牧師と神父に違いはある?結婚式はどっち?服装など見分け方について

牧師と神父の違い

先日友人の結婚式に参加してきました。
そこでふと「牧師」と「神父」それぞれの違いって何だろう?と思いました。
そもそもこの結婚式を進行している方、牧師さんだっけ神父さんだっけ?!
と、すぐに分からなかったです・・・。

どうですか?自信をもって牧師はこうで、神父はこう!って説明出来ますか?
私のように、わからない方も案外いるのではと思います。

そこで今回は牧師と神父の違いについてお話していきます!

明確な違いはキリスト教の「教派」の違い

牧師と神父は、まずキリスト教の宗派が違います。

キリスト教といっても一括りにはされずいくつかの宗派に分かれているのですが、そのうちの二つにカトリックとプロテスタントという教派が存在します。

牧師はプロテスタント
神父はカトリック

という風に分かれています。

牧師はプロテスタントの教職者

牧師はプロテスタントの教職者の職名です。
教区や教会を管理しており、信仰を指導している信徒の代表の人です。

ちなみに、牧師も神父も聖職者だと思われている事が多いですが、正しくは牧師は聖職者とは違い「教職者」という括りです。

「教職者」とは、キリスト教の「教義を教える」人。という意味です。

リーダーや先生みたいな立ち位置という認識だとわかりやすいかと思います。
なので、牧師は結婚をすることも可能ですし、教派によっては女性でも牧師になることが出来るのです!

神父はカトリックの聖職者

神父はカトリック教会などにおける司祭の尊称であり、正式な職名ではありません。
神父には誰でもなれるわけではなく、なる為には「神に認められた使徒」になる必要があるのです。

使徒継承の位階制度は、グレードがあり、

  1. 司教
  2. 司祭
  3. 助祭

の3つがあります。

立場を分かりやすく言うと、司教は司祭から見て上司のようなもの、助祭はアシスタントや部下みたいなものです。

神父はミサ(葬儀の事)をあげたり、堅信や聖体、洗礼などの儀式を行ったりするなど、信徒にはない権限と地位を持っています。

しかし聖職者であるため、神父となった後に結婚する事は認められておらず、女性は神父になれないなどの制限があります。
(結婚に関して:カトリックの場合、聖職者になる前であれば結婚していても良い)

結婚式の進行をしているのは大抵「牧師」

結婚式にいるのって牧師か神父どっちだっけ?
という疑問に関してですが、結婚式の進行をしているのはほとんどの場合牧師さんであるみたいです。

その理由に関して、まず一つは、
カトリックの場合、結婚式を挙げるには新郎新婦のどちらかがカトリックを信仰している必要があります。
なので、親族がカトリック信者であるなど例外がない場合、基本的に信者以外の方がカトリックの流儀で式を行うことはないようです。

プロテスタントの場合は、カトリックほど式を挙げる基準が厳しくありません。
なので、日本で行われている教会式はほとんどがプロテスタントである為、牧師さんだということです。

牧師と神父の服装の違い

最後に、牧師と神父の服装の違いがあるのかどうかについてお話します。

牧師さんの普段着は白い詰め襟のシャツにスーツです。
結婚式などの儀礼の時には「キャソック」と呼ばれる黒いガウンを羽織ります。
さらにその上にストール、マントを重ねる事もあります。
プロテスタントの中でも色々あるそうなので、一概に「これ」という決まりはないそうです。

神父さんの普段着は「スータン」と呼ばれる真っ黒で足元丈の学生服のような服装です。
儀式の時にはスータンの上に白色のガウンのような服を羽織り、さらにストール、マントを重ね着するそうです。

牧師も神父も、儀式の際には上から色々たくさん重ね着するので、はっきりいって素人にはその違いはよくわかりません!

まとめ

最後に改めて牧師と神父の違いをまとめます。

  • 牧師はプロテスタン
  • 神父はカトリッ
  • 日本で結婚式を執り行っているのはたいてい牧師さ
  • 牧師さんの普段着はスー
  • 神父さんの普段着は黒い学生服みたいな「スータン
  • どちらも儀式の時には重ね着をするので素人には見分けられない

自分がキリスト教徒でもなければ、接する機会といえばほとんど結婚式ぐらいしかないですが、そこでお会いするのはたいてい牧師さんなんですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする