ブログのリンク切れを監視する「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerイメージ

「Broken Link Checker」はブログのリンク切れを監視するWordPressプラグインです。

プラグインをインストールするだけで難しい設定は一切必要なし。

メール通知やダッシュボード表示など、リンク切れにすぐ対処できる仕掛けがあって安心です。

ブログの品質に関わる大事な要素ですし、SEO的にもリンク切れは避けたいところです。
外的要因で起こってしまうリンク切れには素早い対処が必要なので、モニタリングしてくれる「Broken Link Checker」は必須プラグインと言えます。

インストールするだけ。設定不要です。

Broken Link Checkerプラグイン

「Broken Link Checker」はインストールするだけですぐにリンク切れを監視し始めてくれます。

※プラグインのインストール方法は以下のリンクを参照

設定メニューから「リンクチェッカー」に進むとオプション設定が色々出来ますが、基本的には一切手を付けなくていいです。

ダッシュボードでモニタリング表示できるようにする

唯一これだけはやったほうがいいのが、ダッシュボードでリンク切れをモニタリング出来る様に「Broken Link Checker」のブロックを表示させておく設定です。

やり方は簡単で、ダッシュボードの上にある「表示オプション」タブを開いて「Broken Link Checker」のチェックをオンにするだけです。

Broken Link Checkerダッシュボード表示設定

ボックスは自由に配置換えできるので、見やすい場所に配置してください。
これでWordPressにアクセスする度にリンク切れの状態が目に入るようになります。

設定項目全解説

基本的には一切触る必要のない設定オプションですが、より便利に使うための設定項目が多く用意されているので解説します。

Broken Link Checkerの設定項目は大きく5項目に分かれています。

  • 一般
  • 含まれるリンクを探す
  • チェックするリンクの種類
  • プロトコル&API
  • 高度な設定

一般

ステータス

ブログに含まれる全リンクの状態の概要が表示されています。
ダッシュボードにモニタリング表示される内容がこれです。

各リンクをチェック

定期的にリンクをチェックする周期を設定します。
デフォルトは72時間。

メールで通知

リンク切れが検出された際にメールで通知するかどうかのチェックです。
ブログを複数人で更新している場合は投稿者個別に通知を送ることもできます。

通知メールアドレス

通知を受けるメアドを設定できます

リンクの調整

リンク切れを起こしているリンクに対して自動で取る対応策をカスタマイズできます。

提案

リンク切れの際に代替えページがある場合はそちらを提案してもらえます。

警告

モニタリング表示において、リンク切れでは無いまでも問題が起こっているリンクについて「警告」という表示で注意喚起をします。

含まれるリンクを探す

リンク切れのチェックをどの範囲まで行うのか、の設定です。
必要なところだけチェックを入れるようにします。

チェックするリンクの種類

リンクの種類

どのリンクの種類を判定する範囲に含めるかのチェックです。

除外リスト

リンクのチェックをしないキーワードを設定できます

プロトコル&API

特定のリンクを判定するための機能を取得するための設定です。

「基本的なHTTP」は通常のリンク判定用です。チェックを入れておきます。

「MediaFire API」と「RapidShare API」はどちらもファイル共有サイトのことを指しています。これらのサイトを利用してなければチェックする必要はありません。

「YouTube API」はYouTubeのリンク判定用です。YouTubeの動画を埋め込むなどしている場合はチェックした方が良いです

高度な設定

タイムアウト

リンク判定にかける時間の制限です

リンクモニター

ダッシュボードにBroken Link Checkerのブロックを表示している場合に裏でチェック処理を更新するチェックです。
デフォルトではチェックが入っていますがサーバーの負担を軽くしたい場合はチェックを外します。

ダッシュボードのウィジェットを表示

複数人で運営している場合に誰にモニタを見せるか選択できます。
一人で運営している場合は関係ない項目です。

リンクに表示する操作

リンク切れが発覚した際に一覧に表示される修正の選択肢を選べます

最大実行時間

リンクチェックを実行する時間の設定です。

サーバー負荷の制限

リンクチェックによってサーバーにかかる負荷の上限を決めます。

リソース使用率の目標値

サーバーにかかる負荷をコントロールする目標値の設定です。

ログの保存

リンクチェックの履歴を残すことができます

ログファイルの場所

履歴を残す場合の保存場所を指定できます

再確認

手動でリンクチェックを開始できます。
これまでのチェックを全て白紙に戻して全て見直すボタンだそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする