お釈迦様の誕生日はいつ?お祝いの行事「花まつり」とは?

花まつり

イエスキリストの誕生日は12月25日と世の中で有名ですが、お釈迦様の誕生日はいつかご存知ですか?

お釈迦様の誕生日はいつなのか。
お誕生日には何かお祝いがあるのか。
を見ていきたいと思います。

お釈迦様の誕生日は4月8日

お釈迦様は、今から約2600年前の4月8日(旧暦)にインドの北部にあるルンビニーの花園で生まれました。
そこでお釈迦様のお母様が無優樹(ムユージュ)の花びらに触れた時に、急に産気づいてお釈迦様が生まれたそうです。
花園で生まれるなんて素敵ですね。

ちなみにその頃の暦は旧暦(太陰暦)で数えていました。
旧暦は月の満ち欠けを基準にしており、毎月第1日目が新月の日です。
なので8日は半月の頃、ちょうど上弦の月のあたりになります。
お釈迦様はとても素敵な日に生まれたのですね。

新暦では、日にちがその年によって変わってしまうので、今の日本は4月8日をお釈迦様のお誕生日としています。

お誕生日はおはなまつりでお祝い

イエスキリストのお誕生日はクリスマスですが、お釈迦様のお誕生日は「花まつり」でお祝いします。

花まつりは各地のお寺を中心に行われていて、お花で飾られたお堂に立つお釈迦様の像に甘茶をかけます。
甘茶をかけることを灌仏(かんぶつ)といいますので、花まつりのことを灌仏会(かんぶつえ)ともいいます。

お堂のお釈迦様の像は理解出来ますが、なぜ甘茶をかけるのでしょうか。

甘茶をお釈迦様にかけるのはなぜ?

お釈迦様に甘茶をかける由来は、お釈迦様が生まれた時に天に9匹の龍が現れて甘露の雨を降らせたといわれているからです。

甘露とは、漢字そのまま「甘い露」のこととされていて、世界の気が完全に調和すると降ってくるとされていたりします。

また、中国の神話では西方(インド?天竺?)にすむ異界民である沃民(ようみん、よくみん)が飲んでいた水であるとされていたり、インドの古代神話に登場する不死の水「アムリタ」のことを指しているとする説もあります。

甘茶とは?

花まつりにお釈迦様の像にかける「甘茶」
単にお茶に砂糖でも混ぜているのかと思ったら、全然違うものでした。

使うのはヤマアジサイの変異種「アマチャ」の若葉を蒸して揉んで乾燥させたもの。
これを煎じたものが「甘茶」です。また「天茶」ともいいます。

ちなみに、似た名前のお茶で「アマチャヅル(甘茶蔓)」というものもありますが、こちらは全くの別物。
健康茶の一種ではありますが、花まつりでは使いません。

「アマチャ」の若葉を使うから「甘茶」なんですが、その味は実際甘く、砂糖の200倍から1000倍もの甘みがあるそうです。

私は知りませんでしたが販売もされています。
飲んでみたくなりますね。

【国産 100%】 甘茶 50g 無添加 福岡県産
  • 巣鴨のお茶屋さん山年園
  • 価格   ¥ 1,700
  • 販売者 巣鴨のお茶屋さん山年園
アマゾンでチェックする

まとめ

お釈迦様お誕生にはやっぱりすごいエピソードがありましたね。

4月8日にはお釈迦様の誕生日をお祝いする日ですが、この世の一人一人が尊い存在であるという命の尊さと共生の大切さを讃える日でもあります。

4月8日という日を大切に過ごしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする