「置いてきぼり」と「置いてけぼり」どっちが正しい?それとも同じ?

「置いてきぼり」と「置いてけぼり」の違い、分かりますか?
どちらの言葉が正しいのでしょうか?
それとも同じ?

実は語源もちょっと面白いエピソードがあるので紹介しますね。

「置いてきぼり」「置いてけぼり」はどういう意味?

「置いてきぼり」「置いてけぼり」とは
見捨てていくこと。
置き去りにすること。
です。

また類義語として、
放置。
置きっぱなし。
ほったらかし。
と言い換えることも出来ます。

「置いてけぼりを食う」も同じ意味で使います。

「置いてきぼり」「置いてけぼり」どっちも意味は変わらないですね。

「置いてきぼり」「置いてけぼり」どちらが正しい?

実はこの2つの言葉。成り立ちは「置いてけぼり」という言葉が先にあって「置いてきぼり」が後に出てきました。

「置いてけぼり」にはちゃんとした語源、由来があります。
それは【江戸の七不思議】と言われた怪談話の一つ「置いてけ堀」。

この怪談が「置いてけぼり」の語源で、その後「置いてきぼり」も登場しました。
これはおそらく、よくある言葉の「なまり」による変化のようです。

現在はどちらが正しいとかはなく、どちらの言葉を使ってもよいそうです。

使い方が違う?「置いてきぼり」か「置いてけぼり」か

どちらの言葉を使っても正しい。と先に言いましたが、正確には「置いてきぼり」と「置いてけぼり」では微妙に使い方、言葉のニュアンスが違うそうです。

難しい文法用語でいうところの
「置いてきぼり」は自動詞
「置いてけぼり」が他動詞
という事なんですが、その違いはというと、

「置いてきぼり」(自動詞)は【主語(自分)がやる動作】を表すので、例えば
「私が置いてきぼりにして帰ったの」
という使い方になります。

一方・・・

「置いてけぼり」(他動詞)は【何か(他人)にやられた動作】を表します。例えば
「彼女に置いてけぼりをくらったんだよ」
という使い方になります。

ただし、上記のように文法上使い方が違うとされていますが、実際はそんな厳密に使い分けをされてはおらず、単に言いやすい方を使えばOK。意味も全く問題なく伝わりますので、やっぱり両者の違いは無い!といって差し支えないでしょうね。

「置いてきぼり」「置いてけぼり」
の語源は江戸の怪談話

先にも少し紹介しましたが、
「置いてきぼり」「置いてけぼり」には実ははっきりとした語源、由来があります。
それは「置いてけ堀」という怪談話。
江戸の七不思議の一つといわれた有名な怪談です。

現在の東京都墨田区のあたりに釣り人で賑わう池(お堀)があった。
釣り人が夕方、魚を釣って帰ろうとすると
「置いてけー、置いてけー」
と声が聞こえる。

薄暗い中、人の気配はなく、どうもその声は池の方から聞こえてくる。

釣り人は怖くなり、魚を置き去りにして一目散に逃げた・・・。

怪談話が語源になっているなんて驚きました。
声が聞こえてくるなんてとても怖いですよね。

ちなみに江戸の七不思議と呼ばれている怪談話は

  • 送り提灯
  • 片葉の葦
  • 足洗い屋敷
  • 落葉しない椎の木
  • 消えずの行灯
  • 送り拍子木
  • 置いてけ堀

となっています。

まとめ

「置いてきぼり」と「置いてけぼり」。
一緒のようで実は一緒ではなかったですよね。

「き」と「け」一文字違うと自動詞と他動詞で違ってしまう不思議な言葉でした。

日本語は難しいですが、使い分ける事が出来ると素敵です。
普段何気なく使っている言葉にも発見があって楽しいですね。