パンケーキとホットケーキの違いは意外な分類方法?!

パンケーキとホットケーキの違い

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いってなんでしょう?

最近だと若い女の子に人気のパンケーキ専門店なんかもあったりして、とても人気ですよね!
だけど、言われてみると何が基準でパンケーキとホットケーキを分けているのか知らないな・・・と思いました。

パンケーキはお店で作られるもので、ホットケーキはお家のホットプレートで作るものかな?となんとなく思っていましたが、本当はどうなのか気になりますよね!

そこで今回はパンケーキとホットケーキはどういう違いがあるのかについてお伝えします。

パンケーキの「パン」はフライパン

パンケーキの「パン」はフライパンなどの「底が平らで取っ手のついた鍋」という意味があります。

なので、パンケーキとは、「フライパンなどの鍋で焼いたケーキ」
をまとめた呼び方です。

ホットケーキは、単に「温かいケーキ」というそのまんまの意味です。

パンケーキとホットケーキは、どちらも材料が小麦粉、砂糖、卵、牛乳、ベーキングパウダーなどで、それを混ぜ合わせて円形に焼いたものなので、本来は同じものみたいです。

日本におけるパンケーキとホットケーキの定義

じゃあ、パンケーキもホットケーキも同じものってことでいいのかな?
と思ったら、そうでもないみたいでした。

日本においては、

パンケーキは食事向きのもので甘さを控えめにされており、厚さが薄く、スクランブルエッグやベーコンなどと一緒に食べるもの。

ホットケーキは厚さがパンケーキよりも厚めで、はちみつやシロップなどをかけて甘いデザートとして食べられるもの。

という風に分けられることが多いみたいです。

ホットケーキミックスなどを販売している森永製菓でも、甘くて厚みのあるものをホットケーキとしており、砂糖を使わずに食事に合うようなものがパンケーキとしているそうです。

ですが、パンケーキ専門店のメニューなんかを見ていても、いちごクリームパンケーキとか、デザートとしてパンケーキのメニューがありますよね。

なので、やっぱりきちんとした決まりはなさそうです。

クレープもパンケーキに含まれる!

パンケーキは、先ほどもお伝えした通り
「フライパンなどの鍋で焼いたケーキの総称」
ということなのですが、実はその中にはクレープも含まれているそうです!!

これはちょっとびっくりです!
言われてみれば同じような工程で作られていますが、日本ではクレープとパンケーキは別物として思われているのが一般的なのではないでしょうか。

海外にはホットケーキはない?

日本においてはきちんとした定義はないものの、基本的には
「パンケーキ=食事向きのもの」
「ホットケーキ=デザート向きの甘いもの」
という分け方がされているということでした。

では海外ではどうなのかと思ったら、特に区別されていないそうです。

区別されていないというよりも、パンケーキと呼ぶのが一般的でホットケーキという名前はほとんど使われていないのです。

ならばホットケーキというものはどこから来たのかが疑問になってきますが、これに関しても諸説ありということではっきりした答えはないみたいです。

作りたてのパンケーキを見て、
温かいケーキ=ホットケーキ
と日本人が使い始めたという説があります。

ですが、英語で
”Selling like hot cakes”
(ホットケーキのように売れる=飛ぶように売れる)
という表現があるので、和製英語という説は成立しませんね。

ただ、海外ではホットケーキよりもパンケーキが主流であるというだけなのかもしれませんね。