七草粥を食べる意味とは?その健康効果や由来を知る

七草がゆ

お正月が終わってしばらくすると、「七草粥(ななくさがゆ)」という言葉を聞いたことありませんか?
最近は七草粥を食べる人もかなり減ったようで、七草粥をなぜ食べるのか知らない人がほとんどではないでしょうか?

七草粥を食べるにはもちろん意味があります。

七草粥の意味

七草粥を食べるのはもちろん意味があります。
七草粥とは、松の内の最終日である1月7日に食べることで
「今年一年無病息災でいれますように」
という祈願の意味があり、また正月に食べた豪華なお節料理やお酒などで疲れた胃腸を休めて回復させる意味があると言われています。

松の内とは、正月の飾りを飾っておく期間のことです。
最近は正月にお飾りをする家も減りましたね。

七草粥の七草とは7種類の野草と野菜で、
「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」
です。

昔は学校でも教えていたと思うのですが、今はどうなのでしょうか?
年配の方は何度も耳にしたフレーズだと思います。

こんなにすごい!七草それぞれの効果効能

それぞれの野草と野菜には素晴らしい効果・効能があります。

芹(せり)

日本全国の水辺に生息し、葉を食用とするセリ科の多年草です。
日本書紀には「せり」という名前が出てきており、
万葉集には「せり摘み」という歌が掲載されていることから、日本では古くから利用されていたことが分かります。

鉄分が豊富で、目の充血、めまい、貧血、高血圧、解熱作用、整腸作用、利尿作用、食用増進などの効果があります。

薺(なずな)

日本全国の畑や道端に生息するアブラナ科の二年草。
果実が三味線のバチに似ているため、ペンペン草とも呼ばれています。

消化機能に優れ、解熱や解毒効果があり、利尿作用や胃腸障害、むくみに効果があります。

御形(ごぎょう)

キク科の薬用植物で別名クソニンジン。
咳、たん、喉の痛みに効果があります。

繁縷(はこべら)

学名は「はこべ」。
日本全土に分布し、田畑や道端、荒地に生息する。
平安時代から食用として利用されており、古くから薬草として知られています。

たんぱく質やミネラルが豊富で、昔から胃腸薬として利用され、胃炎、胃弱、また歯槽膿漏にも効果があります。

仏の座(ほとけのざ)

キク科、別名「タビラコ」。
筋肉痛、食欲増進、歯痛に効果があります。

菘(すずな)

アブラナ科の越年草でカブのこと。
整腸、解熱、しもやけ、そばかすに効果があります。

蘿蔔(すずしろ)

アブラナ科の越年草でダイコンのこと。
整腸、美肌効果、風邪予防に効果があります。

効果効能だけでない、七草に込められた意味

七草それぞれの健康効果について触れましたが、七草には名前にも縁起が込められています。
それぞれに込められた意味はこちら。

せり    「競り勝つ」
なずな   「撫でて汚れを除く」
ごぎょう  「仏体」
はこべら  「繁栄がはびこる」
ほとけのざ 「仏の安座」
すずな   「神を呼ぶ鈴」
すずしろ  「汚れのない清白」

こうした縁起を担ぐ言葉は色々ありますが、七草にもしっかり意味が込められていたんですね。

七草粥の由来

昔から1月7日の朝に七草粥を食べるという習慣がありますが、なぜそのような習慣ができたのでしょうか?

