かめやが東京で一番好きな蕎麦屋です。天玉そば最高

かめや冷やし天玉そば400円

東京で一番好きな蕎麦屋といえば、僕は間違いなく「かめや」と答えます。
「かめや」って店名を忘れて「しょん横(しょんべん横丁)の蕎麦屋」と言う時もありますけど、あそこが一番好きなんですよ。

いわゆる立ち食いそばカテゴリーに入る店(椅子に座って食べるけど)で、早い安い美味いの三拍子が揃ってて、ある種ジャンクな味がたまらんのですよああもうまた食べたくなってきました。

かめやは思い出横丁(しょんべん横丁)のまん中あたりのそば屋

「かめや」は新宿駅西口出て右にちょっと行った思い出横丁(通称しょんべん横丁)という戦後闇市の雰囲気が未だに残る飲み屋街の中程にあるそば屋です。

かめや全景

路上にむき出しのカウンターに席が8席。早朝でも深夜でも昼でも夜でもいつ行ってもほとんど満席でとにかく人気です。

いつ行っても満席な場合が多いので道っ端で待つことになりますが、そこは立ち食いスタイルそば屋の良いところ。出るのも食べるのも早いので回転率が異常に高く、そんなに待たなくてもほどなく座ってオーダー出来ます。

座ってからモタモタするのは野暮な感じがするので、待っている間にメニューを決めて財布からお金を出しておき、座ったと同時に注文してお金をさっと渡します。

かめや品書き

天玉そばがお気に入り

僕は天玉そばが好きです。もうここ最近は天玉そばしか食べてない。

天ぷら(かき揚げ)と温泉卵が乗った「天玉そば」をはじめて出した元祖の店が、ここかめやさんらしいです。

今回は「冷やし天玉そば(400円)」を注文しました。

カウンターの中には職人さんが1人(時間によっては2人の時もある)

そばはあらかじめまとめて茹でてザルに上げてあります。
回転率が高いからそうでもしないと追いつかないんでしょう。
もちろん伸びている感じは全くしません。

かき揚げもあらかじめ結構な数を揚げてスタンバイしています。

今回は「冷やし天玉そば」をオーダーしたので、まず丼を流水でさっと冷し、ザルからそばを一掴み取り、上にかき揚げを乗せ、冷蔵庫から取り出した出汁をドババッとかけ、温泉卵を割って乗せ、最後にわさびを丼の縁に添えて完成です。
たぶん席に着いて注文してから数10秒~1分そこらで出てきます。早い。

かめや冷やし天玉そば400円

ブ厚くかき揚げをまず一口。油っこさもなくサクサクで美味いです。
サクサクも美味しいんですが、出汁に浸かってゆるんでいく過程もまた美味しいので、僕はすぐに出汁に沈めてしまう派です。

そばも出汁も、なんというか親しみのある、語弊があるのを承知で言わせてもらうと「ジャンク」な感じがする。ジャパニーズトラディショナルファストフードって感じで、やっすいんだけどクセになる味なんですよ。

ちなみに聞くところによると、かめやさんのそばは5割そば(小麦粉:そば粉が同配分)だそうです。

八二そば(小麦粉が8割ほぼうどん)や六四そば(小麦粉6割)の立ち食いそば店も多いと言われている中で5割はなかなか頑張っている方なんじゃないでしょうか。
まあぶっちゃけそば粉率が何割でも関係ないんですけどね。美味しければ。

立ち食いそばってなんであんなに美味いのか

座敷に座って落ち着いて食べる本格志向なそば屋も好きですが、立ち食い系そば屋さんも大好きなんですよ。どっちも好き。比べられない。

立ち食いそば屋さんのジャンクな感じが好き。その頂点に(僕の中で)君臨しているのが「かめや」さんです。

味が好きなのはもちろんそうなんですが、24時間やっている(日曜は休み)のもポイント高いです。
夜勤開けの早朝とか、飲みのシメとか、いつでも食べられるってありがたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする