防水防塵性能を表すIP表示とは。その読み方、等級の意味

umi_boy

腕時計やスマホなど、屋外で使う精密機器を買う時に気になる条件の一つとして
防水・防塵
を挙げる人も多いですよね。

ただ一言で防水・防塵といっても、どのぐらいのレベルの性能があるのか。また買う側としても実際必要なのはどのレベルの性能なのか。は結構幅があると思います。

防水・防塵性能を謳う製品のスペック表には大抵
IP表示
という性能を具体的な等級で表すコードが表示されていますので、このコードの読み方、意味が分かると、必要なスペックをかなり正確に把握することができるようになります。

このIP表示、実は読み方は簡単なんですよ。知っておいて損はないです。
IP表示の読み方、等級の意味をここにまとめます。

スポンサーリンク

防水防塵性能を表すIP表示とは。その読み方

IP表示とは防水、防塵についての性能を表す国際的な表示規格です。

IP表示の読み方自体は簡単です。
IP(Ingress Protection:侵入からの保護。という意味)の後に数字が2つ並んでいて、最初の数字が防塵性能について、後ろの数字が防水性能についての等級となっています。

防塵性能は0から6まで
防水性能は0から8まで
となっていて、数字が大きいほど性能が高いです。

数字の代わりにXが入っている場合は「テストをしていない」という意味になり、防塵あるいは防水の性能は不明。もしくはない。ということになります。

防塵性能の等級の意味

IP○○の最初の数字が防塵性能を表す等級です。
正確には「人体・固形物体に対する保護」を表していて、ざっくり言うと
スキマの大きさがどの程度か。
を表しています。

例えば人の手が入らない程度のスキマなら「IP1○」となりますし、塵一つ入らない完全密封なら「IP6○」となります。

等級の意味は以下の通りです。

IP表記 保護の程度 説明・例 イメージ
IPXX 未テスト 保護の程度を問わない  
IP0X 保護なし 保護なし。丸はだか  
IP1X 直径50.0mmより大きい
固形物からの保護
手などが機器内部に
侵入できない程度のスキマ
IP1X
IP2X 直径12.5mmより大きい
固形物からの保護
指先などが機器内部に
侵入できない程度のスキマ
IP2X
IP3X 直径2.5mmより大きい
固形物からの保護
工具やワイヤなどが機器内部に侵入できない程度のスキマ IP3X
IP4X 直径1.0mmより大きい
固形物からの保護
砂粒などが機器内部に
侵入できない程度のスキマ
IP4X
IP5X 粉塵の侵入を防いでいる ほぼ粉塵の侵入を防ぐ。
若干の粉塵の侵入ならば機器の正常な動作を損なわない。
例:ほこりの侵入程度は許容範囲とする
IP5X
IP6X 完全防塵構造 粉塵の侵入を完全に防ぐ IP6X

防水性能の等級の意味

IP〇〇の後ろの数字が防水性能を表しています。
一番低いIPX0だと防水なし。
一番高いIPX8だと水没した状態でも使える。
となります。

等級の意味は以下の通りです。

IP表記 保護の程度 説明・例 イメージ
IPXX 未テスト 保護の程度を問わない  
IPX0 保護なし 特に保護されていない  
IPX1 防滴Ⅰ形
素直落下する
水滴に対する保護
まっすぐ真上からの
水滴によって影響を受けない
IPX1
IPX2 防滴Ⅱ形
15度傾斜した
水滴からの保護
15度まで機器が傾いていても
水滴の影響を受けない。
IPX2
IPX3 防雨形
垂直より60度までの
散水から保護
降雨程度なら
浸水を防げる性能。
IPX3
IPX4 防沫形
あらゆる角度からの
飛沫からの保護
例えばお風呂場でも
使える性能。(水没は不可)
IPX4
IPX5 防噴流形
あらゆる方向からの
直接水流からの保護
例えばお風呂場でシャワーを
浴び続けても問題ないレベル
IPX5
IPX6 耐水形
波浪に対する保護
いかなる方向からの強い水流
でも浸水しないレベル
例えば波打ち際で波に晒されても
OKな防水性能
IPX6
IPX7 防浸形
一時的な水没でも
浸水しないレベル
水深1mまでに水没しても
30分以内に取り出せばOKなレベル
IPX7
IPX8 水中形
水中でも全く問題なく
使える性能
原則的に完全密閉構造。
耐用時間や対応水圧については
規格上では決まっていない。
IPX8

必要なスペックをIP表示から知ろう

防水、防塵性能をうたう製品が数多くありますが、なんとなくイメージ的な表現しかしていなくて具体的な性能が分かりづらい製品もけっこうありますよね。

そんな時、IP表示の記載があれば具体的な性能を読み解くことができます。

必要なスペックを知る上でもIP表示は重要な指針となるので、覚えておいて損はないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする