「赤の他人」ってどんな意味?語源は?

「赤の他人」ってどんな意味?語源は?

「赤の他人」って言葉、私自身も使う言葉ですが、ごく普通に「他人」としての意味で使っていました。
よく考えてみると、「他人」の前に「の」がついているのには何かしら意味があるのではないかと思いました。

「他人」という言葉は皆さんご存知だとは思いますが、「」が意味するところは何なのか。
その意味や語源を調べてみました。

「赤の他人」の 意味

だいたいの意味はほとんどの方がご存知だとは思いますが、
全くの別人・無関係の人・縁もゆかりもない人、
という意味です。

でもなぜ、別人を意味するのに「」で強調するのでしょうか?

日本語には他に「赤っ恥」「真っ赤な嘘」など、「赤」で表現される言葉があります。
一説には、「赤」は元々「明い(あかい)」からきたという説があります。

「明い」は明らかを意味します。
「赤っ恥」は「明らかな恥」、「真っ赤な嘘」は「明らかな嘘」となります。
だから、「赤の他人」も「明らか他人」で辻褄が合うのですが、「赤の他人」には他にも説があり、そもそも「赤」が「明い」からきた説も間違いだという意見もあるようです。

「赤の他人」 の語源

「赤の他人」の語源にはいくつか説があるようです。

①「赤」には明白の意味があり「とんでもない」「まったく」といった強調を表す。

これは、先ほども述べたとおりで、「赤」は「明い」からきているという説です。
私個人的には、あまり「赤の他人」のみの説としてはあまり信憑性がないような気がします。「赤っ恥」や「真っ赤な嘘」など全てに当てはまるので、これはあまり有力な説とは言えないでしょう。日本語は歴史も古くとても複雑で、そんな簡単なものではないと思います。

②「明らかな」→「あきらかな」→「あかの」→「赤の」に単純に変化した。

これは単純に発音しやすいように語呂が変化したという意味だと思いますが、少し違うような気もします。
確かに日本語は発音する際に言いやすいように変化した言葉はあります。
「言ひて」が「言って」などありますが、これらは促音化と言って、「ち」「ひ」「り」の後に「て」「たり」などが続く場合です。

③仏教用語の「閼伽」「阿伽」が「赤」に変化した。

仏教用語で仏前に供える水(浄水)のことを「閼伽」「阿伽」と呼び、それが「赤」に変化したという説です。仏前に供える浄水が「冷たい水」から「水のように冷たい」、「他人にも冷たい」、「無関係の他人」、「赤の他人」になったと言われています。

この「閼伽」は古代インドの言語であるサンスクリット語の「アルガ」が語源になっていると考えられています。英語の「aqua」(水)も「アルガ」が語源だとされていて、私はこの説が一番説得力があるような気がします。

しかし、日本語の場合、他にも「赤っ恥」や「真っ赤な嘘」など赤がつく言葉がたくさんあるのに、「赤の他人」だけ説が異なるのはおかしいという意見もあるようです。

いずれにせよ、正解ははっきりと分かっていないので、どれが正しい説とまでは言いきれないですね。

「赤の他人」の類語

「赤の他人」ってどうしても冷たい言い方に聞こえますが、同類語はどうなのか調べてみました。

「よそ者」「第三者」「部外者」などが同類語としてあげられます。
これらは全て、「完全に無関係な人間」という意味では共通しているとは思いますが、使い方やニュアンスは微妙に違いますね。

「よそ者」は予期せぬ訪問者のイメージがありますし、「第三者」はある事柄(例えばプロジェクトなど)において全く関係のない人間を表します。「部外者」はある事柄から排除したい人間のイメージです。

例えば、重要なプロジェクトの会議中などに、無関係な人間が入ってきた場合、「部外者は出ていけ」のように使います。私には、「部外者」のほうが「第三者」よりきつい言い方に感じますね。

これらはすべて「赤の他人」とは意味が同じようでも、やはり使い方やニュアンスが違うのが日本語の難しいところですね。

「赤の他人」の反対語

「赤の他人」の反対語は「身内」、「昵懇(じっこん)の仲」があります。
「身内」はその名のとおり、親しい血縁関係のある人を示します。

ただし、「身内」という言葉は他にも意味があります。体の内部や体中、親分と子分の関係も表します。昔の大工や火消しなどの親分と子分の関係も身内よりも親密な場合もありますから、親族以上かもしれませんね。

血縁関係も法的には「6等身以内」とされ、一般的に身内が表す範囲の定義は曖昧で、個人によるところも大きいと思います。遠い親戚は「赤の他人」だと言う人も少なくないですからね。

「昵懇の仲」は親密な仲という意味で、古くからの親友などが当てはまります。
他人でもお互い遠慮のない仲ということですね。

インターネットでは「白い恋人」が反対語としてあげられていますが、全く根拠がありません。親密な関係を表すには少し足りない表現だと思います。

「赤の他人」だから反対語は「青の他人」なんてまさかそんなわけないと思うでしょうが、あながち間違いではありません。

赤には「明らかな、明確な」などの意味がありますが、青には、「未熟な、未成熟な、明らかではない」などの意味があり、赤とは反対の意味合いがあります。
「青二才」「青天井」「青春」などどれもはっきりと具体的に何かを表しているものではないです。

「赤」と「青」は反対の意味を持つので、信号機などに使われているのも納得ですね。

「赤の他人」の使い方

「赤の他人」の使い方は例文としてあげるとこんな感じになります。

  • 夫婦といっても、所詮は赤の他人、喧嘩するのは当然だ。
  • 血の繋がりの薄い遠い親戚が有名になったところで、赤の他人だから私には関係ない。
  • 赤の他人の君にとやかく言われる筋合いはない。

ここで、注意して欲しいのが、同類語の「よそ者」「第三者」「部外者」は同じように使えないということです。

夫婦といっても、所詮は部外者、喧嘩するのは当然だ。

この文章はおかしいですよね。
これが日本語の難しいところ、日本語を勉強中の外国人の方が間違えやすいところかもしれません。

「赤の他人」を英語に訳すと?

赤の他人を英語に訳すと
「a total stranger」
「a complete stranger」
「an utter stranger」
になります。

一般的に他人を表現する場合は「others」が使われます。
とくに、英語だから注意するところはなさそうです。もちろん英語には「赤の他人」を直訳する英単語はありません。「全くの別人(a total stranger)」が「赤の他人」と日本語訳しているだけです。

ちなみに、
「よそ者」は「outsiders」
「第三者」は「third party」
「部外者」は「outsider」になります。
英語も同じような意味でもそれぞれ使い分けているようです。

赤の他人という言葉について

最近、近所付き合いが減り、住んでいるマンションで殺人事件が起きても、まったく気づかないような時代になりました。いくら近所に住んでいても、「赤の他人」には興味がないということでしょう。

しかし、インスタグラムやSNSなどは「赤の他人」に向けて発信されています。
おそらく相手の顔が見えないからでしょう。見ずしらずの「赤の他人」でも顔が見えた途端、恐怖さえ覚え発信することをためらうでしょう。

「赤の他人」だから関わりたくない。分からなくもないですが、友達や夫婦・同僚など初めはみんな「赤の他人」です。「赤の他人」だからと拒絶するだけでなく、「赤の他人」だからこそ出来ることもあると思います。
ボランティアが最もたる活動のひとつでしょう。

先日も新幹線内で無差別殺人があり、女性を助けようとした男性がお亡くなりになりました。「赤の他人」のためにです。しかし、「赤の他人」のためにと、その男性を責める人はいないでしょう。

もちろん、最近は干渉されることを極端に嫌う人もいて、人付き合いが難しい時代になったのも事実だと思います。

これからは、「赤の他人」との付き合い方を考えないといけない時代になったのではないでしょうか?「赤の他人」だからこそできる事、「赤の他人」の為にできること、「赤の他人」だからしてはいけないこと。

これからはインターネットの普及により、ますます「赤の他人」と接することが多くなるでしょう。
よく、ブログやツイッターが炎上なんて言葉をよく耳にしますが、「赤の他人」だから炎上するので、身内や友人だけならもちろん炎上することはないでしょう。

「赤の他人」とどのように接していくか、どのように距離間を保つのがいいのかということをこれからは考えていく必要があるような気がします。
「赤の他人」がマイナスのイメージばかりではなく、プラスのイメージも少しは感じることができれば、日本の未来はまだまだ明るく希望が持てると思います。