七草粥の由来を辿ると、中国の唐の時代まで遡ります。
古来より中国では、元日より6日まで動物を当てはめて占いをしていました。

元日 鶏
2日 狗(犬)
3日 猪(豚)
4日 羊
5日 牛
6日 馬

その日にあたる動物は殺さない決まりがありましたが、1月7日は「人の日」として人を殺さない、つまり犯罪者に刑罰を与えない日とされていました。

日本では1月7日は「人日の節句(じんじつのせっく)」で、「人日」とは五節句のひとつで、陰暦で1月7日「人の日」にあたります。

五節句とは、年に5回ある節日(季節の節目)のことで、

1月7日「人日」
3月3日「上巳」
5月5日「端午」
7月7日「七夕」
9月9日「重陽」

のことです。
端午の節句、七夕は知名度もありますが、1月7日も人日の節句で節日にあたるのですね。

中国では唐の時代、1月7日「人日」に『七種菜羹(ななしゅさいのかん)』を食べて無病息災を祈願したと言われています。

七種菜羹とは7種類の野菜を入れた羹(あつもの)というとろみのある汁物のことです。

また中国では、1月7日は官吏(役人)の昇進が決まる日でもあったので、出世できるように願うために七種菜羹を朝に食べていた。とも言われています。

平安時代になると、日本に中国の文化が多く伝わってきました。七種菜羹もこの時期に伝わり、日本古来の習慣「若菜摘み」と交わって七草粥になったのが七草粥の起源です。

「若菜摘み」とは百人一首にもあり、

君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ

年始に雪の間から出た新芽がでた草を摘み、新春に摘んだ若菜を食べると無病息災になると信じられていました。

このようにして、七草粥を食べる習慣ができたのですが、当初は草ではなく7種類の穀物
米、粟、黍(きび)、稗(ひえ)、蓑(みの)、胡麻、小豆だったと言われています。
その後、野菜を入れるようになったみたいですが、とくに種類などは決まってはいなかったようです。

現在の七草を入れるようになったのは鎌倉時代です。

四辻善成が

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草

と詠んだことが始まりで一般にも知られるようになりました。

その後、一般庶民の間でも広く食べられるようになったのは江戸時代の頃と言われています。

七草粥はいつ食べるのか?

今まで述べてきたように、七草粥は1月7日の朝が正しいのですが、ここではもう少し詳しく解説したいと思います。

七草の正しい厄払いの方法というのがあります。

① 1月6日の夜に七草を準備しておく。
② 7つの調理道具を用意する
(薪・火箸・すりこぎ・杓子・おろし金・菜箸・火吹き竹)
③ 歳徳神の方(恵方)を向いて、七草を刻みます。
④ 刻む際、七草囃子を歌います。
七草囃子の歌詞は地方によって異なりますが、
「七草なずな、唐土の鳥と、日本の鳥と、渡らぬ先にトントントン、トントントン」です。唐土とは中国のことです。
⑤ 七草を刻む時は、一種類ずつ7回叩く。合計49回。
これも地方によって叩く回数は違うようです。

地域によって、いろいろ細かい方法や具材は異なるようです。
あくまで、ここで述べた方法は基本的なルールで必ず守らなければいけないということはないと私は思います。

最近では、家庭で七草粥を食べる習慣も減ってきています。
七草粥のセットもスーパーや青果店でほんの一部分で販売されているだけで、衰退傾向にあります。

七草粥は1月7日に食べるのが基本ですが、無理に1月7日の朝に食べる必要もないと思います。
あまり日数が経過すると七草が傷むので、良くないとは思いますが、普通に無病息災を祈り健康のために食べるのであれば、食べる日時や具材にこだわる必要はないでしょう。

まとめ

最近では正月にお飾りをする家庭も減り、核家族化に伴い季節の行事やしきたりなどが
衰退する傾向にあります。七草粥もしかりです。

近頃、健康思考が高まり、ヘルシーフードや健康食が注目を浴びていますが、七草粥ほどの健康食もなかなかないと思います。7種類の野草、野菜だけでこれだけの効能・効果があるのに注目をあまり浴びていないのが不思議なくらいです。
これだけのスーパーフードが衰退していくのはもったいないですね。

もっと教育現場などで取り上げ、若い世代が七草粥に興味を持てば、これからも七草粥というスーパーフードが伝統と共に後世に引き継がれていくのではないかと思います。
来年はぜひ七草粥を食べてみてはいかがでしょうか?

無病息災を願うだけではなく、日本の素晴らしい伝統文化に触れる機会だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする