「するめ」と「あたりめ」の違いとは?それとも同じ?

するめ_あたりめ_違い

するめ、美味しいですよね。
私はお酒は飲まないのですが、するめは好きです。

実は私にはあまり馴染みのない物なのですが、あたりめ、なんてものもありますね。
なぜかはわかりませんが、するめは駄菓子屋で買えるイカで、あたりめは居酒屋にあるイカ、という印象が私にはあります。
あたりめが本当に居酒屋にあるのかもわからないのですが…。

そんな「するめ」と「あたりめ」の違いを調べてみました。

するめって何?

「するめ」とは、イカの内蔵を取り除いて素干しや機械乾燥などで乾燥させた加工食品のこと。使うイカはスルメイカやケンサキイカが多いようです。

ちなみに、ケンサキイカを使うものが最高級品とされて「一番するめ」それに対してスルメイカを使ったものを「二番するめ」と呼んだりするそうです。
ヤリイカを「一番するめ」と呼ぶこともあるよう。

また、シリヤケイカなどのコウイカを使ったものは「甲付するめ」、外套をはがさずに乾燥させる「ミズイカ」や「アオリイカ」を使ったものは「袋するめ」や「おたふくするめ」と呼ぶそうです。

きっと私が食べているするめは二番するめですね。

あたりめって何?

「あたりめ」とは、するめの別称。
…あれ?同じもの?
と少々驚いたのですが、同じものを意味するようです。

なぜ名前が二つ?

するめは、日持ちする食品で「幸せが続く」という意味や、イカは足の本数が多く、室町時代の頃から「お金」のことを「お足」とも言った、ということから、縁起物として結納品などにも用いられる食品です。
しかし江戸時代になると、するめの「する」が、博打などでお金がなくなる事を意味する「擦る」や、財布やお金を盗む事を意味する「掏る」を連想させ、縁起が悪い、と言われるようになりした。
そこで、「する」を「あたり(当たり)」に換えて、「あたりめ」と呼ぶようになったということです。

するめは縁起物

今でも結納品としてするめが重宝されていますが、その際の漢字は「寿留女」。「寿」は「長寿」や「幸福」を、「留」は「嫁ぎ先に留まる」を、「女」は「良妻であるように」を表しています。

大相撲の土俵にも埋まっていますよね。
場所ごとに作り変えられる土俵ですが、その都度するめが埋め直されるんですね。

イカといえば

「さきいか」もイカの加工品ですが、これはどうやらするめ、あたりめとは別のもの。
生のイカやするめをあぶり焼きにして引き伸ばし、細く裂いた食品。
これがさきいかです。
するめやあたりめより柔らかくて食べやすいですよね。

おわりに

「するめ」と「あたりめ」
同じものだとわかってしまうと、以前持っていた印象って何だったのだろうと思ってしまいます。
呼び方に違いはあれど縁起物。
「寿留女」という漢字もあわせて覚えておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする