WordPressの投稿履歴を停止できるプラグイン「Revision Control」

履歴イメージ

WordPressの投稿画面では通常、文章の保存をする度に履歴(リビジョン)が残ります。
過去の履歴に戻って書き直したり、比較検討したり、便利な機能である一方、データベースの容量を圧迫するのと、文章を管理するIDの数も無駄に増えていきます。

もし履歴の機能を全然使わないようならバッサリ停止してしまいたいですよね。

そんな履歴機能を停止含めてコントロールできるプラグインが
Revision Controlリビジョンコントロール
です。

スポンサーリンク

リビジョン停止が簡単にできる

※プラグインのインストール方法については
WordPressプラグインのインストール方法
を参考にしてください

Revision Controlの設定画面はシンプルです。

投稿、固定ページ、カスタムCSSでそれぞれリビジョンの保存数を指定するだけです。

Revision Control設定

下の「リビジョン範囲」は保存数の選択メニューをカスタマイズする時に使いますが、まず触る必要はありません。

リビジョンを停止するには

履歴(リビジョン)の保存を停止するにはリビジョン設定を
「投稿リビジョンを保存しない」
に変更して下の「変更を保存」を最後にクリックするだけです。

Revision Control設定メニュー

これだけでリビジョンが一切保存されなくなります。

投稿、固定ページ、カスタムCSS
3項目とも「投稿リビジョンを保存しない」にするのがオススメです。

Revision Controlでリビジョン比較がしやすくなる

Revision Controlはリビジョン停止だけでなく、リビジョンの比較がしやすくなる機能も持っています。

リビジョン最大保存数:n(2以上)
を選ぶと、投稿画面で「Post Revision」というウィジェットを表示することが出来るようになります。

このウィジェットで任意の履歴を削除したり、2つの履歴を比較するのが簡単に出来たりします。

Revision Control比較コンソール

Revision Control比較

無駄な履歴を残さず、データベースを軽くしよう

僕は履歴を今まで一回も見たこともなかったですし活用したいと思う場面も一切ありませんでした。

なのでRevision Controlをインストールしてリビジョンを停止させたらとてもすっきりしました。

不要なデータをなるべく残さない。WordPressを身軽な状態にしておきたい。
そんなニーズにRevision Controlはおすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする