お節介と親切の違いって?お節介焼きと上手に付き合う3つのポイント

お節介と親切の違い

その行動はお節介ですか?親切ですか?

どちらも相手のことを思ってする行動ですが、お節介と親切では相手が思う気持ちが全然違います。

お節介と親切はどう違うのでしょうか。
親切とお節介の違いを見ていきたいと思います。

お節介と親切の違い

まずは、お節介と親切のそれぞれの意味を見ていきたいと思います。

お節介とは、人が必要としていないのに出しゃばって世話を焼くことです。
不要な世話焼きでかえって迷惑となる行為を「お節介」と言います。

親切とは、相手の身になってその人のために何かをすることです。
お節介との一番の違いは、相手の必要な時に必要な助けを行う「相手本位」というスタンスです。

つまり、相手の人の助けに本当になっているかいないか。が違いですね。
相手の人が不必要と思っているのに余計な世話を焼く「お節介」は自己満足な行為ともいえます。

お節介な人の5つの特徴

お節介を焼いてしまう人には、一般的にこんな特徴がある。と言われています。

・人と接することが好き
お節介な人は人が好きなので、明るく積極的に色々な人と関わろうとします。
また人とコミュニケーションをとり、距離をつめて仲良くなろうとします。

・周りの事が気になり詮索することが好き
色々な人と関わることが好きなので、周りの人のことが気になり声をかけたり知りたがったりする傾向があります。

・自分のことより他の人を優先する
人と関わりお世話をしたい。という気持ちが強いために自分のことよりも周りの人のことを先にしてあげたいという気持ちがあります。

・口が軽いことが多い
話をすることも好きなので色々なところで色々な人と話をして、ついつい話さなくていいことも話をしてしまうことがあります。

・主観的に物事をとらえる
相手がして欲しいと思っているかいないかではなく、自分がしてあげたいと思うと世話を焼いてしまい、その行為が結果お節介になってしまいます。

~~~~~

「人が好き」で「人の事を優先する」のは長所にも見えますが、「詮索して」「主観で捉えがち」な部分がお節介に繋がる短所のようですね。

もともとお世話が好きでお節介な性格な人もいますが、一歩間違えるとどんな人もお節介をすることがありそうですね。

お節介の人との上手な3つの付き合い方

近くにいる人がお節介焼きで困る!
そんな人との上手い付き合い方のポイントを3つ挙げます。

・はっきりと伝える
お節介な人は自覚がなく親切にしていると思っているので、はっきりと迷惑ですと伝えることが一つの手段です。

・距離をおく
距離をつめてあれこれと聞き出したり知りたがったりするので、距離を置いて詮索されないようにすることも有効です。

・面倒なことを頼む
あえてこちらからめんどくさいことをお願いすると引き受けてくれますが、相手もめんどくさいと思うのであまりお節介をしなくなります。

まとめ

親切もお節介も相手のことを考えての行為ですが、相手がその行為を必要としているかどうかを見極めることが大切です。
相手の気持ちを考えるということは何をするにも大切なので、いつも気にかけていたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする