EWWW Image Optimizerの使い方・設定項目解説

EWWWImageOptimizerイメージ

EWWW Image OptimizerはWordPressにアップロードされた画像を自動で圧縮・最適化して表示速度を向上させるプラグインです。

画像の表示速度を上げる→ページの表示速度が上がる→閲覧しやすくなる→SEO効果がある→アクセスが増える

という訳で、EWWW Image Optimizerはブログのアクセスアップ効果を期待できるプラグインです。

一見すると設定項目が多く難しそうな印象を受けるプラグインですが、定番の使い方と合わせて設定項目を解説します。

スポンサーリンク

設定4項目と一括最適化

EWWW Image Optimizerは4つの設定項目と「一括最適化」という処理ツールによって構成されています。

利用方法は

  • 基本設定
  • 高度な設定
  • 変換設定
  • WebP設定

の4項目の設定を確認してから、一括最適化ツールで画像を最適化する。
という流れになります。

一度設定してしまえば、後は全自動でアップロードした画像を最適化し続けてくれます。

まずはデフォルトのままで一括最適化!でOK

EWWW Image Optimizerの設定については、基本的にはデフォルトのままで全然OKです!
なのでインストール即一括最適化。で全然問題ないです。

プラグインのインストール方法についてはこちらのページを参照してください。

インストールしたら早速一括最適化をしてみましょう。

設定→EWWW Image Optimizer
で設定画面を開いて画面上部にあるリンクをクリックするか

EWWWImageOptimizer一括最適化へのアクセス1

メディア→一括最適化
で一括最適化ツールに直接アクセスすることもできます。

EWWWImageOptimizer一括最適化へのアクセス2

一括最適化ツールの使い方

一括最適化ツールの使い方はシンプルです。
1・「最適化されていない画像をスキャンする」をクリック

EWWWImageOptimizer一括最適化01

2・最適化できる画像が検索されたら「最適化を開始」ボタンが現れるのでクリック

EWWWImageOptimizer一括最適化02~準備完了

この2ステップで完了です。

なお、最適化には数分~数十分かかります。
画像の量によりますので、時間に余裕のある時にやられた方が良いでしょう。

EWWWImageOptimizer一括最適化03~最適化中

設定項目の解説:基本設定

「基本設定」タブの設定項目について解説します。

EWWWImageOptimizer基本設定

Cloud optimization の API キー

有料オプションのクラウド機能を有効にするための項目です。
ほとんどの方はクラウド機能は必要ないはずなのでスルーでOKです。

デバック

なにかトラブルがあった時に原因を追究するため必要がある場合のための項目です。
エンジニア向けの項目です。
デフォルトはオフ。

メタデータを削除

画像に付随している不要な情報(カラープロファイルやコメントなど)を削除してデータサイズを減らすことができます。
デフォルトはオン。

JPG最適化レベル、PNG最適化レベル、GIF最適化レベル

画像の容量を減らすために、どこまで画像を劣化させても良いか。という設定です。
3つともデフォルトは「ロスレス圧縮」
他の圧縮レベルは有料オプション扱いとなっています。

PDF最適化レベル

PDFデータをどこまで圧縮しても良いか。という設定です。
デフォルトは「無圧縮」
これも他の設定は有料オプションです。

一括遅延

一括最適化ツールを使う際にサーバに負担をかけないように圧縮処理の間隔を空ける指定が出来ます(秒単位)
よっぽど非力なサーバを使っていない限りデフォルトで問題ないです。
デフォルトは空欄(0秒。間隔を空けずに一気に圧縮作業を行う)

バックアップ元

圧縮最適化を行う前の元画像をバックアップしておくためのチェック。
有料オプションです。

設定項目の解説:高度な設定

「高度な設定」タブの設定項目について解説します。

EWWWImageOptimizer高度な設定

optipng 最適化レベル

PNGフォーマットの画像を再圧縮する回数を指定できます。
回数を増やしたからといって効果が増すわけでもないようです。
デフォルトは「レベル2:8件の試行」

無効にするpngout

PNGフォーマットの画像を最適化するツールPNGOUTを利用するためのチェック。
デフォルトはオフ。
オンにするとPNGOUTをインストールできるようになります。
効果のほどは1割程度圧縮できるらしいです。(未確認)

pngoutの最適化レベル

上記最適化ツールPNGOUTをインストールした際に圧縮レベルを指定するための項目。

JPG画質レベル

JPGフォーマットの画像の圧縮レベルを指定する項目。
デフォルトは空欄(品質レベル82)。
82より下の数字を入れると圧縮率が上がるかわりに画質が落ちます。

並列最適化

チェックを入れるとサーバの負担が軽くなるらしいです。
よほどの問題がない限りはチェック不要。

スケジュール最適化

通常画像がメディアライブラリにアップロードされるタイミングで圧縮最適化を行いますが、このチェックを入れることで指定フォルダにある画像を定期的に最適化検索するようになります。
デフォルトはオフ

メディアライブラリフォルダーを含める

「スケジュール最適化」がオンになっている場合にメディアライブラリもスキャンの対象に入れるか選択できるチェック
デフォルトはオフ

最適化するフォルダー

メディアライブラリ以外で最適化したい画像フォルダ(ディレクトリ)がある場合にパスで指定できる。

無視するフォルダー

例えば上記「最適化するフォルダー」で指定したフォルダーに含まれる子フォルダーの中で最適化したくないフォルダーがある場合にここで指定することができる。
ここまで設定する必要があるのは相当な上級者なはず。

メディア画像をリサイズ・他の画像をリサイズ

上限サイズを設定して、上限を超えた画像を強制的に縮小リサイズできる設定。
デフォルトは空欄

既存の画像をリサイズ

既にアップロードされている画像をリサイズするためのチェック。
デフォルトはオフ

リサイズを無効化

WordPressが生成する画像の中で最適化を無効化したり、そもそも生成させないようにしたりできるチェック群。
デフォルトは全てオフ

小さい画像をスキップ・大きい PNG 画像をスキップ

最適化する画像の上限、下限を設定できます。単位はバイト(画像の容量)
デフォルトはゼロ(上限下限なし)

フルサイズの画像を損ロスのある最適化から除外
フルサイズの画像をメタデータの削除から除外

最適化を行う際の除外設定。
デフォルトはオフ

システムパスを使用する

既に画像最適化ツールがサーバにインストールされていて、そちらを使う場合、EWWW Image Optimizerからそちらのツールを適用するように出来る(らしい)

使用状況トラッキングを許可しますか?

EWWW Image Optimizer側にプラグインの使用状況を送信して良いか許可するチェック。
開発元に貢献したい場合はチェックを入れる。
デフォルトはオフ。

設定項目の解説:変換設定

「変換設定」では画像の変換に関する設定が行えます。

EWWWImageOptimizer変換設定

コンバージョンリンクを非表示

画像フォーマットを変換出来ないようにするチェック。
運営サイト、ブログを複数人で運用している場合に好き勝手に画像を変換させないようにするためのチェックなので、1人でブログを運用しているみたいな場合はチェックしてもしなくてもOK。
うっかり変換を防ぐ意味でならオンにしたほうが良いかもしれないです。
デフォルトはオフ。

オリジナルを削除

最適化圧縮が成功した後でオリジナル画像をサーバーから削除するチェック。
デフォルトはオフ。

JPGからPNGへの変換を有効にする
PNGからJPGへの変換を有効にする
GIFからPNGへの変換を有効にする

画像フォーマットを変換出来るようにするチェック。
特別な事情が無い限りはフォーマットを変換させる処理はしないほうが良いです。
デフォルトはオフ

設定項目の解説:WebP設定

EWWWImageOptimizerWebP設定

WebPとはGoogleが開発した画像フォーマットです。
トラフィック量軽減と表示速度短縮を目的としたフォーマットとのことです。
参考:Wikipedia

Jpegやpngと比べてまだ普及度の低いフォーマットなので運用は慎重に行う必要がありそうです。

JPG、PNG を WebP に

画像をWebPフォーマットに変換するチェック
デフォルトはオフ

Force WebP

元々あるJPG画像やPNG画像をWebP画像に置き換えるチェックです。
デフォルトはオフ

WebPのURL

上記「Force WebP」をオンにした場合に置き換えるWebP画像がどこにあるかURLで指定します。

代替WebPに書き換え

上記「WebPのURL」を使用しないもう一つのWebP代替方法。
デフォルトはオフ

まずはデフォルト設定で最適化してみよう

EWWW Image Optimizerは多くの設定項目を有した高機能プラグインですが、まずはデフォルトで最適化してその効果のほどを確認してみてください。
デフォルトのままでも充分効果があるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする