当て馬ってどんな意味?よく似た言葉と勘違いしそう?

よく似た言葉と勘違いしそう?当て馬の意味って?

ドラマや漫画を見ていると
「この人(あるいはキャラクター)当て馬だな」
という役柄が出てくることがありますよね。

恋愛ものだと「話の中では当て馬だけど、私にとっては本命だな」と思ったりもしますよね。

そんな「当て馬」ですが、本当に正しく使えているのか気になるところですね。
そこで、「当て馬」の意味、似ているけれど違う言葉を調べてみました。

当て馬の意味

本来の「当て馬」は、まさしく馬のこと。
「メス馬の発情を促したり、発情の有無を調べるためのオス馬のこと」
メス馬を興奮させ、その気にさせた時点で本命の種馬にバトンタッチされます。
…なんだかすごくかわいそうですね。

ここから転じて
「相手の反応や様子を探るために、仮の者を表面に出してみること。またその者」
のことを「当て馬」と言うようになりました。

恋愛の場面で言うと例えば、本命の反応を見るために、自分に好意を持ってくれているけれど特別好きなわけではない第三者と付き合ってみる、といった行動や第三者が当て馬ということになります。

よく似た言葉「かませ犬」とは

「当て馬」とよく似た言葉に、「かませ犬」があります。

この「かませ犬」も、やはり本来は犬を指す言葉。
「若い闘犬に自信や勝ち癖をつけさせるためにかませる弱い犬のこと」
で、転じて、「主役を引き立てるための負け役」を表す言葉として使われます。

恋愛物だと、主人公が好意を寄せている相手に告白するけれど、あえなく撃沈するライバル、といったところでしょうか。

確かに「代わりの者を使う」という点は「当て馬」「かませ犬」に共通しています。
しかし、「当て馬」の目的は「探ること」で、
「かませ犬」の目的は「引き立てること」なので、
根本的に扱いが異なるようです。

当て馬を英語で言うと

本来の「馬」を指す英語は

stallion brought near a mare to see whether the mare is in heat or to stimulate it into estrus

非常に長いですが「当て馬」の説明なので、訳すと「当て馬」で良いようです。

選挙などで「当選見込みのない候補者」という場合の「当て馬」は「spoiler」あるいは「stalking-horse」。
ちなみに、意味の近いところでは「dummy」もあります。

おわりに

皆さんが考えていた「当て馬」正しかったでしょうか。
「かませ犬」と混同しがちですよね。

意味を正しく理解すると実は別のもの。
本来の「馬」や「犬」を思い浮かべつつ、正確に使っていきたいですね。