おととい?おとつい?どっちが標準語?どっちが正しい?一昨日の読み方問題

考える女性

おととい?

おとつい?

一昨日のこと。普段どう言ってますか?

僕は普段まったく意識しないで「おとつい」と言っていました。

会社の同僚に指摘されるまで気付きもしませんでしたが、そういえば僕の周りは「おととい」という人が多い気がします。

一度気になり出すと、気になってしょうがないのがこういう言葉の問題です。
調べてみてわかったことを以下にまとめます。

意味は同じ

「おととい」も「おとつい」も意味、用法はまったく同じ「2日前」を指す言葉です。

そして、どちらが正解。どちらが間違い。ということもありません。

地方によって違う

調べた媒体ごとに違うことが書いてあったので正確なことはわからないのですが、どうやら

  • ざっくり東日本(関東地方、東北地方)では「おととい」
  • ざっくり西日本(中部地方より西側)と北海道では「おとつい」

と東西で別れているようです。

テレビ・標準語は「おととい」

主に関東地方では「おととい」が一般的に使われていることから、
「おととい」が標準語とされており、
テレビ等の放送でも「おととい」が使われています。

語源、由来

古くは奈良時代に編まれた「万葉集」に「おとつい」という言葉が出てきます。
「遠つ日」と書いて「おとつい」と読むのだそうです。

【遠(をと)|つ(の)|い(日)】

その後、平安時代以降に「おととい」という言葉も現れて「おとつい」と併用される形となりました。

以降、上方を含む西日本では「おとつい」
江戸を含む東日本では「おととい」
が普及するようになったそうです。

個人的な印象とか

僕は石川出身でただいま東京在住です。

「おとつい」を日常的に使うのは出身地や親からの影響だということがわかりました。

そういえば親ははっきり「おとつい」と言ってましたし。

「おととい・おとつい問題」を指摘した会社の同僚いわく、

「おとつい」はなんとなく西の方言の印象があるようです。

「おとつい」は西の言葉。
「おととい」は東の言葉で標準語

ということを覚えたので、普段使いはこれまで通り「おとつい」を使いつつ、
TPOによっては「おととい」を使うタイミングもあるかなー。と思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする