一生懸命と一所懸命の違いって?どっちが正しい?

意外と答えられないかも!一生懸命と一所懸命の違いって?

『今日も一日、一生懸命仕事するぞ!』
『部活の練習、一生懸命取り組もう!』
というように、日常的に使っている【一生懸命】ですがたまに【一所懸命】という言葉もみませんか?
似たような意味の時に使う気がするけど、どうだった?

さて、この2つの言葉ですがどこが違うのが答えることできますか?
今回は「一生懸命」と「一所懸命」の違いを調べてみました。

「一生懸命」と「一所懸命」の違いって?

誰でも分かる違いは2つあります。

  • 使っている漢字が「一生」か「一所」かの違い
  • 読み方の違い「いっしょうけんめい」か「いっしょけんめい」かの違い

※ただし「一生懸命=いっしょけんめい」と読むのも可

この2つの違いは日本語が読める人ならすぐに答えられる違いですが、漢字が違うと言葉としての意味合いが変わるでしょ!と思ってしまいますよね。

実は「一生懸命」も「一所懸命」も意味合いは同じなのです。

【命がけで物事に取り組む】
という意味ですが、違うのは漢字と読み方だけでなぜ同じ意味合いの言葉があるのか一所懸命調べてみました。

「一生懸命」の意味と由来は
「一所懸命」がヒントとなる!

「一生懸命」は「一所懸命」から変化していったと言われています。

元々の言葉「一所懸命」の由来は鎌倉時代の武士。
将軍から預かったり、先祖代々から受け継いだ土地など「一所」を命がけで守り、それらを生活の糧にしていたのが由来と言われています。

なので「一所懸命」は
【一か所の領地を守る・命がけで取り組む・切羽詰まった状態のこと】
という意味でした。

それが
【命がけで物事を取り組むこと】
という意味だけが残ったことや「一所」が「一生」と間違われたことにより『一生懸命』という言葉に変わっていったと言われています。

土地を守るという意味はなくなってしまいましたが、【命がけで物事に取り組む】という意味だけが残り伝わっているので「一生懸命」も「一所懸命」も意味は同じとされるのです。

どちらの漢字を使っても意味や表現など、間違いないとされています。
しかし、「一所懸命」は「土地を守る」という意味もありますので同じ意味で使うのは間違っている!という人もいるそうです。

まとめ

簡単にまとめると下記の通りです。

  • 「一生懸命」は元々ある「一所懸命」から変化して出来た言
  • 「一所懸命」の【命がけで物事に取り組む】という意味だけが残っ
  • 「一所」が「一生」と間違われてしまっ
  • どちらの漢字でも間違いではな
  • 同じ意味で使うのは違うという人もいる

テレビや新聞などのメディアでは、基本は「一生懸命」で統一されています。
ただし視聴者からの投書が「一所懸命」と書かれていればその通りに記載するそうです。

目に触れる機会が多いせいか「一生懸命」が私たちの生活でも主流になっていると感じています。

ここまで「一生懸命」と「一所懸命」の違いを調べてきた私なりの解釈だと、一つのことに取り組むことは「一所懸命」とし、全体を通して取り組むことは「一生懸命」なのかなと思いました。

正解はないので、自分なりの解釈で「一所懸命」と「一生懸命」使い分けてみてもいいですよね。