Google XML Sitemapsの設定方法・おすすめの使い方

XMLsitemapsイメージ

Google XML SitemapsはGoogle検索にサイト(ブログ)を表示させる手がかりとなるXMLサイトマップを自動で生成しGoogleに送信通知してくれるWordPressのプラグインです。

XMLサイトマップの作製送信はアクセスアップのための基本的かつ重要な施策なのですが、手作業で行うのはとんでもなく面倒です。

なので「Google XML Sitemaps」は必ず入れるのをオススメする超重要ド定番プラグインの一つと言えます。

設定項目は専門用語が並んでいて知識がないとチンプンカンプンかもしれませんので、押さえるべきポイントを中心に解説していきます。

XMLサイトマップとは(Google検索の基礎知識)

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」が自動で生成している「XMLサイトマップ」とはなんなのか。ざっくり概要を解説します。

Googleは「ロボット」と呼ばれるプログラムによって世界中のウェブサイトの情報を集めています。(インデックスと言います)
そのロボットに自分のサイトを正しく効率よく道案内するのが「XMLサイトマップ」の役割です。

ロボットはほっといてもいずれサイトにやってきますが、こちらからXMLサイトマップを送信することでより早いタイミングでやってきてサイトの情報を収集し、Google検索に表示してくれる様にしてくれます。

ちなみにXMLサイトマップはロボット向けのもので、サイト訪問者が見る「サイトマップページ」とはまったくの別物です。

さらにちなみに、XMLとはインターネット上でデータを扱うマークアップ言語の一種のことを指します。

Google XML Sitemapsの役割、設定項目

XMLsitemaps

Google XML Sitemapsはブログ全体をまとめて自動でXMLサイトマップにしてGoogleに送信までしてくれる便利なプラグインです。

プラグインのインストール方法についてはこちらを参考にしてください。

設定項目は

  • 基本的な設定
  • 追加ページの設定
  • 投稿の優先順位
  • Sitemapコンテンツ
  • 含めない項目
  • 更新頻度の設定(changefreq)
  • 優先順位の設定(priority)

の7項目に分かれています。

基本的にはデフォルトのままでも充分問題ないですが、各項目の意味を理解して自分のブログに合った設定に出来るとよりSEO効果も高まります。

以下各項目の解説とオススメ設定を紹介していきます。

基本的な設定

XMLsitemaps基本的な設定

「基本的な設定」にはさらに「通知を更新」と「高度な設定」という2項目が含まれています。

「通知を更新」には3つのチェックがありますが、3つともチェックを入れます。
このチェックを入れることでXMLサイトマップを送信してインデックスを早める効果が期待できます。

「高度な設定」では
記入欄は全て空欄
チェックは2つチェック(一番下の「匿名の統計を許可する」はチェック不要)
がオススメです。

「Try to automatically~」はXMLサイトマップを圧縮する設定です。
圧縮された状態の方が良いそうなので、デフォルトでチェックが入っています。

追加ページの設定

XMLsitemaps追加ページの設定

この項目では、WordPressブログの範囲以外でサイトマップに含めたいページがある場合に追加することができます。

例えばブログからリンクが張ってあるランディングページなどです。

「新しいページの追加」をクリックすると追加フォームが現れますので、そこに必要事項を記入します。

普通にブログだけで運営している場合はこの項目を触る必要はありません。

投稿の優先順位

XMLsitemaps投稿の優先順位

XMLサイトマップでは各ページごとに優先順位を指定することができます。

後述の「優先順位の設定(priority)」で全体の優先順位を決めますが、投稿記事は一律の優先順位となってしまいます。

そこでこの「投稿の優先順位」項目で、記事についたコメント数を参照して各記事ごとに優先順位を計算するようにできます。

基本的には、一番上の「優先順位を自動的に計算しない」を選択しておくのがセオリーですが、記事に多くのコメントがつくようでしたら、コメント数で順位を計算させてもいいかもしれません。

Sitemapコンテンツ

XMLsitemapsコンテンツ

ロボットに効率的にサイトを巡回してもらうために、不要なページを外して必要なページだけ巡回してもらうようにコントロールするのが「Sitemapコンテンツ」項目です。

必須でチェックを入れるのが

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)
  • カテゴリーページ

の3つですが、人によっては

  • 固定ページ

も必須と言われており意見の分かれるところです。
僕はチェックしていません。

チェックを外しているからといってロボットが巡回しない訳ではありません。
あくまでXMLサイトマップに記述しないだけです。
固定ページ(問い合わせページやプライバシーポリシーなど)は内容的にもインデックスしてもらう必要性の薄いページなので外しておく。といった考え方です。

含めない項目

XMLsitemaps含めない項目

意図的にXMLサイトマップに記述させないカテゴリーや記事などを指定することができます。

僕は「未分類」カテゴリにチェックを入れて記載しないようにしています。

「未分類」カテゴリはWordPressに初期から設定されている記事カテゴリですが普段使ってないですし、でも削除もできないので、ロボットに巡回してほしくないカテゴリです。なのでチェックをいれて除外するようにしています。

もし「未分類」カテゴリをあなたが使っているならチェックしない(除外しない)方が良いです。

個別記事を除外するには記事IDを記入します。

記事IDの調べ方は、記事投稿編集画面のURLの
「http://○○○/wp-admin/post.php?post=XXX&action=edit」
「post=」と「&action=edit」に挟まれた数字(2ケタから4ケタ程度のはず)が記事IDです。

更新頻度の設定(changefreq)

XMLsitemaps更新頻度の設定

各ページの更新頻度を設定する項目です。
ロボットがこの値を参考に定期的に巡回します。
ただしあくまでヒント、目安程度らしいのであまり厳密ではないです。

なんとなくそれっぽい値を指定しておけばOKかな。程度です。
デフォルトのままでも全然問題ありません。

優先順位の設定(priority)

XMLsitemaps優先順位の設定

各ページの優先順位(重要度)を設定する項目です。

ここもなんとなくこんな感じ。程度でOKです。
デフォルトのままで全然OK

Google_webmaster_toolに登録しよう

Google XML Sitemapsの設定は以上ですが、さらにその効果を高めるために、Google Search Consoleに自分のサイトを登録して、XMLサイトマップを確実に受け取ってもらえるようにしましょう。

ここに自分のブログ、サイトを登録しておくことで、Googleからどのように認識されているか、サイトのパフォーマンスなどを知ることができるようになります。

またGoogle XML Sitemapsで生成されたXMLサイトマップを意図的に紐づけて認識させることが出来ます。

一度登録してしまえばOKなので、アクセスアップのために登録がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] Google XML Sitemapsの設定方法・おすすめの使い方 […]