「油を売る」の由来、語源は江戸の訪問販売員?!

油を売る

よく仕事中にちょっとサボっていたりすると、「また油売ってるな」と言われたことはないですか?
若い世代はあまり使わないかもしれませんが、年配の方はよく使う言葉のようです。

では、なぜサボる=油を売るになるのでしょうか?
その由来、語源についてまとめました。

「油を売る」の由来・語源

「油を売る」という言葉のそもそもの語源は、江戸時代にあった商売「油売り」だと言われています。

この油売りの売っていた油とは女性の髪結い用の油でした。
(提灯(ちょうちん)用の油という説もあります)

油は日本で古くから使われており、奈良時代から食用として使用しされていました。
油は昔から部屋の明かりに使われる貴重なものでしたが、江戸時代頃から一般庶民にも普及し始め、女性の髪油として使われ始め、油売りが一軒一軒回って女性に油を売っていたそうです。

油を売る際、桶から客が用意した容器に移し替えて売っていたのですが、油は粘度が高いため容器に移し替えるのに時間を要しました。

その移し替える間の時間、油売りも客の女性と世間話をして時間を潰していたようです。

実際は仕事をしているのですが、これらの様子が仕事の合間にサボっているように見えたため、「油を売る」という表現がサボっている事を指す様になったのです。

もしこれが男性客ならそのような表現はされていないかもしれませんね。
やはり女性相手だから、そのような言い方をされたのではないでしょうか?
お話し好きな女性も多いでしょうし、もちろん美人相手だと少しでも長居しようと思うのも男性の心理でしょうから。

また、油は気温に影響されやすく気温が高くなると膨張する性質を利用して、かさ増しして油を売るために午前中は油を売らずに世間話だけで、午後から油を売っていた。という話もあります。

そんな労働時間の短い油売りを揶揄して「油を売る」と表現したという説もあります。

いずれにせよ、油を売るために時間を潰していただけで、仕事を完全にサボっていたわけではありません。
ですが現代においては、「油を売る」という表現は仕事中や作業中にサボることを意味します。

「油を売る」の使い方・例文

ここでは、「油を売る」の使い方・例文を紹介したいと思います。

仕事をサボるといっても、仕事中に一時的にサボる時に使うのであって、一日中仕事もせず家でぐうたらしているのは「油を売る」とは言わないので注意してください。

「休憩室で油売ってばかりいないで、早く仕事に戻りなさい。」
「漫画ばっかり読んで油売ってないで、早く勉強しなさい。」
「必死にパソコンの画面を睨んで仕事熱心だと思ったら、ゲームやって油を売ってるんじゃないの。」

やはり、仕事や勉強など何か作業中に手をとめている時に使われることが多いですね。

「油を売る」の類語

「油を売る」の類語は、たくさんあります。
ただし、【本来やらないといけないことをやらない】という定義での類語になります。

道草をする
寄り道をする
だらける
無精をする
横道にそれる

など、やはりいい意味で使うものはひとつもありませんね。

「油を売る」を英語で言うと

「油を売る」は英語では
idle one’s time away、loaf(about)、dawdle
になります。

He must be loitering on the way
「彼は途中で油を売っているに違いない。」のように表現されます。

もちろん英語では「油を売る」というような慣用句はないので「サボっている」「時間を潰している」などの意味合いで使われます。