「秋茄子は嫁に食わすな」の意味はひとつだけじゃない?

秋茄子は嫁に食わすな

「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざ。
1度くらいは耳にしたことがあると思います。

私は、秋に作られた茄子は他の季節より美味しいから、嫁には食べさせないでおこうという姑の嫌がらせの意味だとずっと思っていました。
もちろんそれは間違いではないですが、他にも意味があることをご存知でしょうか?

ここでは、「秋茄子は嫁に食わすな」の実は奥深い意味や語源、使い方について紹介してきたいと思います。

「秋茄子は嫁に食わすな」の意味とは?

「秋茄子は嫁に食わすな」の意味をあなたはいくつ知っていますか?
実は大きく分けて3つの意味があります。

  1.  姑の憎たらしい嫁へのいびり
    秋が旬のおいしい茄子をよその家から来た憎たらしい嫁に食べさせるのは、もったいないと思う姑の嫁いびりの様を表しています。
  2.  茄子を食べると体が冷えてしまうから
    茄子は夏野菜です。夏野菜は水分が多くカリウムが豊富なため利尿作用があるため、体を冷やしやすいです。特に女性は体が冷えやすいので、茄子は食べさせないでおこうという配慮の気持ちを表現しています。
  3.  茄子を食べると子宝に恵まれないから
    茄子には目立った種がほとんどないため、子宝に恵まれないかもしれないから、食べないほうがいいだろうという考え。これは完全に迷信ですね。

私は①の意味しか知りませんでしたが、②③は意外でした。
意味的に逆だからです。ひとつのことわざでなぜ3つの意味があり、②③は共通する嫁への配慮の思いがあるのに①は逆に嫁に対するいびりの意味なのでしょうか?
語源を探っていきたいと思います。

「秋茄子は嫁に食わすな」の語源

「秋茄子は嫁に食わすな」の元となった表記は鎌倉時代まで遡ります。
『夫木和歌抄』という和歌集に書かれています。

秋なすび わささの粕につきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも

これを現代語訳すると、

秋茄子を酒粕に漬けて美味しくなるまで棚に置くのはいいけど、ネズミに食べられないようにしないと

となります。

この現代語訳、何かおかしいと思いませんか?
嫁が出てきていません。代わりにネズミが登場するんです。

実はこのネズミが嫁のことです。
和歌に出ている「よめ」は漢字では「夜目」、「夜目」はネズミを意味します。

よめ→夜目→ネズミ

ただし、夜目は隠語でありこの和歌の「よめ」が「ネズミ」を指しているのかどうか真意まで分かっていません。

また同じ意味のことわざで「秋かますは嫁に食わすな」「秋サバは嫁に食わすな」「五月わらびは嫁に食わすな」があります。
だから、この和歌の作者が何故「秋茄子」を選択し「夜目」という隠語を用いたのかまでは解明出来ていないようです。

なぜ「秋茄子は嫁に食わすな」だけが使われ続けている?

鎌倉時代のこの和歌が語源という説が有力ですが、では同じ意味なのに「秋かますは嫁に食わすな」や「秋サバは嫁に食わすな」「五月わらびは嫁に食わすな」はほとんど使われていませんし、聞いたこともないですよね。

なぜ、「秋茄子は嫁に食わすな」だけが今現在も使われているのでしょうか?
これは、私の推測ですが「秋茄子は嫁に食わすな」には嫁の体が冷えてしまうからと子宝に恵まれないからという意味もありました。
この二つの意味は、嫁への気遣いがありますよね。

「秋茄子」だけはそういう肯定的にもとれる意味を後から付けたすことができるので、昔の人達(姑)が使いだしのではないでしょうか?

要は姑が嫁をいびってばかりだと思われないように、後から肯定的な意味を付け加えたのではないかと思います。
いわゆる逃げ道を作っておきたい気持ちから、肯定的な意味をごじつけて足した。
これが「秋茄子は嫁に食わすな」だけが残った主な理由ではないでしょうか。

しかし、一説によると、「秋サバは嫁に食わすな」にも秋サバは鮮度が落ちるのが早いから、嫁に食べさせないという解釈もあり、実際のところ同様の意味をなすことわざについては、成り立ちや詳細は不明です。

結論を言うと、「秋茄子は嫁に食わすな」は姑の嫁いびりと嫁への気遣いの二つの要素があることを覚えておけばいいと思います。
良い意味と悪い意味がある珍しいことわざですね。

「秋茄子は嫁に食わすな」の使い方

具体的に「秋茄子は嫁に食わすな」の使い方を、例文を使って紹介したいと思います。

〈悪い意味〉
うちの嫁は家で何もしないで、ゴロゴロばかりしているから、「秋茄子は嫁に食わすな」だ。

〈良い意味〉
冷え性がひどくならないように、「秋茄子は嫁に食わすな」で茄子の料理は辞めておくわ

ちなみに秋茄子ですが、確かに水分が多く利尿作用もあり冷え性になりやすいですが、メリットももちろんあります。

コレステロールの吸収を抑制する作用や、抗酸化作用が強くガンや生活習慣病の根源である活性酸素を抑制する効果があります。栄養価も高く豊富な野菜なので、そこまで嫌う必要のない食べ物です。
それに秋茄子はとくに美味しいと言われていますよね~

まとめ

「秋茄子は嫁に食わすな」は良い意味と悪い意味両方ありますが、ご家庭で茄子を食べる時は「秋茄子は嫁に食わすな」のことわざのことは気にせずご家族一緒に仲良く食べたいですね。