AddQuickTagの使い方。設定方法。よく使うタグを登録して一発挿入!

AddQuickTagイメージ

AddQuickTagは、よく使うHTMLタグや定型文、ショートコードなどを登録しておいて、投稿画面で一発呼び出しが出来る便利なプラグインです。

一度登録しておけばすぐに呼び出せるので、例えば定型文を覚えておく必要もないですし、大幅な時間の短縮にもなります。

一度使ったら手放せなくなる超絶便利プラグイン「AddQuickTag」の設定方法を解説します。

スポンサーリンク

AddQuickTagの使い方 

AddQuickTag

プラグインのインストール方法については
WordPressプラグインのインストール方法
を参考にしてください

AddQuickTagを使うには、まず設定画面「クイックタグの追加と削除」でHTMLや定型文、ショートコードなどを登録する必要があります。

AddQuickTag追加画面

「クイックタグの追加と削除」での必須項目は赤枠で囲った部分です

  • ボタンのラベル:エディタでの表示名を入力します
  • 開始タグと終了タグ:呼び出したいHTMLタグなどを入力。必要なら終了タグも入力
  • チェック:ボタンを表示する範囲の設定。全チェックでOK

この3項目を登録して「変更を保存」をクリックすると、投稿画面にボタンが追加されていつでも一発で呼び出し出来るようになります。

ビジュアルエディタでは「Quicktags」というメニューボタンが表示されて呼び出せるようになります。

AddQuickTagビジュアルエディタ

テキストエディタでは登録した数だけボタンが増えていきます。

AddQuickTagテキストエディタ

「クイックタグの追加と削除」で登録すべき必須項目は3か所だけですが、他にも設定登録できる項目がありますので、それぞれどういう機能の項目なのか解説します。

クイックタグの追加と削除

AddQuickTag追加画面

ボタンのラベル:自分で分かりやすい名前を付ける。表示される名称

ダッシュアイコン:アイコンを選べる。ビジュアルエディタで表示される

ラベル名:ボタンの説明

開始タグ:実際に挿入される内容。HTMLの開始タグや定型文など。

終了タグ:開始タグを閉じる終了タグ

アクセスキー:「ALT」+「設定したアクセスキー」でタグを呼び出すことができます

順番:タグを表示する順番

チェックボックス各種

ビジュアルエディター:ビジュアルエディターでも表示させる

post、page、attachment、comment、edit-comments、widgets:
ボタンをどの投稿画面で表示させるかさせないか選択することが可能です。

右端のチェック:投稿画面チェックのチェックを全て一括でチェックしたり外したりできる。

デフォルトのクイックタグを非表示にする

AddQuickTagではボタンを増やすだけでなく、元々標準で表示されているボタンを非表示にすることもできます。

方法は簡単です。

「デフォルトのクイックタグを非表示にする」に並んでいる中で非表示にしたいボタンのチェックを入れるだけです。

AddQuickTag非表示にする

一番右端のチェックをクリックすると全チェックが入れられますので、特別な使い分けを考えてなければ全チェックでOKです。

拡張コードクイックタグボタン

AddQuickTag拡張ボタン

・preタグ(ソースコードをそのまま表示させるHTMLタグ)の挿入ボタン
・htmlentities(文字や数字、記号を「文字参照」に変換、また逆の変換も行う)ボタン
を表示させたい場合にチェックを入れます。

※htmlentities:文字参照とは
HTMLなどソースコード上で使う記号文字を文章中に記述したい時に使う翻訳文字。
例えば「<」は「&lt;」と書く。

エクスポートとインポート

AddQuickTagエクスポートインポート
AddQuickTagの設定をバックアップするためのJSONファイルを「エクスポート」で書き出すことが出来ます。
 
書き出したJSONファイルは「インポート」で呼び出せます。

TinyMCE Advancedと組み合わせる

AddQuickTagは記事投稿画面のカスタマイズ、拡張を行うプラグインとして人気のド定番プラグインですが、もう1つ人気の投稿画面カスタマイズプラグイン「TinyMCE Advanced」とも相性が良いです。
 
TinyMCE Advancedはビジュアルエディタをカスタマイズするプラグインで、様々な機能を拡張カスタマイズすることができます。
ただしあらかじめ用意されているボタン以上のことは出来ないので、さらに追加したい機能を
AddQuickTagで追加していくと、より快適な執筆環境にカスタマイズしていくことができます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする