あぐらをかくの意味は?実は椅子のことだった?

あぐらをかく

皆さんの周りには、あぐらをかいているな、と思う人はいるでしょうか。

  • 会社で自分の役職にあぐらをかいている人。
  • 自分の家柄にあぐらをかいている人。

色々な所でそういった人の話を見聞きしますが、あまりなりたいタイプの人ではないですよね。

ところで、「あぐらをかく」とは元々どういう意味だったのでしょうか。
語源は何なのか、等々を調べてみました。

あぐらをかくの意味

あぐらをかく」の意味は、辞書によると、

「自分は何の努力もせず、あるものに頼ってゆうゆうと構えているさま」

類語としては、
付け上がる、思い上がる、図に乗る、調子に乗る、驕る、
などがあげられます。

あぐらをかくの語源

「足を組んで楽な姿勢で座ること」も「あぐらをかく」ですよね。

前述の「何の努力もせずゆうゆうと構えているさま」の意味は、この座り方からきています。

そもそも「あぐら」ですが、元は、大陸から渡来した貴族が用いていた高い座席や腰かけのことのようです。

一方で、日本では「足を組んだ楽な姿勢で座る」のが床に座る正式な座り方でした。

しかし、茶道の普及で正座が正式な座り方になったことで、江戸時代には、正座に対して楽な座り方という意味で「あぐら」が使われるようになりました。

異国の椅子である「あぐら」が、日本の床に座る状態を表す言葉として使われるようになった、ということですね。

「足を組んで床に座る」という座り方は変わっていませんが、正式な座り方ではなくなったことによって、現在の意味になったんですね。

漢字で書くと

「あぐら」の漢字表記を調べると、「胡座」、「胡坐」、「胡床」と三種類見つかりました。「胡座」あるいは「胡坐」と書かれていることが多いように思います。

元は椅子を表す「あぐら」ですが、これを、異民族を表す「胡」、椅子を表す「床」の二文字で書き表したようです。

後に床に座る状態を「あぐら」と呼ぶようになったため、「床」ではなく「座」や「坐」を用いるようになったのだとか。

意味の変化とともに、使う漢字も変化してきたのですね。

英語で表現すると

床に座る場合の「あぐらをかく」は

sit cross-legged

足を組んで座る、ですね。

一方、努力をせずゆうゆうと構えている、の意味の「あぐらをかく」は

rest on one’s laurels

と表現するようです。
「得た成功に安心してそれ以上やらない」という意味ですね。

おわりに

骨盤に優しい座り方である「あぐら」。
人に使うとあまり良い意味にならないのは何となく不思議ですが、
今あるものにあぐらをかかず日々向上心を持って生活したいものですね。