居候の住所の書き方や住民票について調べてみたよ

居候の住所の書き方や住民票について調べてみたよ

皆様の中には訳あって居候をされている方も見えるのではないでしょうか?
もしくはご友人が居候をされてる場合もあるかもしれません( ゚Å゚)ホゥ

そんな時…
「自分の住所どうしよう」とか
「手紙を書く時に宛名はどうしたらいいの?」
など様々な疑問が生まれるかも知れませんね!

でも…なかなか人に聞き辛い方もみえるのでは?(TT)

そんな方のために色々調べてまとめてみたので
参考になればいいなぁと思います(^ω^)
良ければご覧下さい(-ロдロ-)ゞ

居候とは?

まずはじめに居候についてきちんと理解するところからスタートです!
居候の意味は…

[他人の家で世話になり食べさせてもらうこと。]

という意味です!
これは今日食べさせてもらうとかではなく住み着く事を指します。

ちなみに[厄介]も同じ意味で使われるそうです!
「厄介になりますー」とかよく言いますよね!

居候(自分)の住所の書き方

続いて住所についてです。
居候の場合、住所はどうしたらいいのか?
と考えることがあるかもしれません。
私も調べるまで全く知りませんでした!

住所のみ必要ならば
[〇〇市〇〇町1-2-3]
という記載でいいそうです!

しかし、郵便物が送られてくるなど何かしらやり取りをする場合は
住所だけでは配達者に分かってもらえません!
(表札に居候の方の名前は基本的には無いですからね( ̄▽ ̄;))

そうゆう場合には
[〇〇市〇〇町1-2-3 △△方 □□□□]
と書きます!
△にはお世話になっている方の名字、□には自分の名前を書きます(´-`)

なるほど。こうすることで郵便物が自分に送られるように出来るんですね(^ω^)
(ただし、あくまでお世話になっている方のお宅に送られるので前もってその方に
一言言っておいた方がいいかもしれませんね(^^;)

居候(相手)の宛名はどうする?

続いて居候している人への郵便や宅配をする場合の宛名の書き方です!

先程は自身の住所の書き方を調べましたが、送る時はどうするか…
実は2箇所に様を入れるだけ!

[〇〇市〇〇町1-2-3 △△様方 □□□□様]

居候させてもらっている方には[様方]、送りたい相手には[様]をつける!
たったこれだけです!

居候の住民票について

次は少し難しい内容に触れましょう!
住民票はキチンと移さないと[住所不定]となり色々と不利になる場合があります。
(後述しますが就職、転職にも響くことも…)

そのため居候先に許可を得られるなら、
住民票を場合によっては移す必要があるかもしれません。

市町村 役所、役場に転入届を出す際注意したいのが、
[世帯をどうするか]です!

恐らく居候の方は別世帯にされる方が多いのではないでしょうか?
その際 役所or役場にきちんと「居候するので別世帯で登録してください」
とその旨をお伝えください。

役所or役場の方も人間です。
手違いにより同世帯にしてしまうこともあるそうです。
ご注意を(ㅅ˙³˙)

居候でも転職活動などで不利にならない方法

実は居候だと就職、転職活動に大きく響く場合があります!
企業も人を見る時まずは書類から入るので、引っかかるところがあると不信感を抱いてしまうのです。

例えば
東京で友人宅に居候し就職活動している際
履歴書には東京の友人宅住所。
しかし住民票は地方の実家の住所になったままの場合。

内定が出て住民票などを提出し企業側に不信感を抱かせてしまうかも知れません。

そのようなことが起きないように

  • 住民票を現在拠点とする住所に移す
  • 現在拠点の住所を履歴書に記載する
  • 入社時の提出書類も現在拠点の住所のものを提出する

※ここで言う現在拠点とは就職活動を行っている友人宅ですね。

引越しや転居をする場合は[内定後に引っ越す(住所を移す)]のが大切です!

まとめ

状況によりどうしても居候しなければ行けない場合はあると思います。
しかしポイントを抑えないと失敗する場合も…
しっかりポイントを抑え、良い居候LifeをΣd=(・ω-`o)グッ♪

最後までご覧頂きありがとうございます(^ω^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする