いちごは野菜か果物どっち?意外と知らない果物と野菜の違い

いちごは野菜か果物どっち?意外と知らない果物と野菜の違い

先日、友人と果物で何が好きかについて話していた時に、私がいちごだと答えたら、友人から
「いちごって本当は野菜だった気がするよ?」
って言われて、そこからいちごは果物か野菜なのかという問題に話が変わりました!

いちごは果物としか思ったことがなかったので、そもそも野菜かどうかなんて考えたことがなかったのですが・・・

いちごは野菜か果物どっち?
そもそも果物と野菜の違い、定義とは?
実際どうなのか調べてみました!

いちごは果物ではなかった!

いちごは何に分類されているのか?
結論から言うと、いちごは野菜に分類されているそうです。

しかし、いちごは果実と同じような扱いで食べられているので「果実的野菜」という扱いをしているみたいなのです。

え、結局どっち?と、分からなくなってしまいそうですが、本来ならば野菜に分類されるいちごですが、果物として扱われることの方が一般的なので、果物でもあるよ!ってことなんですね。

野菜と果物には絶対の基準はない!

では、これは野菜!こっちは果物(果実)!と分けるきちんとした基準、定義はあるのでしょうか?
いちごが野菜であると判断された基準は何なのでしょうか?

まず、野菜と果物を分類する絶対的な決まりなどはないそうです。
ですが、一般的に以下のような特性を持つ植物が野菜に分類されると農林水産省のHPにのっていました。

野菜に分類される一般的な特性

  1. 田畑に栽培されること
    (栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)
  2. 副食物であること
  3. 加工を前提としないこと
    (こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように、原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)
  4. 草本性であること

引用:農林水産省HP

これらに当てはまれば野菜に分類されるということですね。

一方の果物に分類されるものの特性はというと、

  • 一般的に何年にもわたって植替えが必要ない
  • 何度も収穫することが出来る永年生作物

などの「木本類」のことを果実と分類するみたいです。

なので、やはりいちごは野菜の定義に当てはまっているので野菜になります。

ですが、上に挙げたものは、確固たるものではないとのことです。
国によって、また日本国内においても生産、流通、消費の分野ごとで分類の仕方が変わってくることもよくあるみたいなのです。

ということはいちごの場合、
生産の時点では野菜として育て、
流通(販売)の時点では果物として扱われ、
消費(購入)の時点でも果物として消費者は買っているということですね。

いちご以外の「果実的野菜」

いちごは、生産時には野菜として扱われ、育てられているが、販売、購入の時点では果実として扱われているということが分かりましたね!

では、いちごと同じような「果実的野菜」とされているものは他にあるのか?

いちごの他にはメロンやスイカが当てはまります。

すべて、共通点として樹にならず草本性、つまり草になる実です。
なので、先ほど挙げた野菜に分類する基準に当てはめると、いちご、メロン、スイカは野菜として分類するのが一般的かと思われますが、皆さんも、今まで三つとも果物として食べてきたのではないかと思います。

よって、これらは野菜でもあり果物でもあるという、分類するのが難しい食べ物なのですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする