阿吽の呼吸ってどんな意味?

阿吽の呼吸_意味

阿吽(あうん)の呼吸ってたまに耳にするけど、どんな意味があってどんな時に使うのか?
今さら人に聞くのも恥ずかしいし。ここでは阿吽の呼吸の意味や使い方などを紹介したいと思います。

阿吽の呼吸とは

辞書などの文献などでは、語源は相撲の立ち合いのようです。

「阿」は口を開けて息を出す、「吽」が息を吸って口を閉じるという意味です。
この呼吸のタイミング、息を吐き息を吸って、息を止める。
相撲はこの息を止めた瞬間に立ち合うのが「阿吽の呼吸」の語源です。

ここでひとつ疑問が出てきます。
阿吽の呼吸って相撲以外でも使われている言葉だし、そんな呼吸方法まで意識して使われる言葉なのでしょうか?

阿吽の呼吸の意味するところとは?

阿吽の呼吸の語源は、相撲から由来していることは分かりました。
では、阿吽の呼吸の意味について説明したいと思います。
先ほどの呼吸法の意味についてもお分かり頂けるかと思います。

まず「阿吽」という言葉、普段見かけないし、使うことのない漢字ですよね。
「阿」は阿蘇など地名などで使われている漢字ですが、「吽」は見ることない漢字ですよね。
私は書いたこと1度もないです。

実は「阿吽」は日本語ではなく、元はサンスクリット語なんです。
サンスクリット語?何それ?って思ってしまいますよね。

でも、あなたもサンスクリット語由来の日本語を使ったことが必ずあるはずです。

  • 阿修羅
  • エメラルド
  • ブッダ
  • カルマ
  • ジャングル
  • 声明
  • 菩薩
  • 夜叉

他にも多数あります。

サンスクリット語とはインドの古い言語です。
サンスクリット語で「阿」は1番最初の言葉で「吽」が1番最後の言葉に当たるんです。
日本語で言う50音順の「あ」と「ん」になるわけです。
けっこう似ていますね。

サンスクリット語由来の日本語で「阿修羅」や「菩薩」など仏教をイメージさせる言葉があるように、インドも日本と同じ仏教の国なので共通点が多数あるのも納得できます。

日本語の「あ」も口を開けて息を出し、「ん」も口を閉じて息を止めますよね。

狛犬や金剛力士像も阿吽の呼吸?

では、阿吽の呼吸の意味ですが、相撲と同じく相手がいてこそ成り立つ言葉です。
日本では相撲以外にも、阿吽の呼吸を表しているものがあります。

神社の境内にある狛犬です。
左右対に置かれているものがほとんどですが、左右の二匹の狛犬は、ぱっと見は同じに見えますが、実は微妙に違います。
神社に行かれたら、1度狛犬の顔をよく見てみてください。
表情が微妙に違います。

右側の狛犬は口を開けていますが、左側の狛犬は口を閉じていて、さらに角がついているんです。
実はこれも阿吽の呼吸を表しているんです。

右側の狛犬が口を開けているのが「阿」、左側の狛犬が口を閉じているのが「吽」を表しているんですね。

また、奈良の東大寺で有名な金剛力士像も右が口を開けた「阿形」、左が口を閉じた「吽形」として狛犬と同じ意味があります。
もちろん、東大寺以外の各地の仁王像・金剛力士像が全て同じように建造されています。

サンスクリット語での「阿吽」は「阿」で始まり「吽」で終わりますが、これは人生の始まりから終わりまでを、または宇宙の始まりから終わりまでを表していると言われています。
そういった古代インドの仏教の考え方が日本にまで伝わってきたため、サンスクリット語と日本語が似ているなど、共通点が多いのでしょう。

阿吽の呼吸 使い方

阿吽の呼吸の意味を現代語で表すなら、狛犬のように「阿」と言えば「吽」と決まっているように、2人以上の気持ちや考え方が口に出さなくても一致する、同調できるという意味になります。

何か物事をする時に口に出さなくても息ぴったりに行動できるということですね。

職場などで、上司が細かい指示をしなくても、部下が阿吽の呼吸で作業を進める。
スポーツでもよく使われますね。

  • サッカーで選手達が阿吽の呼吸でパスを回していく。
  • シンクロナイズドスイミングは阿吽の呼吸で動きを合わせて演技をする。

シンクロナイズドスイミングはまさに阿吽の呼吸を表したスポーツだと思います。
シンクロナイズドスイミングの「シンクロ」はスペルは「synchro」で日本語訳は同調ですが、阿吽の呼吸を英語にすると「synchro」と訳されることもあります。

阿吽の呼吸が「阿(あ)」と「吽(うん)」で成り立つことはお分かりいただけたと思いますが、
会話で使われるものではないのでお間違いなく。

例えば、

妻「あなた、これお願いね。」
夫「あぁ、うん」

これは使い方が違います。

夫婦なので阿吽の呼吸で作業できるでしょうが、阿吽は会話で使われる言葉ではなく、意味合いが全然違うことはお分かりいただけると思います。

阿吽の呼吸は古代インドから伝わってきた言葉で、
かなりスケールの大きい味わい深い言葉だということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする