乾燥剤が発火するって本当?乾燥剤の正しい捨て方は?

乾燥剤

乾燥剤は種類によっては、水に濡れると発火する恐れがあるものがあります。
意外と知られていない発火の危険性と自然発火を防ぐための、
正しい乾燥剤の捨て方
などを紹介したいと思います。

乾燥剤の自然発火の危険性

海苔やお菓子など食品の保存に欠かせない乾燥剤。
実は種類によっては発火し火災になる危険性もあります。

乾燥剤の種類の一つに、石灰乾燥剤というものがあります。
通常、食品などの湿気を吸い取り乾燥を保つ利点があるのですが、水に濡れると化学反応を起こして、急激に発熱し発火する恐れがあります。

水の量が多いと逆に発熱はしませんが、少量の水だと急激に発熱するため危険です。
水気のある生ごみと一緒に捨てたり、シンクなど水まわりの近くに保管するのは避けたほうがいいでしょう。
また、濡れた手で直接触ると火傷する可能性もあるので注意が必要です。

さらには、知らない間に皮膚と接触していると皮膚の水分に反応して火傷する可能性もあるそうです。
乾燥剤の外袋に注意書きがあるので確認してみてください。

乾燥剤の正しい捨て方

乾燥剤の正しい捨て方ですが、地方自治体によって異なる場合があるので、まずはお住まいの自治体のホームページなどで確認をしてください。

乾燥剤の捨て方ですが、種類によっても異なるので種類別に紹介していきます。

石灰乾燥剤の正しい捨て方

生石灰は水に濡れると発熱・発火の恐れがあるので注意が必要です。
生ゴミとして捨てる場合は濡れないように、小さいビニール袋などに入れてから、捨てたほうがいいでしょう。
もし、水に濡れてしまった場合は、周りに燃えやすい物がないから確認して冷めるまで置いておきましょう。
また、バケツなどに多めの水を入れて、そこにつけておく方法も安全です。
手で直接触ると火傷するので注意が必要です。

シリカゲルの正しい捨て方

二酸化ケイ素が主成分のため、そのまま燃えるごみとして捨てても問題はありません。
シリカゲルは無色透明と青色の粒状なので見た目的にも分かりやすいです。
ただしシリカゲルの外側の袋がプラスチックの場合もあるので、燃えるゴミとして捨てられない可能性もあります。

シート状乾燥剤の正しい捨て方

お菓子などに使われることが多い乾燥剤です。
塩化カルシウムからできているので発熱の恐れはありません。
燃えるゴミとして捨てることができます。

乾燥剤は再利用出来る?危険性は?やはり捨てるべき?

乾燥剤は再利用出来るのでしょうか?
結論から言うと再利用はできます。
しかしオススメは出来ません。

誤った使い方をすると危険を伴い、事故に繋がる恐れがあります。

石灰乾燥剤は肥料として再利用が可能だが要注意!

石灰乾燥剤は乾燥剤としての再利用は出来ませんが、土壌改良材(肥料)としてならば再利用が可能です。
ただし厳重に保管し取り扱わないと、少し水に濡れただけで発熱し、火災になる可能性もあるので細心の注意が必要です。

石灰乾燥剤に入っている生石灰は水と科学反応することで、粉状になり消石灰と呼ばれるものに変化します。この消石灰の状態になって初めて肥料として使用することができます。
生石灰そのままでも肥料としては使えますが、生石灰の状態で袋から取り出すのは体や目などに付着すると火傷や最悪の場合失明するなどかなり危険を伴います。
そもそも袋から出ることがないように、石灰乾燥剤は紙の頑丈な袋に入っているのです。

どうしても生石灰のまま取り出すのであれば、手袋やゴーグルなどをするのは最低でも必要だと思います。
いずれにせよ、石灰乾燥剤は危険度が1番高いので再利用は辞めておいたほうがいいと思います。

シリカゲル再利用は要注意!

シリカゲルは再利用が可能ですがあまりお勧めできません。

シリカゲルは純度99%の二酸化ケイ素が主成分で水分や湿気を吸収してくれます。
ただし、再利用する際に水分を多く含んでしまっていると効果が減ってしまいます。

シリカゲルの粒をよく見てみると、使用前に青色だったのが赤色に変化していることがあります。これは水分を大量に吸収した証拠です。
それを再利用するには、加熱して水分を蒸発させないと効果が期待できません。
その加熱する時が1番危険です。

電子レンジやフライパンで加熱すると再利用はできますが、加熱すると塩化水素ガスという有害物質が発生することもありとても危険です。

また、フライパンで加熱すると粒が弾けて、目に入る可能性もあるので私はシリカゲルを加熱して再利用するのはおすすめしません。

そもそも再利用を想定していません!

そもそも乾燥剤は再利用できるようにメーカーが作ってはいません。
これは大丈夫だろうと思っても予期せぬ事故が起きる可能性があるので、全ての乾燥剤において再利用は控えたほうがいいでしょう。
使用後は各自治体が定めた方法で捨ててください。

乾燥剤の種類と特徴

ここではもう少し細かく乾燥剤の種類と特徴について触れたいと思います。

石灰乾燥剤(酸化カルシウム)

海苔などの乾物類に多く利用されています。
コストも安く吸収力に優れているため、多く使われています。
見た目は白い粉状で不透明な袋に詰められていることが多いです。

1番危険度が高い乾燥剤だと紹介してきましたが、通常通りの使用法なら特に問題はありません。

大きな特徴はやはり、水に濡れると化学反応を起こして消石灰(水酸化カリウム)に変化し、その際発熱することです。
水分(湿気)を含んで消石灰になってしまえば問題ないですが、生石灰のまま体に付着すると火傷する恐れがあるので注意が必要です。

消石灰になったかどうかは、触って硬くなっているかどうかで分かります。
硬くなっていれば、消石灰になっているので問題ありません。ただし触る際に注意してください。生石灰のままだと火傷する恐れがあります。

シリカゲル(二酸化ケイ素)

靴やカバンの箱、お菓子や食品など幅広く使われています。
成分は純度の高い二酸化ケイ素です。食品添加物としても使用されています。

透明な袋に小さい粒が入っており、透明の粒と青もしくは赤色の粒が混ざって入っています。
青色の粒は乾燥した状態を表し、赤色の粒は水分(湿気)を吸収した状態を表します。
そのため、粒の色で効果を発揮出来る状態かどうか判断出来ます。

シリカゲルは2種類あります。
A型とB型があり、A型は食品や精密機器などに使われるタイプで、B型は家庭用の除湿剤などで使われています。
A型は150℃~180℃の加熱をしないと再利用出来ませんが、B型は天日に干すだけで吸湿力が回復します。

シート状乾燥剤(塩化カルシウム)

パイなどの個包装のお菓子で使用されています。
吸湿スピードが早く吸水力はシリカゲルの3倍あります。
湿気を吸収すると液化してしまうので、紙が付いたシート状になっています。

デシクレイ

安全性が高いので、食品だけでなくコンテナなどにも使用されています。

合成ゼオライト

医薬品や健康食品などが入った瓶に使われています。
錠剤を紙でくるんでいるタイプです。

~~~

その他乾燥剤は、硫酸や水酸化ナトリウムなど食品に使用できないものを含めると
かなりの数があります。

乾燥剤の危険性。自然発火・火傷・誤飲に注意!

石灰乾燥剤が自然発火する可能性があるのはお分かり頂けたと思います。
それでは、それを未然に完璧に防ぐ方法はあるのでしょうか?
石灰乾燥剤をビニール袋に入れて捨てる方法は紹介しましたが、石灰乾燥剤だけでなく他の乾燥剤についても、きちんと管理・処理しなければいけない場合があります。

ご家庭に小さい子供や老人(特に痴呆が進んでいる方)がいる場合は注意が必要です。
普通の大人であれば、誤飲することはまずないでしょうし、誤った使用方法(再利用)をもししたとして、火傷などを覆った場合でもすぐに反応して軽傷で済ませることが出来ます。

しかし、子供や老人の場合すぐに反応出来ないので事故が大きくなる怖れがあり、注意が必要です。
濡れた手で乾燥剤に触り、発熱・発火し火傷をする可能性も高くなります。
また、誤飲する可能性もあるので、保管方法などを注意しておく必要があります。

乾燥剤にはよく「たべられません」と書いてありますが、それを読むことが出来る人間は食べません。それを読むことが出来ない人間が誤飲してしまうのです。
実際に誤飲した例がかなりあります。

乾燥剤による事故を防ぐには?

まず、使用済の乾燥剤はすみやかに処分(捨てる)する。

使用済みの乾燥剤を捨てずにテーブルなどの上に置いたままで放置したり、シンクの生ごみ入れ(三角コーナー)にそのまま捨てたりしないことは基本中の基本です。

使用済みの乾燥剤は石灰乾燥剤だけでなく全ての乾燥剤をビニール袋に入れて捨てることをおすすめします。
乾燥剤が入った食品などは子供の手の届かないところに保管するなどの工夫は必要でしょう。

また、やむを得ず再利用するために、乾燥剤を保管する場合も同じく厳重に保管する必要があります。
少しやりすぎだと思う方もいるかもしれませんが、小さい子供は予想外の行動を取ります。
実際、家庭内で起きている子供が絡む事故は予想外の考えられないような原因で起きています。

乾燥剤を安全に保管する「青い袋」

ここで少し変わった方法を紹介したいと思います。
乾燥剤や乾燥剤が入った食品を青色の袋や包装紙に入れて保管する方法です。

なぜ青色なのか?
それは、青色が人間が口にするもの(食べ物)にほとんど存在しない色だからです。
青色の食べ物を思い浮かべてみてください。なかなか出てこないと思います。

食品工場などでは、青色の制服に青色の手袋を使用するところが増えてきています。
異物として混入した時に早期発見できるためです。
自然界においても、青色はなかなか存在しません。
青色は人口的に作りだした色なのです。

そのため人間は青色を見ると無意識に食欲が衰退するのです。
この特性を利用して、誤飲を防ぐのが「青色の袋に入れて保管する方法」です。
これは少し極端な方法ですので参考程度にして頂ければと思います。

さいごに

ここまで乾燥剤の危険性について紹介してきましたが、もちろん乾燥剤には多くの利点があります。
食品の品質を維持し、賞味期限を延ばすことも可能にします。
乾燥剤があることで美味しく食べることができる食品もたくさんあります。

乾燥剤の特性を知ったうえで、正しい使い方をすれば何も問題はありません。
くどいようですが、乾燥剤は使用後すみやかに、きちんと処理し捨てることをおすすめします。事故が起きてからでは遅いですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする