大雑把な人が向いてる仕事とは?

大雑把な人が向いてる仕事とは?

大雑把な人にどのような印象を持つでしょうか。

人それぞれ個性が違い、それぞれ得意なこと、不得意なこと、向いていること、不向きなことがありますが、大雑把の人の特徴や向いている仕事についてみていきたいと思います。

大雑把の意味とはどういう意味?

まず、大雑把とはどういう意味なのでしょうか。

大雑把の意味は、
細部まで注意がいき届かず雑なこと。
細部にこだわらず全体を見ること。
です。

大雑把は字の中にも入っているように雑というイメージがあり、マイナスイメージを持ちやすいですが、言い換えた言葉や類義語はどうなのでしょうか。

大雑把の言い換え

大雑把の意味はマイナスなイメージでしたが、言い換えたり類義語では、

おおらかな。
豪快。

という言葉があり、ポジティブな意味でも捉えられそうです。

大雑把の類義語(おおらかな。豪快。)の意味

では、ポジティブなイメージを持つおおらかな。と豪快。の意味はどういう意味でしょうか。

「おおらかな」はゆったりとしていて心にゆとりがある。
また、小さなことにとらわれないという意味です。

「豪快」はすることが大胆で気持ちがよいという意味です。

1つの言葉でもいい面、良くない面と見つける事ができましたね。

大雑把な人のいい面、良くない面

類義語の意味も見てきましたが、大雑把な人のいい面と良くない面(特徴)はどういうところでしょうか。

・行動力があること
性格的に、細かい事をあまり気にしないため考えたり思ったりしたことをすぐに行動にうつすことが出来ます。

・計画を立てるのが苦手なこと
大雑把な人は思いたったらすぐに行動をするので、細かい計画を立てたり、それに沿って行動することが苦手です。

・興味をもたないこと
1つの事の細かい所まで集中することが出来ないので、興味を持って1つのことを追求することが苦手です。

このことから、細部の作業より行動する方が得意な事がわかってきました。

大雑把な人が向いてる仕事は何?

意味や特徴がわかったところで、大雑把な人はどのような業種の仕事が向いているのか見て行きたいと思います。

・営業職
人間関係において大雑把な人は細かい事を気にせず人当たりも良いので、とても愛想よく営業をする事が出来ます。

・接客職
接客業はコミュニケーションを必要とする仕事です。人との関わりを積極的に出来るため、お客様に接客することが出来ます。

・ディレクター職
ディレクターも多くの人と関わる事が必要な仕事です。人見知りをせずに人と関わることが出来ますし周りの人をまとめることが出来ます。

・マネジメント職
1つのチームで行う時にはチーム内のコミュニケーションが必要です。又、まとめ役も必要です。得意な人間関係やまとめることを活かす事が出来ます。

人との関わりやまとめることが得意で上記のような仕事が向いていることがわかりましたね。

まとめ

大雑把な人について意味や言い換え(類義語)又、向いてる仕事を見てきました。

世の中には色々な人が居て1人の人の性格にもいい面、良くない面があります。
いい面を活かしていく事でその人にあった素敵な仕事につく事が出来そうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする