフランス語のbuffetから来ています。
buffetの意味は「置台のある扉付食器戸棚」。
ビュッフェスタイルでは、テーブルの上にまとめて料理や食器が置いてあります。
そこから自由に料理や食器を取るわけですから、語源はわかりやすいですね。

バイキングは英語でVikingと書きます。
16世紀、スウェーデンには「スモーガスボード」というスカンジナビア料理がありました。
テーブルの上に料理などを並べ、自分でオープンサンドを作って食べるスタイルです。

1958年に帝国ホテルが「スモーガスボード」スタイルの食事を日本で最初に取り入れました。
スカンジナビアと言えばバイキングということで、このスタイルを「バイキング」という名前で提供したことから、
食べ放題が「バイキング」という名称で日本に広まったというわけです。

ビュッフェ、バイキングのマナーを覚えておこう!

ついつい浮かれていまって、恥ずかしい行動をとってしまいがちな食べ放題スタイル。
マナーを欠いた行動は、周囲に迷惑をかけるだけではなく品格まで疑われてしまうかもしれません。
そこで今回最低限のマナーポイントを5つあげてみました。

  • 残さない
  • 歩きながら食べない
  • 大盛りにしない
  • お代わりは新しいお皿にする
  • 料理台を占領しない

他にも時計回りに回る。コース料理の順番に取る。などありますが、最近では気軽にビュッフェやバイキングスタイルをとることも多いので、基本中の基本だけをあげてみました。

まとめ

正直、今回調べるまでビュッフェとバイキングの違いを知りませんでした。
バイキングが日本でしか通用しない言葉だという事も初めて知りました。

ビュッフェ、バイキング、食べ放題という言葉を捜しながら、
レストラン街を歩いてみるのも面白いかもしれませんね!

くれぐれもマナーを守って、存分に食事を楽しみましょう!