おはぎとぼたもちの違いって何?正しい分け方はあるの?

おはぎとぼたもちの違い

おはぎとぼたもちの違いって知っていますか?
私はなんとなく、こしあんがおはぎで、つぶあんがぼたもちかな?とか、地域によって呼び方が違う?それとも大きさの違い?なんて思っていたのですが、はっきりとした違いを知りませんでした。

間違って解釈していたらちょっと恥ずかしいので、おはぎとぼたもちの違いについて調べてみました。

おはぎとぼたもちは一緒!由来は季節の花

結論、おはぎとぼたもちは、基本的には同じものの事を指していました。
実は、季節によって呼び方が変わるそうなのです。
ややこしい!

それぞれ漢字で書くと、
「お萩(おはぎ)」
「牡丹餅(ぼたもち)」
と書きます。

漢字を見ると「あ、そういうことか」と思った方もいるのではないでしょうか?

おはぎのはぎは「萩」のことです。
萩の季節である、秋のお彼岸に食べるものの事です。
小豆の粒を萩に見立てたものだそうです。

そしてぼたもちは、牡丹の咲く季節、春のお彼岸に食べるものの事で、こちらは小豆を牡丹に見立てたものです。

秋のお彼岸にはおはぎ、春のお彼岸にはぼたもち、と呼び方が変わっていくと覚えておくといいです。

だけど、秋じゃなくても年中「おはぎ」として売られているのを和菓子屋で見たことがありませんか?
厳重に、きちんと使い分けなければいけない!と決まっているわけではなく、最近では、おはぎかぼたもちか、どちらかで統一されることが多いです。

夏と冬は?

ちなみに・・・
ぼたもちは春、おはぎは秋の呼び方だということがわかりましたが、夏と冬の季節の時でも、きちんと呼び方はあるそうです。

夏は「夜船(よふね)」
冬は「北窓(きたまど)」
です。
なんだか、お餅の名前という感じがしないというか、かっこいいですよね!

このような呼び方になった理由は、どちらも言葉遊びからついた名前だそうです。

おはぎやぼたもちは、お餅とは違って杵を使って餅つきをせずに作れるため、音がしません。
いつ搗いたのかが分からないことから「搗き知らず」と言われましたが、これと夜暗くて船がいつ着いたかわからない様子をいう「着き知らず」をかけて「夜船」となりました。

冬の「北窓」の由来は、こちらも「搗き知らず」までは同じです。
北向きの窓からは月が見えない「月知らず」、こちらをかけて、「北窓」となりました。

どちらも少し強引なようですが、言葉遊びは面白いですね。
しかも昔の言葉遊びはなんだかちょっとおしゃれじゃないですか。

夜船と北窓は、お萩と牡丹餅に比べると圧倒的に知名度は低く、今はお萩か牡丹餅で統一されるので、使う場面はほとんどないかと思いますが、知っていて面白い豆知識ではありますよね。

こしあんとつぶあん、それぞれ分けられてる?

呼び方の使い分け方は季節によって違うと分かりました。

ですが最初に話した、こしあんとつぶあんで分かれているのかな?という疑問も気になったので調べると、間違いではなかった可能性もありました!

あんこが作られる材料である小豆は、収穫時期は秋頃です。
秋と言えば秋のお彼岸、お萩を食べる時期と重なりますね。
ちょうど収穫時期の小豆は、とても柔らかく皮ごと食べてもおいしいので、粒あんで食べることが出来ます。

春頃になると、小豆の皮は固くなってしまっているので、粒あんではなくこしあんで食べる方が美味しい、という事で春に食べるぼたもちはこしあんで作られていました。

ですが、今の時代は色々進化していっていますよね。
あんこも、粒あんでもこしあんでも年中おいしいあんこが作れる技術は発達しています。なので、この理屈は現代では通らないかなと思います。
だけど、昔からおはぎは粒あんで、ぼたもちはこしあんで食べられてきたから、収穫時期関係なくそれを続けているのかなと思います。

大きさによる違いもある

更に、あんこの種類だけでなく大きさに関しても違いはあるという説も出てきました。

萩は小さな花なので、おはぎは少し小さめに作られ、反対に牡丹は大きな花ということで、ぼたもちも大きめに作られているのです。

おはぎとぼたもちの違いやあんこは食べる季節によって決まっていたり、由来や大きさが、季節の花と関係していて、色々奥深いことが分かりました。面白いですよね。