お年玉の相場はいくら?年齢ごとの相場をまとめてみました!

お年玉

子どもの頃、お正月に親戚が集まると親戚それぞれからもらえて嬉しかったお年玉。
冬休みが終わると学校で「全部でいくらもらった」という報告兼自慢大会が行われていた記憶があります。

しかし社会人になり、自分に子どもができたり親戚に子どもができたりすると、一転してあげる側に。
自分が子どもの頃はいくらもらっていたか、思い出しながら、かつ、周囲と大きく差が出ないように細心の注意を払いながら、適切な額と思われるお年玉をあげますよね。

子どもの年齢によってあげる額も変わってきますし、自分の子どもにあげるのか、孫にあげるのか、はたまた親戚の子どもにあげるのかでも状況が変わります。
そもそも、あまり親戚に会わない場合は、親戚の子どもにお年玉をあげるかあげないかも悩みどころ。

そこで、誰にどのくらいお年玉をあげるのか、相場を見ていきます。

0〜3歳児の場合

まず0〜3歳について。

まだもらう本人がお金の価値どころかお金そのものを認識していないこの時期、
そもそもあげない
という場合が多いようです。

親戚の子どもについては、その親戚との距離感や、自分の子どもがお年玉をもらったか、などの条件によってあげるかどうかが変わってきます。

自分の子どもにお年玉をくれる相手ならばこちらからもあげる。
年に一度会う程度の間柄の相手が出産したばかりで、まだ出産祝いを渡せていないのであれば、出産祝いとあわせてお年玉も渡す。
何とも打算的ですが、付き合いってそんなものかもしれません。

渡す場合の金額ですが、500円〜1000円、という意見が多いようです。

幼稚園児の場合

次に幼稚園に入る3〜6歳。
この頃にお年玉をあげ始めるケースがほとんどのようです。

金額は0〜3歳と同じ500〜1000円。

子どもに直接渡す場合は、お札であげるより500円玉二枚など小銭であげた方が、チャリチャリと音がして喜ばれるようです。

親戚の子どもについて、今度は入園祝いと一緒に渡すと、年に一度しか会わない相手にも渡し漏れがありませんね。

ちなみに、同じ1000円でも、図書券1000円分だとか、おもちゃ屋さんの商品券1000円分だとか、必ずしもお金をあげているわけではないようです。

余談になりますが、近年は幼稚園ではなく保育園に入園し、卒園したら小学校へ、という家庭も増えてきています。
幼稚園に入る場合は入園祝いと一緒に、という方法がありましたが、保育園の場合は入園祝いをあげるかどうか悩みどころ。

これもやはり対象との距離感によりますが、あまり祝い金をあげる傾向にはないよう。
あげるかどうかは個々の判断、ということになりますが、やはりお年玉の金額は500〜1000円が圧倒的なようですよ。

小学生にあげる場合(低学年)

小学生と言っても長いですね、6年もあります。
やはり低学年と高学年では異なってくるようなので、それぞれについて見ていきます。

まず低学年の場合。特に1年生については、まだ500円〜1000円、という意見が見られるようです。入学祝いもありますしね。

ただ、一番多いのは3000円という意見。
小学校に入学してお兄さん、お姉さんになった、ということで、お年玉も底上げされるようです。

小学生にあげる場合(高学年)

高学年になると、また金額アップです。
3000円〜5000円、という意見が増えてきます。

自分で買いたい物の金額も、低学年の頃から比べると高額になってきますよね(服だとかゲームだとか)。
自分で使えるお金がたくさん欲しいお年頃です。
そして6年生には卒業祝いが必要です。

未就学児の時と同様に、あげる相手との距離感、会う頻度によって、入学祝いや卒業祝いと同時にあげるかどうか変わってきます。

家庭によっては、年齢や学年ごとに金額を変えるところもあるよう。
年齢×500円、学年×1000円等、算出方法は家庭によりますが、毎年お年玉の額が上がっていくと、子どもとしては成長している気がして嬉しいかもしれませんね。

中学生にあげる場合

中学生、難しい年頃ですね。思春期真っ盛りで反抗期がすごい子も…。

そんな中学生、やはりまたお年玉の金額が上がります。
5000円、という意見が多いようですが、中には10000円という人も。
ここにもまた、親戚付き合いで入学祝い、卒業祝いが必要になるので(渡し方は前述の通り)、懐がどんどん寂しくなりますね…。

高校生にあげる場合

高校生に対しては、5000円〜10000円が多いようです。

自分の服は自分で買いたいし、友達と少し遠出をしたい。問題集、参考書等、受験を考える高校生は自分で買ったりしますよね。それらも結構お金がかかります。

使えるお金はたくさん欲しい。もちろん、お小遣いをもらっていたり、バイトをしている人もいるでしょうから、お年玉が全てではありませんが、金額が上がるのは致し方ないかもしれません。

そして忘れてはいけないのが入学祝いと卒業祝い。毎度出てくる話ですが、気をつけておきましょう。

ちなみに、年齢や学年でお年玉の額を算出していた家庭も、高校生には一律10000円、となるところも多いようですよ。

大学生にあげる場合

大学生にもなると、自分でバイトをしてある程度稼いでいる場合が増えます。
お年玉をあげるかどうかは、家庭や親戚による、ということになりますね。

高校生まででお年玉は終わり、というところがあれば、まだ学生だからお年玉をあげる、というところもあります。
あるいは、20歳になるまでは未成年だからお年玉をあげる、だとか(もうすぐ18歳で成人になってしまいますが)。

あげる場合は10000円が多いようですね。
外食の機会も増えますし、これより少ない金額ならば渡さないのと大差ないかもしれません。

ただ、大学生に関しては、幼稚園、小・中学校、高校よりも、入学祝いや卒業祝いの需要度が増すので、お年玉よりもむしろこちらをしっかり準備しておきましょう。

お年玉をあげる対象が孫の場合

お孫さん、可愛いですよね。
自分の子どもは厳しく育てたけれど、孫にはついつい甘くなってしまう。
そんなおじいちゃん、おばあちゃん、多いのではないでしょうか。

可愛い孫へのお年玉です。ついついたくさんあげたくなるかもしれませんが、「甘やかさないでください!」なんてお嫁さんあたりに言われるかもしれません。

逆に、甘やかしてはいけない、と心を鬼にして相場通り、あるいは少なめにすると、「おじいちゃん(おばあちゃん)はケチ」と言われてしまうかも。難しいですね。

こういったトラブルを防ぐためにも、両親としっかり話し合っておくのが無難かもしれませんね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。年の初めから気を使う行事ですよね…。

あくまで上記は相場です。
家庭や親戚付き合いによって金額は変動しますので、記載したものが全てではありません。

あげたのに返ってこない(うちはいつも返ってきません)、とか、うちはもっとあげたのに、とか、お正月早々不穏な空気にならないよう、事前に相談したりして皆で気をつけましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする