正月飾りはいつから飾る?いつまで飾っておくの?

正月飾り

お正月といえば、子どもの頃はお年玉がもらえて、お餅やおせち料理を食べる行事で、大人になってからは年末年始の大型連休、という印象がありますが、玄関に部屋に、結構色々な物を飾りますよね。

クリスマスツリーを片付けたと思ったら、お正月に年神様をお迎えする準備。
大人にとっては、大型連休だけれど何かと忙しい年の瀬。

門松にしめ飾りに鏡餅に…。
飾る物はたくさんあるわけですが、一体いつからいつまで飾っておけば良いのでしょう。
また、どう処分すれば良いのでしょうか。

まずはそれぞれの飾る理由や飾る位置を整理していきます。

門松

年神様が家に来る時の目印になるよう、門の前や玄関先に立てておく松や竹の飾りが門松です。

松には「祀る」、「待つ」の意味かあり、年神様の依代とも言われているため、門松は正月飾りの中でも最重要とされる飾りです。

ちなみに、向かって左の門松が雄松、右の門松が雌松、と区別されています。

しめ飾り

しめ飾りは、新しい藁のしめ縄に、縁起物のゆずり葉、裏白、橙などを組み合わせて飾り付けたもの。

新しい藁には「古い年の汚れを取り払う」という意味が。
ゆずり葉には「子孫の繁栄」
裏白には「長寿」や「夫婦円満」
橙には「家系の繁栄」
という意味があります。

また、しめ縄には、「神様を祀るのに相応しい神聖な場所」という意味や、日本神話で天照大神が天の岩戸から出てきた際に再び岩戸に入ってしまわないようしめ縄で戸を塞いだことから、
「神様の世界とこの世の境界を作る結界」
の役割があります。

そのため、しめ飾りは玄関のドアの中央(難しければ外からはっきり見える位置)に飾ると、災の侵入を防ぐとされています。

ちなみに、このしめ飾りを簡略化したものとして輪じめがありますが、こちらはしめ飾りがない場合は玄関に飾ったり、各部屋の入り口や、水の神がいる水回り、火の神がいる台所などにも飾れるようです。

鏡餅

鏡餅は、穀物の神様である年神様へのお供物です。

丸い形は「円満」を意味し、2つの餅を重ねる事は「かさねがさね」を表しており、「円満に年を重ねる」ことを意味しています。

一緒にお供えするものは橙(みかんで代用されている事が多いです)、串柿、昆布、ゆずり葉、裏白などがあります。
このうち、橙は「玉」を、串柿は「剣」を、餅は「鏡」として、三種の神器を表しています。

大きな鏡餅は玄関に、その年の恵方に向けて飾り、その他リビングや床の間、神棚などにも飾れます。

その他

代表的な正月飾りは以上の三つかと思いますが、他にも様々あります。

「羽子板」や「破魔矢」、「破魔弓」もよく目にしますね。
これらは室町時代の行事であった、新春の年占いや厄払いから飾るものです。
女の子が羽をついて厄払いをし、男の子が弓矢で的を射て年占いをしていました。
破魔矢、破魔弓は、年明けに矢を凶の方角に向けて飾ります。

正月ならではの「生花」や「掛軸」も飾ったりしますね。
生花も掛軸も、縁起の良い植物や絵画を用います。

生花には、福寿草、松竹梅、千両、葉ボタンなど。
掛軸には、鶴亀、日の出、七福神などです。
お雑煮のかまぼこの柄になっていたりして色々な所で見聞きするのは「松竹梅」でしょうか。

それぞれ縁起が良いとされる所以ですが、「松」は、常緑樹で一年中青いことから「永遠の命」の象徴とされており、中には樹齢千年にもなる松も存在することから、「不老長寿」とも結びつけられます。

「竹」は、寒い冬にも葉を落とさず青々としていることや、嵐にあっても折れず、曲がらずに真っ直ぐ成長することから、「誠実な心」、「強い志」の象徴とされます。

「梅」は、早春に他の花に先駆けて咲くことから、「出世」、「開運」の象徴とされています。何となく縁起物という認識はありましたが、こういった理由からなのですね。

他の物を飾る地域もあるかもしれませんが、きりがなくなってしまうので、このあたりにしておきます。

いつからいつまで飾るのか

さて本題です。正月飾りは一体いつからいつまで飾っておくものなのでしょうか。

前述の通り、
羽子板、破魔弓、破魔矢は年明けに飾りますが、
その他は12月28日に飾ると良いとされています。

29日は「二重苦」を連想させるので適さず、
31日に飾るのは「一夜飾り」となり年神様に失礼です。

そのため、もし28日に飾れないのであれば、最終手段として30日に飾るのが及第点とされています。

いつまで飾るか、は地域によって異なる

いつまで飾るか、については、地域によって異なってくるようです。

全国的に一般的なのは
鏡餅は1月11日の鏡開きの日まで
他のものは1月7日の松の内まで
とされています。

これが地域によっては15日の小正月までであったり、20日の二十日正月までであったりするので、お住まいの地域はいつまでなのか、確認してみてくださいね。

処分の方法

神様をお迎えするにあたって飾りつけていた正月飾り。
一般ゴミと一緒に捨てるわけにはいきません。

最良の方法は、1月15日の小正月に行われるどんど焼きで処分する方法。
どんど焼きの火に当たると、その年一年を健康に過ごせる、と言われているので、ぜひ参加したいですね。

ゴミ出しで処分する時の捨て方

残念ながら参加できない、と言う場合は、ゴミ出しするしか仕方ありませんね。

その際は、新聞や半紙などの大きめの紙を広げ、その上に飾りを置きます。
そして塩を左→右→中央の順にまいてお清めし、紙で包んで一般ゴミとは別の袋に入れます。
後は自治体の定める方法に従ってゴミ出しをしましょう。

鏡開きで包丁を使うのはNG!

鏡餅ですが、鏡開きの日にお餅に包丁を入れてしまう方、結構いるのではないでしょうか。
実はこれはNGなんです!

鏡開きは武家発祥の文化なので、鏡餅に刃物を入れるのは切腹を連想させるため良くありません。
そのため、手や木槌などで割るのが正しい手法です。
「割る」、というのも縁起が悪いので、「開く」を使って「鏡開き」と言うようになりました。
なかなか開くのは難しいですが、切るのはやめましょうね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
「色々意味があるんだな」と知的好奇心が刺激された方、
「たくさんありすぎてやっぱり大変」と感じた方、
様々思うところはあるかと思いますが、お正月は年神様をお迎えする大事な一年の始まりの日。

無理のない範囲で準備をして、その年を無病息災で過ごしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする