WordPress始めたらまず最初に設定するプラグイン7選【超初心者向】

WordPressビギナーロゴ

WordPressで快適なブログ環境を整えるにはプラグインの導入が欠かせません。

WordPressには便利なプラグインが数えきれないほどありますが、最初の最初に最低限これだけ入れとけ!な必須プラグインとなるとグッと絞られて7つ。
まずはこれだけ押さえておけば快適なブログ環境を整えることができます。

そんな、まず最初に絶対入れるべき必須のプラグインを7つ、インストールから有効化、そしてとりあえずこれだけやっとけばOK!な設定を解説します。

スポンサーリンク

最初の最初に入れるプラグイン7選

最初の最初に入れるプラグインは以下の7つです。

  • WP Multibyte Patch:日本語環境の強化
  • Akismet Anti-Spam:スパム対策
  • UpdraftPlus – Backup/Restore:ブログデータのバックアップ
  • TinyMCE Advanced:記事の改行を適切に行う
  • Google XML Sitemaps:ブログのアクセスをのばすSEO対策
  • PS Auto Sitemap:サイトマップページを自動生成
  • Contact Form 7:お問い合わせページの設置

なかでも特に「WP Multibyte Patch」と「Akismet Anti-Spam」はWordPressにはじめから標準インストールされている必須中の必須プラグインです。必ず有効化しておきましょう。

それではそれぞれのプラグインの設定方法について一つずつ解説していきます。

※プラグインの検索~インストールの方法はこちらで解説しています。

WP Multibyte Patch:日本語環境の強化

「WP Multibyte Patch」はWordPressで日本語を扱うためのプラグインです。
WordPressは標準でも日本語化されているんですが細かな部分での不具合やサポートしきれていない箇所を補足強化して、より安定した日本語環境を整えるのが「WP Multibyte Patch」の役割です。

WordPressをインストールしたら、一番最初に行うのはこの「WP Multibyte Patch」の有効化といっても過言ではありません。それぐらい重要かつ必須のプラグインです。

WP Multibyte Patchを有効化する

このプラグインは最初に1回「有効化」を行うだけで、後は一切触る必要もありません。というか設定も何もないです。

「WP Multibyte Patch」はWordPress(の日本語版)をインストールしたら最初から標準インストールされていますので、あとはプラグインの「有効化」のために1クリックするだけです。

WordPressの管理画面左側に並んだメニューの中にある「プラグイン」という項目をクリックすると、インストールされているプラグインの一覧が表示されます。

その一覧の中にある「WP Multibyte Patch」の欄に「有効化」と書かれていますので、そこをクリックしてください。

WPmultibytepatch有効化前

すると画面がプラグイン一覧の一番上に移って
「プラグインを有効化しました」
と表示されます。

これで「WP Multibyte Patch」は有効化されました。作業は以上です。

プラグインを有効化しました

「WP Multibyte Patch」の欄を見てみると、「有効化」の文字が消えていることが確認できます。

WPmultibytepatch有効化後

これで「WP Multibyte Patch」について必要な手順は全て完了です。以降は一切触る必要ありません。

Akismet Anti-Spam:スパム対策

WordPressに限らず、ブログを運営しているとコメント欄に迷惑なスパムコメント(自サイトへのリンクを張るためだけに大量に送られる迷惑コメント)があきれるほど投稿されます。

迷惑なスパムを自動で選別してブロックしてくれるとても大事なプラグインが「Akismet Anti-Spam」です。
こちらのプラグインもWordPressに標準でインストールされている必須プラグインです。

akismetプラグイン追加

ただこのプラグインは「有効化」する手順がすこし手間なので、慣れない最初はけっこう時間がかかってしまうかもしれません。

以下のリンク先で有効化の詳しい手順を解説していますので、そちらを読んでいただきながら作業をすれば、迷う事なくスムーズに有効化が出来ると思いますので、ぜひ参考にしてください。

UpdraftPlus – Backup/Restore:ブログデータのバックアップ

そうそうめったにある事ではないですが、何か重大なトラブルがあってブログのデータが飛んでしまう。消えてしまう。といった事が無い訳ではありません。

もしそうなってしまった時にバックアップがあって簡単に復旧することが出来れば安心です。

そんな「転ばぬ先の杖」として自動バックアップと復旧の機能を追加するプラグインが「UpdraftPlus – Backup/Restore」です。

 UpdraftPlusプラグイン

「UpdraftPlus – Backup/Restore」はまず検索してインストールする必要があります。

WordPressのプラグインインストール手順は
1・プラグインを検索
2・検索でヒットしたプラグインの「インストール」ボタンをクリック
3・インストールが完了したら「有効化」をクリック
の3ステップで完了します。

詳しい方法の解説はこちらをどうぞ

「UpdraftPlus – Backup/Restore」をインストールしたら、次にバックアップの設定をします。自動でバックアップを行うスケジュールやバックアップデータの保存先などの設定です。

管理画面左側メニューの「設定」の中にある「UpdraftPlus Backups」を開いて設定画面を表示させると、いくつものタブで分けられた設定項目がありますが、必要な設定は全て「設定」タブに集約されています。

UpdraftPlus設定タブ

「設定」タブの中の項目の設定については、以下の設定値をそのままパクッてもらえばとりあえずはOKです

  • ファイルのバックアップスケジュール : 1週間ごと・3回分
  • データベースのバックアップスケジュール : 1週間ごと・3回分
  • 保存先を選択 : 普段使っているストレージ(僕の場合はDropbox)
  • バックアップするファイル : 全部チェック・除外設定はそのままデフォルトで
  • データベース暗号化フレーズ : 無料版なので使用不可
  • メールアドレス : オン(通知受け取る)
  • エキスパート設定 : 設定なし

※バックアップの保存先は普段使っているストレージを選んでください。

UpdraftPlus設定タブ-保存先

設定値を変更したら、最後に一番下にある「変更の保存」をクリックすると設定完了です。
あとは自動で定期的にバックアップを取ってくれるので、何かあった時もひとまず安心です。

より詳しい各項目の解説と、いざという時の復旧の方法については、こちらを参照してください。

TinyMCE Advanced:記事の改行を適切に行う

WordPressはそのままの状態でも美しいデザインでブログを運営できますが、一点とても残念なのは、文章の改行が勝手に整形されてしまう機能があって、例えば3行4行と空白行を繰り返すことが標準では出来ません。

複数改行出来ない問題

そんな残念な仕様をオフにして記事を思い通りの形で投稿するためにインストールするプラグインが「TinyMCE Advanced」です。

TinyMCEadvanced検索

「TinyMCE Advanced」は実は記事投稿画面の機能を拡張するのがメインのプラグインですが、その機能はもちろん素晴らしい上に、記事の自動整形をストップさせるオプションが優秀なのが超オススメポイントの必須プラグインです。

とりあえず設定してほしいポイントは1つだけ。
「TinyMCE Advanced」をインストールして設定画面を開き、下の方にある「高度なオプション」という枠の中にある「段落タグの保持」のチェックをオンにするだけです。

TinyMCEadvanced高度なオプション

ここにチェックを入れることでWordPressの自動整形機能が効かなくなり、記事を自由に思い通りの体裁で投稿できるようになります。

「TinyMCE Advanced」はとりあえずはこのチェック1つだけ入れればOKですが、他にも色々出来ることがありますので、各機能の解説を読みたい人はこちらの記事も参考にしてください。

Google XML Sitemaps:ブログのアクセスをのばすSEO対策

WordPressは手軽に始められるブログサービスですが、正直言って記事を投稿し始めた最初の内はなかなかアクセスが増えません。つまり誰にも見つけてもらえないです。
運営開始間もないWordPressブログを「絶海の孤島」と表現する人もいるぐらい全っ然アクセスが増えないのは、人によってはなかなかツライかもしれません。

そんな中で少しでもアクセスを増やすために行う工夫の1つが「SEO」と呼ばれる検索されやすくするための工夫ですが、「Google XML Sitemaps」はGoogleにブログを見つけてもらい、ブログの情報を素早く収集してもらうための案内図(XML sitemap)を自動で生成するためのプラグインです。

実際のところ、このプラグインを使わず、XML sitemapを用意しなくても、いつかはGoogleがブログの情報を集めて検索に表示されるようにしてはくれますが、そのタイミングを早める、あるいはこちらからGoogleに情報提供をする。というのはSEO的には最低限やっておくべき重要な施策です。

「Google XML Sitemaps」はインストール有効化だけしておけば、とりあえずは自動でXML sitemapを作ってくれるのでGoogleに見つけてもらえる(インデックスされる)のが早くなります。

より詳しく各設定項目について知りたい人は以下もどうぞ

PS Auto Sitemap:サイトマップページを自動生成

上記プラグイン「Google XML Sitemaps」はGoogleのボット向けにサイトマップを用意するプラグインですが、「PS Auto Sitemap」はブログを見に来た人に向けて用意するサイトマップを自動生成するプラグインです。

PSAutoSitemap

ブログを訪れてくれた人が欲しい情報にすぐアクセスできるようにと設置を推奨されているのがサイトマップページです。
ただしサイトマップは手作業で作るのはなかなかに面倒なので、自動で生成してくれる「PS Auto Sitemap」のようなプラグインがとても便利で重宝します。

「PS Auto Sitemap」はインストール有効化して設定はそのままでも問題ないですが、サイトマップページを1枚作ってプラグインの生成結果を反映させるショートコードを設置する必要があります。

サイトマップページの設置方法は以下のページを参照してください。
3ステップで完了する簡単な手順でサイトマップページを作れます。

Contact Form 7:お問い合わせページの設置

サイトマップページと同様に設置が推奨されているのが、ブログ運営者にコンタクトを取るための「問い合わせページ」(またはコンタクトフォームとも言います)です。

問い合わせページに必要なメアドや名前、本文を記入してメッセージを送るフォーム部分を簡単に設置できるのが「Contact Form 7」です。

 ContactForm7プラグイン検索

「Contact Form 7」は必要に合わせてフォーム部分を柔軟にカスタマイズして設置することが出来ます。

フォーム部分のカスタマイズを一通り終えたら、固定ページで「問い合わせページ」を作成してショートコードをコピペすれば完成です。

詳しい設置方法は以下の記事を参照してください。

快適なブログ運営はとりあえず7つでOK。

WordPressには数えきれないほどたくさんのプラグインがあり、とても便利なものも多いですが、反面プラグインを入れすぎると重くなったり、最悪不具合が起こったりする場合もあるそうです。

まずは最低限必要なプラグインだけ7つ。ここから始めて、本当に必要なプラグインは後々厳選してインストールしていくことをオススメします。

ちなみに僕がオススメするプラグインはこの記事で紹介した7つにさらに7つ追加した14選です。以下の記事で紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする