ぜんざいとおしるこの違いって何?地域によって違う?

ぜんざいとおしるこの違い

ぜんざいとおしるこって甘くて美味しいですよね。
この二つの違いって知っていますか?

良く似ている・・・というか同じのような気がするけど、何か違いはあるのでしょうか?
ふと違いはなんだろう?と気になると、普段気にしていなかったことでも気になってきますよね!

今回は、ぜんざいとおしるこの違いは何なのかについて調べてみました。

ぜんざいとは?おしることは?それぞれの特徴と違い

ぜんざいとおしるこの違い。まずはそれぞれの作り方から見ていきましょう。

ぜんざいとは、あずきを水で溶かし砂糖で煮た汁に、白玉団子やお餅、また栗の甘露煮などを入れたものがぜんざいと言われています。
ぜんざいは、基本的にあずきの粒が残っているものです。

一方のおしることは、汁気がたっぷりのこしあんやつぶあんから作られた汁に白玉団子やお餅を入れたものを一般的におしること言われています。

つまり、ぜんざいはあずきから作られており、おしるこはあんこから作られているという違いで判断されています。

地域別のぜんざいとおしるこの違い

前述した作り方の違いはあくまで一般論として言われていることです。
地域によっても少しずつぜんざいとおしるこの定義や違いが異なっているそうです。
よって、ぜんざいはこうで、おしるこはこう!と一言で言いきれないのが難しいですね。

それでは、さまざまな地域においての違いや特徴をご紹介します。

関東でのぜんざいとおしるこの違い

関東では、お餅にあんがのっているものをぜんざい。
あずきで作られた汁物全般のことをおしるこ。
としています。

また、あずきの粒が残っているおしるこは「田舎汁粉」
粒がないもののことは「御前汁粉」と呼んでいます。

関西、九州でのぜんざいとおしるこの違い

関西ではあずきの粒が残っているものをぜんざい。
粒が残っていないものをおしるこ。
という風に分けられています。

そして、関東でははぜんざいとされているお餅にあんを添えたもののことを、関西では「亀山」や「金時」と呼んでいます。

九州と関西はぜんざいとおしるこの分け方が基本的には同じとなっています。
ですが、一部では入っているものが白玉団子かお餅なのかで判断している地域もあるようです。
白玉団子がぜんざい。
お餅が入っていればおしるこです。

北海道

北海道は食べ方に関して特徴があったのでご紹介します。

北海道では、おしるこにかぼちゃを入れるそうです。
ちょっとびっくりですよね!

白玉団子ではなくかぼちゃが入っていればおしるこではなく別の食べ物だと思ってしまいそうです!

どうしてこのような食べ方をするようになったかというと、お米の収穫が大変でお餅をなかなか作れなかった時代に、かぼちゃで代用したことがきっかけなのだそうです。

ぜんざいとおしるこの由来や歴史について

ぜんざいとおしるこは、地域によって定義が異なっていたり、食べ方も少し違いがあったり奥深いことがわかりましたが、最後は由来や歴史についてお伝えします。

「ぜんざい」の語源

まずは「ぜんざい」の語源です。
これは二つ由来があり、どちらが正しいかは決まっていないそうです。

一つは、仏教の「善哉(ぜんざい)」からきていると考えられる説です。
「善哉」は「よきかな」とも読むのですが、これは仏様が弟子を褒める際に使ったり、にはすばらしいという意味を持っています。
今のぜんざいとされるものを食べた一休さんが、あまりに美味しかったので「善哉」と叫んだことからついた名前だということです。

二つ目は出雲大社の「神在餅(じんざいもち)」からきていると考えられる説です。
「神在餅」とは、出雲大社の神事で振舞われるものです。「神在餅」の「じんざい」の部分を取って、それがだんだんなまっていき「ぜんざい」に変化しました。

「おしるこ」の語源

「おしるこ」の語源は、作られる過程の材料が語源だといわれています。

おしるこはあずきあんを砂糖で煮たものですよね。
そして、こしあんを使う際には「さらしあん」というこしあんを粉末状にしたものが使われていました。
このあんこの粉末から、「汁粉」(おしるこ)といわれるようになったということです。

また、おしるこは江戸時代頃からある食べ物だと言われていますが、当時は今のように甘くなく、塩で味付けされていて、お酒のおつまみとして食べられていたそうです。

まとめ

どちらも、日本古来の食べ物という感じで、それぞれの地域による特徴や由来を知ることで、次食べるときは今までとはまた違った味わいを感じられそうですね!