一姫二太郎の意味知っていますか?意外と間違えている?語源や使い方

一姫二太郎
「一姫二太郎」って1度は聞いたことあるかと思います。
ですが、これの正しい意味って知っていますか?

子供を産むとき、性別が分かる前は「やっぱり一姫二太郎がいいの?」と聞かれたりしたこともありましたが、私は「子供を産むなら女の子一人、男の子が二人の方がいいという意味なのかな?」とか思っていたのですが、正直どういう意味なのか理解出来ていませんでした。

なので、今回は「一姫二太郎」の本当の意味や語源、それに合わせて正しい使い方などについて調べてみました。

一姫二太郎の意味、語源は?

一姫二太郎の意味は、

子を持つならば一人目は女の子で二人目は男の子が良い。
ということ

語源由来辞典より引用

ということは、はじめに私が予想していた「子供は女の子が一人で男の子二人が良い」
という意味は間違っていたという事ですね。

しかし案外、私と同じように間違って解釈されている方も多いのではないかと思います。
では、このように言われるようになったのか、語源についてお話していきます。

語源・由来について

女の子は男の子に比べて夜泣きが少ない、病気になりにくいなど、
比較的育てやすいと言われています。

そのため、一人目は女の子の方が育児をしやすいのではという事で
「一姫二太郎」と言われるようになったという事なのです。

私は男の子の母親なのですが、確かに男の子難しい・・・
気持ちを理解するのが大変、というのはありますね。
反対に女の子だと、同じ女同士ということで分かり合えることが多いのではと思いますね。

また、子供は後継ぎとなる男の子の方が産まれることを望まれていた傾向があったので、女の子だったとしてもがっかりしないための慰めとしての意味でも使われたという説もあります。

理想ではあるけれど・・・

こう見ると「一姫二太郎」とても魅力的ですね。
出来ることならうちの子供たちも「一姫二太郎」が良かったなぁなんて思うのが本音です。

ただ、これは何でもそうなのですけど人それぞれです。

子供ってそれぞれ全然違いますよね。
私のように、弟が出来てもお世話をしたがらないお姉ちゃんも少なからずいます!
反対に、男の子でも、弟や妹のお世話をしてくれるお兄ちゃんだっていますし、
兄弟の形は色々なのだと思います。

だから、一番お伝えしたいのは、「一姫二太郎」は確かに羨ましいですけど
「一姫二太郎」でなかったからといってがっかりしないでください。

太郎は長男のことを指している

私のように意味を勘違いしてしまう理由は、「二太郎」という部分から二人の男の子という意味だと現代では解釈しやすいからだと思います。

ですが、源氏物語にも出てくるのですが
「太郎」は男の子という意味ではなく「長男」のことなのだそうです。なので、「一姫二太郎」を男の子が二人だと解釈してしまうと、長男が二人ということになって意味が通じなくなるので、(双子だとしても必ずどちらかは長男で、次男ですよね)間違いであるということです。

ただし、これはあくまでも二人目までの理想的な順番の事しか指していないです。

兄弟は必ず二人兄弟だとは限りませんよね。ですので、
一人目:女の子
二人目:男の子
三人目:男の子
だったとすれば「一姫二太郎の三兄弟」と言うのは間違いではないということです。

この場合、意味を勘違いしてしまう人がさらに増えてしまいそうですが・・・
使い方としては間違いではないですね。

「一姫二太郎」の正しい使い方5つ!

「一姫二太郎」の正しい意味と語源についてお伝えしましたが、それではどういう使い方があるのか、具体的に例文5つをご紹介していきます。

  • うちは男の子二人兄弟なので、一姫二太郎が羨ましいです。
  • 弟が産まれたの?一姫二太郎だね、おめでとう。
  • 面倒見がいいお姉ちゃんだね。一姫二太郎はいいなぁ。
  • 〇〇さんのとこ一姫二太郎だよね。実際どんな感じなの?
  • やっぱり子供を産むなら一姫二太郎が理想だなぁ。

こんな感じで使われます。意味を理解していれば間違えることはないかと思います。
やはり、一姫二太郎は理想の順番とされているという事で羨ましいな~とか、おめでとう!
という感じで使うことがほとんどですね。

一姫二太郎・・・三なすび?

「一姫二太郎」について調べていると、一姫二太郎三なすびや、一姫二太郎三かぼちゃという言葉を見かけました。

一姫二太郎までは意味わかったけど、三なすびって?一姫二太郎の類義語?三人目はなすびみたいな子がいいの?!と一瞬混乱しましたが、これはただの言葉遊びだそう。

「一富士二鷹三茄子」と「一姫二太郎」をかけただけだということです。言葉遊びというよりただ混ざってしまっただけのようにも感じますが、直接関係はないようなので気にしなくて良いみたいですね。

三かぼちゃは、調べてみると志村けんさんの舞台でしたので、こちらも一姫二太郎の意味とは直接関係はないものでした!