『嘘も方便』本来の意味わかってますか?知らないで使ってると恥ずかしい!

日常的に使っている「嘘も方便」ですが、きちんと意味を知ってますか?

日常的に使っている「嘘も方便」ですが、きちんと意味を知ってますか?

よく使う言葉だからこそ、曖昧な解釈ではなく本来の意味を知って会話の中で使うことが出来たら素敵ですよね。

勘違いしがち!本来の意味は?

「嘘も方便」とは、
「嘘をつくことはいけないことだが、時には必要なこともある」
という意味です。

自分の利益や自己都合で嘘を言ってしまうことを、「嘘も方便だから~」という方もいますが、本来は自分以外の他の人のため・誰かを救うために使われる言葉なのです。

誰かを救う嘘とは?言葉の由来でさらに納得できる

「嘘も方便」の方便とは、もともとは仏教からきた言葉で
《悟りへ近づく方法・悟りに近づける方法や手段》
といった意味でした。

江戸時代には成句があり、法華経の一つ『三車火宅』という逸話が由来だとされています。

長者の家で火事が起こりその家の中で遊んでいた子供達を避難させようと、長者が
「早く逃げなさい!」
と忠告しても子供達は全く聞く耳を持たず遊んでいたため、
「外に羊の車、鹿の車、牛の車があるよ」
と言って子供達を家の外に避難させることが出来た

子供達を火事から避難させ命を守るために嘘をついた。
という逸話が元となっているんですね。

『嘘も方便』の類義語で大人の会話を。

『嘘も方便』の類義語には以下のものが挙げられます。

  • 嘘つき世渡り上手
  • 嘘は世の宝
  • 嘘も重宝
  • 嘘も追徒も世渡り
  • 嘘も誠も話の手管
  • 嘘をつかねば仏になれぬ

とはいえ、『嘘も方便』のように誰かを救う嘘というよりは時には嘘も必要で上手く世の中渡っていこう!的な印象ですね。

ビジネストークより、友人やちょっとした集まりなどで会話で使えると「あの人は嘘ばかりつくよね」といった直球な内容が「嘘も貴重ですもんね」と物腰柔らかに言えるかもしれませんね。

外国の友人との会話で『嘘も方便』なんて言うの?

これ!といった英語訳はありませんが、2つご紹介します。
・The ends justify the means
Ends=目的や結果
Means=手段
なので、上記の英文を訳すと(いい目的のためなら、なんのやり方でも大丈夫)になります。

・It’s sometimes necessary to tell a lie in order to achieve the goal
Tell a lie=嘘をつく
In order to achieve the goal=目標達成のために
なので、上記の英文を訳すと(目的達成させるために嘘も手段として必要だ)になります。

日本語を英語にすると本来の意味が少しだけ変わってしまいます。
なので英会話が得意な方は補足出来ると、本来の『嘘も方便』が使えるはずです。