W3 Total Cache:ブログの表示速度を改善するWordPressプラグイン

スポンサーリンク

W3TotalCacheイメージ

「W3 Total Cache」はWordPressの表示スピードを改善向上させるためのプラグインです。

インストールするだけで劇的に表示スピードが改善される効果がありますが、反面扱いに注意が必要でもあります。

スポンサーリンク

キャッシュ系プラグインとは

「W3 Total Cache」はキャッシュ系と呼ばれるプラグインの1つです。

ものすごくざっくり言うと、WordPressはデータベース(mySQL)とスクリプト(PHP)を利用して記事を毎回生成してウェブブラウザに表示していますが、毎回毎回記事を生成していては負荷がかかって表示に時間がかかるので、その処理をあらかじめ済ませておいて処理済の記事を表示させる様にするのがキャッシュ系プラグインです。

また、キャッシュといってもいくつもの領域があって、プラグインによって対象としている部分がそれぞれあるんですが、「W3 Total Cache」は全体をカバーしている非常に高機能なプラグインです。

WordPressキャッシュ系プラグインの比較とサイトに適した選び方

こちらのエントリでキャッシュ系プラグインがそれぞれどのような領域で動いているかをわかりやすく解説してくれています。

W3 Total Cacheはインストールするだけでとりあえず早くなる

W3TotalCacheプラグイン

W3 Total Cacheをインストールすると、左側と上側のメニューに「Performance」という項目が追加されます。

W3TotalCacheメニュー

こちらがW3 Total Cacheの設定項目になりますが、はっきり言って膨大な設定項目で素人が下手に触ることは出来ません。

ですがデフォルトの状態でもいきなり表示速度が劇的に改善されますので、設定はとりあえず触れなくてOKです。

どれぐらい速度が速くなったかを調べる方法として簡単に出来るのが

Google PageSpeed Insights

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

この2つのウェブサイトでご自分のブログのアドレスを入力すると、表示速度を計測できますので、まずW3 Total Cacheをインストールする前に計測して、その後インストール後にもう一度計測してみてください。

当サイト「memolog.info」は倍程度スピードアップしていました。
(記録を残してないのが残念)

W3 Total Cacheの注意点

インストールするだけで劇的にブログをスピードアップできる便利なプラグイン「W3 Total Cache」ですが、使用にあたって注意する事が一点あります。

それは「W3 Total Cache」が必要なくなった時に、不用意に削除すると最悪WordPressが起ちあがらなくなってブログ全体が見えなくなってしまう可能性があるということです。

「W3 Total Cache 真っ白」や「W3 Total Cache エラー」と検索すると、恐怖の体験談をいくつも読むことが出来ます。

とはいえ、手順を守れば安全に削除することが出来ます。
「W3 Total Cache 削除」で検索すると削除の手順についての記事が多く出てきますので、そちらを参考にしてみてください。

参考エントリ
キャッシュ系プラグインW3 Total Cacheの安全な削除方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする