暖房器具の電気代を比較して賢く使おう

暖房器具の電気代を比較して賢く使おう

寒い季節には欠かせない暖房器具。
といっても暖房器具の種類はたくさんありますよね。

エアコン、ファンヒーターやオイルヒーターの他にも電気ストーブや電気毛布、さらに馴染みのあるコタツなどがありますが、どれが一番安くて節約出来るのでしょうか。

それぞれの暖房器具の特徴

暖房器具は色々ありますが、状況や場所によって使うものが変わってくると思います。
それぞれの暖房器具のメリット、デメリットを知って賢く使いたいものです。

エアコンは暖かい空気を循環させて部屋などの広い空間を暖める事が出来ますが、暖まるまでに時間がかかります。
しかしどんどん高性能化が進んでいて、人の居る場所をピンポイントで優先的に暖めたりする機能などが登場しています。

ファンヒーターもエアコンと同じように暖かい空気を循環させて部屋を暖め、暖まるまでに時間がかかりますがエアコンと比較すると狭い空間を暖める事に向いています。

オイルヒーターは本体の放熱によって出来る暖かい空気で暖め、風が出ないことにより空気中の乾燥を避ける事ができますが、本体内のオイルが過熱され、全体が暖まるには時間がかかります。
長時間暖めたい時に優れています。

電気ストーブは本体から熱エネルギー(赤外線・遠赤外線)を発して、主に目前にあるものを輻射熱で暖め、すぐに暖めることが出来ます。
暖めたいところが決まっている時に適しています。

電気毛布は毛布の中に電熱線が入っており、そこに電気を流すことで毛布を暖める暖房器具です。
すぐに暖まりますが、広範囲ではなく暖めたいところを重点的に暖めるのにむいています。

コタツはこたつテーブルの下に発熱体を設置してスイッチを入れると輻射を発生させます。
こたつ布団でテーブルの中に狭い空間を作り、コタツの中の空間を暖めます。
すぐに暖まりますがコタツの中だけを暖めるので、足や手を暖めることに特化しています。

暖房器具の特徴を知ることで、自分の環境にあった器具を選ぶことがまず一番大事ですね。
それでは、それぞれの特徴を知った上で電気代はどのくらいでしょうか。

暖房器具の電気代を比較してみる

*1kWhあたり27円で電気代を計算しています。

エアコン…1時間あたり3.0~21.1円。
意外に安いですね。
昔は高いイメージでしたが現代は性能も良くなっています。
家族で同じ空間に居て暖まるなら効率がいいですね。

ファンヒーター…1時間あたりの光熱費:強(1200W)約32円/弱(600W)約16円。
狭いところを暖めるのに適しているので脱衣所などにむいていますね。
少し高いので長時間にはむいていません。

オイルヒーター…1時間あたり15円。
部屋が乾燥することはありませんが気密性・断熱性の高い部屋でこそ力を発揮してくれるので、(すきま風が入るような)古い家や(10畳を超えるような)広いリビングではなかなか効率が悪いです。

電気ストーブ…1時間あたりの光熱(1,000Wの場合):約27円。
狭い範囲を暖めることが特徴です。
高いのでファンヒーターと同じく長時間にはむいていません。

電気毛布…1時間あたり約0.1~0.8円。
ダントツに安いですね。
1人で少し暖まりたい時には使用したい暖房器具です。

コタツ…1時間あたりの光熱費:約3~8円。
コタツも電気代はお安い方ですね。
コタツの能力はコタツ布団など断熱部分にも影響されるので、風が入らないようにぴったり締めて使いましょう。

コスパが最高の電気機具

電気料金を見比べてみた結果、コスパがもっとも良いのは電気毛布なんじゃないでしょうか。
本体の価格が安いことはもちろん、消費電力も100W以下です。
人1人が暖まるだけなら、電気毛布をかぶっているのが一番経済的だと言うことが数字ではっきりしました。

色々な暖房器具をみてきましたが、どうでしたか?
人数や空間、状況によって適している暖房器具、そうでない暖房器具とありました。
その時その時により適した暖房器具を選び、使い分けることが1番の節約になると思います。

状況によって使い分けて快適に、しかも安く過ごせたら嬉しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする