縁起物の食べ物やお菓子まとめ。縁起を担いで幸運ゲット!?

縁起物の食べ物

縁起物、と聞いて思い浮かべる食べ物やお菓子。
あなたはどんなものを思い浮かべましたか?

年の初めのお正月にはおせちに色々な縁起物が登場しますし、受験の時は験を担いだりします。結婚式にも縁起物が色々登場しますよね。

人生の節目など大きなイベントで度々登場する縁起物。
食べ物やお菓子に焦点を当てて調べてみました。

お正月に食べる縁起のよい食べ物

まずはおせち料理です。
一年の初めに登場する縁起物。代表的なものを見ていきます。

栗金団

私にとっては、おせちと言えば栗金団です。
おせちの中ではデザート的な存在ですね。

栗金団は、鮮やかな黄色をしています。
このことから金運など豊かさを運んでくれる。としておせちの中に入れられます。

紅白かまぼこ

色鮮やかな食べ物としては、紅白かまぼこもおせちに入っていますね。

紅は喜びや魔除けを、白は神聖である事を意味していて、かまぼこの半円型は日の出を連想させる。ということで、これも縁起物です。

おせちを食べる側から作る側になると、売られている紅白かまぼこを買って来て切ればいいだけ、という簡単さが嬉しいです。

かまぼこと言えば、松竹梅のものもありますね。
松は「永遠の命」、竹は「誠実で強い心」、梅は「開運」の象徴とされ、こちらもやはり縁起物。
お雑煮に入っているイメージがあります。

数の子

プチプチとした食感が楽しい数の子。
卵の数が多いことから、子孫繁栄を願って入れられます。
女の子は親にしっかり食べておけ。と言われるんですよね。

伊達巻

一説に伊達政宗の好物であったのでその名が付いたと言われる伊達巻。
これは伊達巻の形が巻物に見える。ということから学業成就の縁起物です。
受験の時にも良さそうですね。

黒豆

幼い頃は箸でつまむのが難しい黒豆。
これは魔除けの意味があるとしておせちに入る縁起物です。

昆布

よく知られていると思います。喜ぶ、ですね。
打ちあわび+勝ち栗+昆布、と三つを合わせて食べて、「打ち勝ちよろこぶ」を表したりするようです。

海老

アレルギーのある人はおせちを見ると悲しくなったりしますよね。
美味しいし好きなのに食べたら蕁麻疹が…という人、身近にいます。

海老は、曲がった形が老人を連想させることから、健康や長寿の象徴です。
縁起物としていただくときは、伸ばして海老フライにはしない方が良いかもしれませんね。

たたきごぼう

ごぼうは根が深いことから、将来が安泰になる。という意味の縁起物。
また、開きごぼうとも言うようで、開運の縁起物でもあるそうですよ。

鯛・鰤

尾頭付きの鯛は超高級おせちでないとなかなか登場しませんが、メジャーな縁起物ですね。
鯛は「めでたい」。
鰤は出世魚ですね。

受験など勝負事の時の縁起担ぎの食べ物

続いては受験などの勝負事の時によく食べられている縁起物です。

最も有名なのはカツ丼やトンカツなど「カツ」を使った料理でしょうか。
その名の通り、「勝つ」ですよね。

他にも、受験勉強中の夜食に「おむすび」。
「結びつける」ということで、自分と勝利を、自分と志望校を結びつけてもらうという験担ぎです。
ちなみにおむすびの山型ですが、その昔山を神聖視していた農民が神様の力を授けてもらおう、という意図で作ったのだそう。
勝負事でも神様はお力を授けてくださるでしょうか。

他にも、
納豆などのネバネバしたものは「Never give up」
ウィンナーは「Winner」
いりこは「入校」

など、様々なものがあるようです。

食べる、と言うより置物の方が一般的かもしれませんが、蛸も大事な試験を控えた受験生には縁起物ですね。
蛸は英語で「Octopus」=「置くとパス」。ということですね。
蛸のキーホルダーを鞄や筆箱に付けていたら、受験生かもしれません。

縁起の良いお菓子・結婚式の引出物編

ここからはお菓子編です。

縁起物のお菓子といえば、結婚式の引菓子や七五三の千歳飴でしょうか。
あと最近の受験シーズンではお菓子の名前がゲン担ぎっぽいものになるものもありますよね。

まずは結婚式の引菓子。様々な物がありますよね。

余談ですが、最近の結婚式は、引出物を各自宅に送って、出席者達は大きな荷物を抱えて帰らなくても良い、というシステムができているようです。便利ですね。

バウムクーヘン

よく用いられるのはバウムクーヘンでしょうか。ドイツ発祥のお菓子ですね。

バウムクーヘンは「年輪ケーキ」という意味。バウムクーヘンの層が年輪のようですよね。
そのたくさん重なった年輪が、繁栄や長寿を連想させる。ということで、引菓子に用いられるようになったそうです。

金平糖

少量ずつ包んで渡したりする金平糖。カラフルで形も可愛らしいですよね。
金平糖は、作るのにとても時間のかかるお菓子。夫婦も時間をかけて家庭を築いていこう。ということで、夫婦円満を表す縁起物です。

紅白饅頭

紅白かまぼこと同じ、紅白のお饅頭。
紅白であることに加えて、餡に使われる小豆は「魔除け」の意味があるとして、よく用いられる縁起物です。

ドラジェ

最近よく目にするようになった「ドラジェ」というお菓子。
名前はあまり聞き慣れないかもしれませんが、恐らく目にしたことはあると思います。
イタリア発祥のお菓子で、アーモンドを砂糖でコーティングした、パステルカラーが可愛いお菓子です。

アーモンドは一房に多くの実をつけることから、子孫繁栄を表します。
引菓子に用いられる際は五粒セットになっている事が多いです。
「子孫繁栄」、「健康」、「長寿」、「幸せ」、「富」をそれぞれ表すのだそう。

意味もあわせて覚えておきたいですね。

たい焼き

小さなたい焼きが引菓子になっていたりしますよね。
「めでたい」の鯛と、餡に使われる小豆、という組み合わせから、やはりこれも縁起物。
頭から食べるか尾から食べるか、議論の分かれるところです。

縁起の良いお菓子・七五三、受験シーズン編

千歳飴

七五三の時にもらって嬉しいんですよね、千歳飴。
しかし特に三歳の時は、自分の体に対して千歳飴が長すぎて、早々に親に預けてしまったりしますが。あとは、舐めても舐めてもなかなかなくならなくて、ものの数分で飽きてしまったり。時々、千歳飴は噛み砕くものだ、という強者もいますが。

そんな千歳飴ですが、引っ張ると伸びることから、子どもの健康、長寿を願う縁起物です。
歳の数だけ袋に入れてもらうと良いそうです。節分の豆と同じですね。

受験シーズンのお菓子

スーパーやコンビニなどのお菓子コーナーにて、受験シーズンが近付くと「あれ、こんな名前だったっけ?」と首を傾げる商品が出現します。

「カール」→「ウカール」(受かる)
「Toppo」→「Toppa」(突破)
「ハイレモン」→「ハイレルモン」(入れるもん!)

etc…
年々種類が増えていきますよね。

特に名前を変えずに、験担ぎに一役買っているお菓子もあります。

「KitKat」は九州あたりの方言の「きっと勝つと」
「キシリトール」は「きっちり通る」

などです。

私が大学受験をしたときはむしろKitKatしかなかったような…。
お菓子ではありませんが、五角(合格)鉛筆とKitKatを持って受験会場に行った気がします。

おわりに

全てを網羅しているわけではありませんが、有名どころを紹介しました。
どれも、何気ない日常でも食べる料理やお菓子ですが、特別な時に食べると縁起物。

一般に知られていないだけで実は縁起物、というものが、まだまだ眠っているかもしれませんし、これから何か作り出されるのかも。

新しく自分で考案するのも、自分だけの特別として楽しめるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする