昆虫料理の食材が買えるお店:友誼商店(池袋)

友誼商店

友誼商店は中国の食材を多数取り揃えているスーパーです。
調味料や冷凍精肉、お菓子やお酒など本場の中華系食材が手に入るお店ですが、その取扱い商品の一つとして、サクサン(カイコの一種)の蛹が冷凍で販売されています。

昆虫料理で使う食材を手に入れることの出来るお店として重宝しますので、ここでご紹介します。

池袋チャイナタウンの中華食材スーパー

新大久保が有名すぎてあまりメジャーではないですが、実は池袋駅北口周辺一帯もチャイナタウンとなっており、中華料理店や中華食材を扱うスーパーが多く集まっています。
友誼商店もそんな中華系食材を専門に扱うスーパーの一つです。

場所は池袋駅北口を出て左手に約1分。雑居ビルの4階です。
ビルの入口には大きな看板が出ており、周辺の中華系食材店の中でもひと際大きい店舗です。

友誼商店-池袋北口

池袋駅の北口を出たら左手に進み、横断歩道を渡ります。

友誼商店-店舗入口

横断歩道を渡ってそのまま真っすぐ数メートル進むと左手に友誼商店の入った雑居ビルがあります。エレベーターに乗って4階へ

4階の広々としたフロア全体に整然と陳列棚が並び、調味料、香辛料、精肉、鮮魚、お菓子、お酒、インスタント食品、等々、中国本土で売られている商品がずらりと取り揃えられています。

あまり日本では見慣れない食材も多く並んでいて、例えば猪は鼻や骨など多様な部位に分けて売られていますし、羊は脳が箱詰めで売られていたりします。
さらに珍しいところだと、むき身のカエル、狗肉も売られていました。

また商品もさることながら、店員さんも中国の方、お客さんもほとんど中国の方で、聞こえてくるのも中国語です。

冷凍サクサン蛹が買えます

友誼商店-サクサン

友誼商店で買える昆虫食材は「サクサン」という蚕の一種の蛹です。

主に絹糸を取る目的で飼育されている種で、糸を取った後の蛹を食用する習慣が中国本土にあります。

サクサンは冷凍で4~50匹ほどまとまって袋に入って売られています。
今回見た値段は780円でしたが、以前600円ほどで購入したこともあるので、時期によって変動しているのかもしれません。

冷凍サクサンの食べ方

サクサン揚げ物

新大久保「千里香」でいただける「揚げサクサン」

サクサンは周りが黒くて固めの殻で覆われており、中の身を食べます。

冷凍のまま熱湯に入れて茹でてから殻を開いてペースト状の身を取り出して調理する方法か、冷凍のまま半分に割り、炒めたり揚げたりする方法がオーソドックスです。

殻は基本的には固くて食べられません。
また、身の中心にある黒い部分(消化管)も固く食感が悪いので取り除いたほうが美味しく食べられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする